2007年01月29日

ジム・ロジャーズ氏が中国株式市場過熱を懸念

グアム2







◇米国の著名投資家

ロイター通信によりますと、米国の著名投資家のジム・ロジャーズ氏が、中国のテレビのインタビューで、中国株式市場の過熱に対する懸念を示したということです。

私も中国を含む新興国市場は、上昇しすぎであるという認識を昨年から継続していますが、米国の金利水準が中途半端なところで止まっていますので、短期的な上昇をみせています。

もっとも、ロジャーズ氏の発言が効いたのかどうかわかりませんが、発言後に中国株式市場は下落したということです。

ヘッジファンドも、同様に、新興国系のリスクは高いと思われます。
いくら国家破産対策のオフショアヘッジファンド投資でありましても、元本を減らしてしまいますと、意味はありません。

逆に、英国系商社ファンドとか、英国商社ファンドと呼ばれているものは、こうした状況には強い実績を持ちます。

◇なぜ「クラッシュに強いファンド」といわれるのか?

英国商社ファンドや、Q社のファンドなどは、トレンド(相場の一方向への動き)が発生した際に、利益を大きく出す仕組みです。

FX取引をしたことがある方は、実感されると思いますが、相場が一方向に動くときには、トレンドフォロー投資を行いますと、非常に大きな利益が積み上がります。

しかし、トレンドは、いつ発生するかわからず、24時間365日相場を監視するのは、大変ですので、これをコンピューターにやらせているわけです。

このため、ロシア通貨危機など、有事の際に、為替レートや商品価格が一方向にトレンドとして大きく変動すれば、利益を出せるという仕組みです。

変動の方向は、上下どちらでもよく、トレンドが検知されれば良いので、クラッシュ発生時などが、良い収益の機会となります。

ただ、瞬間的な暴落や、暴騰への対応は苦手なようで、そうしたトレンドが継続する状況の中でリターンを出してくるようです。

          ☆               ☆

こうしたファンドの選択は、FRBの金融政策の状況により、どのタイプが良いのか、異なってきます。

数年かけて変化する景気サイクルによって、タイミングの良し悪しが変わるわけです。

景気がピーク圏で、金利がかなり高い状況では、クラッシュや景気後退が予想されますので、英国商社ファンドやQ社のファンドに向いた時期といえます。

また、逆に、NY同時多発テロ後のように、景気が悪く、金利が低い時期は、新興市場のファンドに投資する好機です。

FRBの金融政策を見極め、どのタイプが向いた時期かを見極めましょう。

くれぐれも、固定観念で、このファンドは良いとか、良くないとか、考えないことです。一面的に考える事は、対応を誤ることにつながります。

良し悪しは、経済サイクルにより異なりますので、いつも特定のファンドが良くないとか、良いとかいうことは、ありません。


海外ファンドで資産運用(無料サポート)
東京・二子玉川 「にこたま投資コンシェルジュ」
東京・世田谷区の二子玉川のFP会社です。
東急田園都市線・二子玉川駅/渋谷駅から約10分
元・金融担当記者としての経験を生かし、NY情報の収集に力を入れています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

にこたま







まぐまぐメルマガ発行中、よろしくお願いします。
「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日配信。 登録無料です。

★ブログ・メルマガでヘッジファンド投資の疑問を解消

ご参考記事
ヘッジファンドの購入方法が知られない理由
ヘッジファンド購入と送金
海外口座の必要性は・・・
ヘッジファンド投資、購入と為替レート
英国商社ファンドの特徴

fc2ブログ「海外ヘッジファンド投資入門

海外口座の開設は必要なく、日本の銀行からの送金が可能。
◇最低投資額は、3万ドル・ユーロぐらいを中心として、様々。
◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。
◇購入サポートは無料で受けることが可能。


nikotama1 at 15:18│TrackBack(0)clip!マネー 

トラックバックURL