筆王日記

徒然なるままに森羅万象、筆の趣くままに書き留めていきます。

カテゴリ: 火災保険

8b5b0669bf703e972692.jpg


P1020432


P1020443


P1020453

火災保険はどこの会社でも一緒ではありません。
保険分野の自由化がなされている今日では、保険会社各社は横並びの状態ではなくなりました。自由化ですから、保険会社が独自に保険料を決め、保険商品の内容を決定しています。

例えば、火災保険 でもマンションに対しては、どこの保険会社が、希望の補償を安い保険料で提供しているか、割引制度や加入方法など各社の工夫や特典をしっかり見極めて、きちんと選べばお得な火災保険を選ぶことができるようになっています。
また一戸建ての場合は、必要な補償も違うので、マンションでよかったからといって、そこが一戸建てでもお得というわけでもないようです。

特に、火災保険は火災以外にも落雷、破裂、爆発事故などにも適用されますし、また、風災、水災などの天災事故
による、建物や家財の損害を補償しているものもありますし、家財などの盗難事故に対しても補償があります。
どのような補償内容がよいか、本当に必要な保険は何か、などをしっかり調べて保険加入を考えた上で、激安な火災保険を捜してみることが大切です。

また保険料の高低は住宅の構造が鉄骨、コンクリートあるいは木造かなどの条件や所在地によって決まっていることも考慮して、火災保険を選ぶ時代です。

火災共済と損害保険の違いをご存知でしょうか?
どちらも大勢の人が少しずつ資金をプールして、いざという時に備えるという相互扶助精神に基づく仕組みですが、共済は、基本の仕組みは同じです。
でも、共済は非営利の特定の団体(JAやCOOP、労働者組合、都道府県の住人など)に所属している人の福利厚生を目的にしていますが、損害保険は営利目的で誰でも加入できます。

どちらに加入するか、商品の構成、掛金の金額、補償の範囲・内容や金額について比較検討をしっかりやって選ぶことは当然ですが、そこで、色々調べてみましたが、共済の場合は、掛金の安さはメリットですが、加入の条件が、特定の団体や組織に所属していたり、該当の都道府県に居住しているなどの条件があって、また、仮に引越ししたり、退職などで組織から籍が抜けた場合などは加入資格を失うところは、ちょっと考えさせられますね。
いずれにしても、利用者の評判やクチコミを公平に確認してみるのも必要不可欠です。

そこで、火災共済の口コミ情報サイトでは、火災共済への加入を決めた40代男性の声を、北は北海道地方から南は九州・沖縄地方まで、地域別に掲載していますから大変参考になると思います。

意外と見直しをしない火災保険。でも、家計の節約のためには、複数の損害保険会社から火災保険の見積もりをとって比較してみると、自分にピッタリな火災保険があって、割引や特典の制度も各社それぞれあるので、これらの割引を組み合わせれば、今、契約している火災保険よりも保険料を安く抑えることができるかも知れません。
たとえば、オール電化の住宅ならば、火災になるリスクがガス式住宅より少ないという理由で、オール電化住宅の場合割安になることがあるそうです。
また、耐火ボードの設置などで火災になりにくい住宅には、耐火構造割引の適用もあることがあります。

最近は自動車保険のように、火災保険にインターネットを利用した契約方法で加入できる会社もあります、これなら人件費を省くことで、その分保険料が安くなっているそうです。

そんな込み入った火災保険だから、しっかり見積もりをとって、比較検討して火災保険の見直しをしてはどうでしょう。
火災保険の見積ならコチラの「“大人”の安い火災保険サイト」でチェックして下さい。大手の損害保険会社からの見積もりが無料で入手できますよ。
ちなみに、火災保険だから火災事故だけを補償しているわけではなく、現時点では「火災・落雷・破裂・爆発」を最小単位として補償しているそうです。

自動車保険の更新のお知らせを受け取った時に、こんなことを感じたことはないですか?
「本当に良い自動車保険を選んでいるのかな?」
と、私もそうですが、自動車を購入した時についでに販売店が進める自動車保険に加入して関心も払わないというりが多いんではないでしょうか。

でも、保険会社によって自動車保険の補償内容とか、保険料が異なっているし、万が一の事故の時の対応も違うそうです。

でも、どこの保険会社がいいかわからないというのが、正直なところ、そんな時には、コチラのサイトがいいですよ。
自動車保険口コミサイト「自動車保険サイトの評判.net」。男女500人にインターネットで自動車保険を選ぶとき何を参考にしているのかアンケートを取って、自動車保険の評判を紹介しています。

「火災保険」と言っても、火災の時だけではなく、落雷、台風・雪害、洪水、盗難、水濡れなど様々な災害への備えがあります。
だからまず、保険で備えたい補償の対象を決めることが大切ですね。気をつけないといけないのは、「建物」の火災保険ではタンスや電化製品といった「家財」は補償の対象にならないので、また、オプションで家財をつけることもできますよ。また、最近心配な地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害には、地震保険への加入も必要です。

実際、火災保険には様々なタイプがあります。例えば、様々な補償をパッケージにした火災保険。必要な補償だけを自分で選べる火災保険等々がありますから賢く節約したいという方には、火災保険 ランキングで探すのがお薦めです。

火災保険の口コミ」っていうのがあるそうな。口コミ専門サイト「安い火災保険が見つかる!」ていうことで、とりあえず、火災保険の掛け金なんかがわかるのかもしれませんね。

ところで、火災保険に加入している人ってどれくらいいるんだろうか。火災保険ってどれくらい種類があるのか知らないけど、火災っていうくらいだから、火事で被災した時に補償してくれるのだろうとは思うけど、実は余りわかっていないことも多いのでは。

そんな時でも、この「口コミ」サイトで色々と火災保険の基本的なところから知るといいんじゃないかと思います。特に地方ごとに口コミがあるので、例えば、営業所の対応ぶりなんかも教えてもらえるかも。
とりあえず、火災保険への加入を考えているなら、チェックですよ。

無料火災保険見積もり依頼サービス「インズウェブ」とは、 一回の見積もり依頼で、有名複数者から無料で見積もりが取れて比較でき、一番安い火災保険がわかり、家計の節約ができるサービスです。

インズウェブのとりあえず参考になるのは、「 知らないと損する節約知識」という記事。
「保険契約期間は1年ごとに継続するよりも、2年以上で年払いする」とお得とか、「火災保険と自動車保険のセット割引きでも安くなる」とか、案外と知らないことがあることに気がつきました。さらに、「住居内にある給湯設備、厨房設備、冷暖房設備などが全て電気機器を使用している場合保険料を割引」があるとか特定の条件で安くなる制度があるとかもいいですね。

意外と知らないことが多い火災保険の世界。よく考えて入るためには、こういうサイトを利用するのが一番ですね。

このページのトップヘ