ニコツブログ

動画に関する記事を置く場所です

今回は磁石の戦士三幻神デッキを紹介します。
めっちゃ遅くなってしまいすみません…

このデッキを使用した動画はこちら→【https://youtu.be/ShuAteydxno

【磁石の戦士三幻神】
神レシピ

このデッキの目的は「神を召喚すること」です。

それを前提にこのデッキの中身について語っていきたいと思います。

まず「ラーの翼神竜」「オシリスの天空竜」
「オベリスクの巨神兵」。これがこのデッキの切り札です。



まず「ラーの翼神竜」ですが、自身の攻守が召喚のために生け贄に捧げた3体のモンスターの攻守を合計した数値になる効果や、特殊召喚することによって様々な能力を発揮する効果があります。





原作では。





OCGでは攻守合計効果はなく、特殊召喚もできません。


まあこの際なのではっきり言いますが、ラーは基本使いにくいので活躍はしません。もはや度外視です。

このデッキはあくまで「3体の神の内いずれかを召喚する」ことが目的のため、ラーを活躍させる構築にはなっていません。

どうしても使いたいというなら専用構築にする必要があります。



次に「オシリスの天空竜」ですが、これはラーと違いかなり原作に近い効果を持っており、場に出たモンスターの攻撃力を2000下げ0になれば破壊する効果、通称「招雷弾」が結構な制圧力を持ちます。

自身に耐性は全くないので魔法罠や強力なリバースモンスターの効果でやられるのがオチですが。

ただオシリスは手札の枚数の1000倍の攻守を得るという効果があるため、攻撃力がかなりの数値になることもあり、一気に相手のライフを削ることも期待できます。



最後に「オベリスクの巨神兵」
攻守が不安定な他の神と違い確実に4000という圧倒的攻守を持ち、戦闘で敗れることはまずなく大きなダメージも狙えます。

そして最大の特徴が「効果の対象にならない」という耐性。
02環境ではサンボルブラホミラフォなど対象に取らない破壊効果が蔓延しているため実際は弱点も多いのですが、逆に言えばそれらを引かれなければやられないということにもなります。

一度出してしまえば相手のカード次第ではボコボコにできるため、優先して召喚したい神のカードと言えます。


さて、この三幻神はみな3体のモンスターを生け贄にしなければ召喚できないという召喚条件があります。


その生け贄を揃えやすくするのが、「磁石の戦士」と言うわけです。




「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」は手札か場の「磁石の戦士α」「磁石の戦士β」「磁石の戦士γ」を生け贄に捧げ手札から特殊召喚でき、さらには自身を生け贄に捧げるとで墓地からそれぞれの磁石の戦士を特殊召喚できる効果を持っています。

つまりこの効果を使えば、神の召喚に必要な3体の生け贄が揃うというわけです。


これらは絶対に引きたいカードであるため各3積みしています。
神を召喚できずとも磁石の戦士たちでも戦うこともできるため、実は神より大事なこのデッキの要です。


残りのモンスターの「クリッター」はαとγをサーチすることができ、デッキの安定感を増してくれます。
攻撃力が1700のβはサーチできないため、注意が必要です。βはなるべく手札で温存しておきましょう。


「聖なる魔術師」は強力な魔法カードを使いまわせるため投入しています。
神を召喚する準備が整えるところから召喚した後のサポートまで幅広く活躍します。


「サイバーポッド」「メタモルポッド」を入れているのは、コンボデッキのためドローが重要となってくるからです。
お気づきだとは思いますが、このデッキは必要なパーツが神と磁石の戦士計4枚と多く、ドローをしなければお話になりません。

よって、パーツをどうにか集めるためのカードが多く投入されています。


「強欲な壺」「天使の施し」は言わずもがなですね。


「生還の宝札」は自分の墓地からモンスターが特殊召喚されるたびにカードを1枚ドローできる永続魔法です。
このデッキは「死者蘇生」「早すぎた埋葬」「リビングデッドの呼び声」が入っていて、マグネット・バルキリオンの蘇生効果もあるため効果の使用は難しくありませんが、これをデッキに入れた理由は「なんか余ってたから」くらいの雑さなので入れなくて良いです。

