どうも、こんにちは。
デートは考え過ぎずサクッと誘うのがいいでしょう。
恋愛の上手な人は「ご飯でどう?」と気軽に女子を誘います。
その方が相手も気軽に答えやすいのです。
また、親しくなる前は「会話が長時間だと続くか不安」や
「お酒が入った方がリラックスできる」と思う女子の方が
多いのでサクッと晩ご飯に誘うのが良いでしょう。

一方で恋愛下手な人は1日がかりの大規模なデートプランを
提案しがちですが、女子としては、せっかく考えてくれたのに
「そ、それは重いんでサクッとご飯にしましょう」とは言い
づらいです。
そのため「ちょっと最近は忙しくて・・・」と自然消滅へと
進んでしまいます。
もちろん映画やイベントなどの話で盛り上がったりしたら
「じゃあ今度行きましょう」と誘うのは全然ありです!
要は一方的になってはいけないということです。
恋愛本には、男がデートプランを決めたいといけないと
書いてあったりしますが、ちゃんと相手の希望や意見も
しっかり聞きましょう。
デートも会話もセックスも一方通行ではダメ!
お互いの意思疎通が大切です!!

デートプランはHow-to本の中より、一人一人違う女子の
中にあるものです。
たとえば、お酒が飲めない人に流行りのバルに誘ったり、
甘いものが苦手な人をスイーツが有名なカフェに誘っても
喜んでもらえないでしょう。
相手の好みを当てるなんて出来ないのですから、普通に相手に
聞いてしまへばいいのです。
「スイーツとお酒だちどちらが好きですか?」
「ご飯は何系が好きですか?苦手な食べ物はありますか?」
というふうに直接聞いちゃいましょう。
そしてデートプランを提案するときは、いくつか選択肢を
もたせた方が相手も答えやすいでしょう。
「ご飯の前に映画を観てもいいですし、美術館をのぞくのも
いいですよね。他に行きたいところありますか?」なんて
誘うといいですね。

一方的に決めてしますと、時にはデート当日に突然プランを
変更しなくてならなくしまうこともあります。
あなたの為に高いヒールを履き、薄着で一生懸命オシャレして
デートへ来たのに、行き先が階段をしこたま登っていく
夜景スポットだったりすると「寒い、足が痛い、…帰りたい」
と演出もムードもあったもんじゃありません。
結果、「この人は私をことなど見てくれてない!」と幻滅され
てしまいます。

女子は「目も前の私」のことを見てほしく考えてほしいのです。

女子はこういうものだ!こうすれば女子は喜ぶ!などと決め
つけてはいけません。

恋愛は相手あってのコミュニケーションなのです。










にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

恋愛ランキング