ちなみにマグネット・バルキリオンで3体の磁石の戦士を蘇生してもドローできるのは1枚なのでご注意を。


「悪夢の蜃気楼」もドローカードです。
02環境だと制限カードだとずっと思ってたのですが勘違いでした。「生還の宝札」をいれるならこれを入れましょう。


「サイクロン」「悪夢の蜃気楼」用ですがシンプルに強いです。
神の召喚や攻撃を通したい時に結構役に立ちます。


「苦渋の選択」は「磁石の戦士」や神を墓地に送るために使います。
後述する「補充要員」で手札に戻したり、蘇生したりと戦術の幅が広がります。
ラーは墓地に送らないようにしましょう。


「死者蘇生」「早すぎた埋葬」及び罠の「リビングデッドの呼び声」はいずれも蘇生カードです。
磁石の戦士を蘇生させることで生贄を確保したり、神を蘇生してもそのまま戦うこともできます。(神は1ターンで墓地へ戻りますが)

また、一度特殊召喚したマグネット・バルキリオンならば墓地からの特殊召喚も可能で、さらに磁石の戦士3体を場に出す効果も使用することができます。

つまり後半になると蘇生カード1枚が生贄3体になることもあるわけです。

3枚はいずれも制限カードですが、「聖なる魔術師」で再利用できるためガンガン使ってしまいましょう。


残った魔法の中であまり見慣れないカードが「セベクの祝福」です。
これはダイレクトアタックに成功したとき、そのダメージ分のライフを回復するカードですが、ラーのためだけに入れているカードです。


自分のライフを100にして攻撃力を得るラーの効果は、デメリットが大きい割にあまり見返りがありません。

後攻2ターン目でこの効果を使っても7900の攻撃力ではワンキルもできません。

それなのに残るのは何の耐性もないラーもどきとたった100のライフ。これではまず勝てません。

そこで入れているのが「セベクの祝福」
これを発動できればラーの効果で払ったライフがそのまま回復でき、1000LPを払いモンスターを破壊するラーの隠されたもう一つの効果も使うことができます。

まあそのためにはダイレクトアタックしなければなりませんが…


他にそこそこの数値のライフを能動的に回復できるカードは「非常食」くらいしか無いため、このカードにしてみましたがネタの域を出ません。決まったらラッキーくらいに思いましょう。


残った魔法はパワカです。

ある意味自由枠ですが、サンボルや羽根帚を差し置いて投入するカードがあるかはわかりません。


罠の「王宮の勅命」「リビングデッドの呼び声」は言わずもがななパワカです。


残りの罠は効果モンスター以外の攻撃力1500以下のモンスターを墓地から3体まで回収できる「補充要員」ですが、これはなかなか大事なカードです。

まずそもそもマグネット・バルキリオンの素材を揃えるのに役立ちます。

これがあることにより、「苦渋の選択」を実質サーチカードのように扱うこともできます。


また、このカードのおかげで「磁石の戦士が墓地へ行っても回収できる」という心理的安心があり、序盤にいいカードが来るまで磁石の戦士を壁として召喚しやすいという利点が生まれます。(βは攻撃力1700なので注意)

このデッキは初手のモンスターが磁石の戦士だらけということも少なくありませんが、「補充要員」があるおかげで必要以上に温存することなく戦えるわけです。

他にもこれは動画で見せた使い方ですが、一気に手札が3枚増えることを活かしてオシリスの攻撃力を一気に3000ポイント上昇させることもでき、奇襲性のある使い方もできるでしょう。


大体の説明はこんな感じです。




以下大雑把な戦い方


序盤は神召喚の準備。

ドローやサーチで磁石の戦士を持ってくる。ヤバい時やダブった時はαとγは壁にして時間稼ぎ。

βとマグネット・バルキリオンと三幻神はサーチできないのでひたすらドローしまくる。
「クリッター」で「聖なる魔術師」や「サイバーポッド」をサーチ→「強欲な壺」「天使の施し」を再利用したり、盤面を荒らしたりしつつ大量ドローをしていく。

磁石の戦士セットと神が揃ったら一気に召喚。
マグネット・バルキリオンは一度召喚すれば蘇生可能なので神がいなくても召喚するのもアリ。
マグネット・バルキリオン召喚→効果で磁石の戦士蘇生→死者蘇生などでマグネット・バルキリオンを蘇生。これでワンキルもできる。

基本的にオベリスクの方が場もちは良いが、オシリスも招来弾があるため制圧力はあり。

召喚するか神は好みで選んで良い。

あとは神とパワカでゴリ押し。


以上。

最終更新 2019 10/3 (コスト変更、新キャラにあわせ禁止スキル更新)


この記事では自分の開いたルームや大会における「02環境リンクス」のルールを説明します。

なおこれはニコツ独自のルールのため、ほかの方のルームで遊ぶ場合はその方の定めたルールを守るようお願いします。

ニコツの開くルームでデュエルする際は必ず目を通して下さい。

以下のルールを守っていただけない場合即サレンダーします。



02環境リンクス ニコツスペシャルルール


使用可能カード

使用できるカードは遊戯王OCGで2期までに発売されたカードのみ(三幻神は使用可能)

2期までのカードかどうかの確認はこちらのページ


なお、2期までのカードであればイラストが3期以降のものでも構いません。
(なるべく昔のイラストにした方が雰囲気は出るのですが、初期イラストって記念プレゼントだったりするんですよね。ギルフォード・ザ・ライトニングに至っては新規イラストしか無いし)



なおやはり「昔のカードっぽい」という理由などでの誤使用が無くならないため、間違われやすいカードを見つけ次第記載しておきます。

これらのカードは2期までのカードではありません。


溶岩魔人ラヴァゴーレム
魔導戦士ブレイカー
黄泉へ渡る船


エネミーコントローラー
黙する使者
古のルール
収縮


分断の壁
炸裂装甲
ドレインシールド


他にも通常モンスター全般は間違われやすいため一度確認してください。
(攻撃力1800以上の通常モンスターはそんなにいません)



使用可能キャラクター

キャラクターは誰でもOK(GX以降のキャラクターも使用可能)



使用可能スキル

スキルは3期以降のカードを発動する・生成するものは使用不可



使用可能スキル(50音順)

あーばよ!
愛を与える
悪の闇に…
悪魔送り
悪夢のショー
アタック・チャージ
香水戦術(アロマ・タクティクス)
アンデッドロー
イカサマコイン
怒りと復讐のオーラ
イクイップ・チェンジ
イクイップ・リターン
生け贄封じの仮面
生け贄を束ねる力
頂に立つ者
イッツ・ア・トゥーンワールド
インチキドロー
ウィジャ盤
動かざること地の如し!
宇宙の法則
海からの刺客
海の伝説
運を味方に!
LP増強α
LP増強Ω
LP増強γ
LP増強δ
LP増強β
お前の力はオレには通用しない
お前ホント可愛いなぁ……
終わらない罠地獄
合体魔神招来
仮面カードチェンジ
仮面魔獣の下準備
儀式の使い手
絆の力!
教育的指導
恐竜こいや!
恐竜さんと一心同体
恐竜さんに進化するドン!
恐竜重撃
恐竜大進撃
恐竜のDNA
恐竜パワーは止まらないドン!
巨大決戦
現世復帰の制約
5連打!
今回のテーマは……「痛み」だぁ!!
根性
昆虫結束<毒鱗粉>
サイコデッキ猛攻
サバイバルテクニック!
サプライズ・プレゼント
三星降格
シークレット・ドロー
じいちゃんのカード
静かなること水の如く!
釈放
守護者招来
ショットガン・シャッフル
侵略すること火の如く!
スリカエ
聖なる守護
絶対運命力!
セレブ副社長
戦士たちの草原
戦力補充
増刷
代償
ダイスdeレベリング
超進化薬・改
ディスティニー・ドロー
ディフェンス・チャージ
デッキマスター能力[コマンダー]
鉄壁の仮面※タッグデュエルのみ
デュエルスタンバイ
テレパシー能力
天使の微笑み
天よりの宝札
ドラゴニック・リバース
トラップサーチ能力
ドローセンス各種
ドローパス
偽トラップ
ハーピィ・ドロー!
ハーピィの遺志
這いよるゾンビ軍団
墓場の一丁目
パズルの封印
疾きこと風の如く!
バランス
バンデット
光射す!
光と闇の交換
ヒョヒョヒョヒョヒョー!
フィールド・チェンジ
フィールド・リターン
負の連鎖
フライング寄生
粉砕!
ヘビースターター
宝玉の絆
ボクのモンスターカード
墓所封印
マーキング・カード
マインドスキャン
魔神招来
魔導招来
魔法の使い手
魔力無力化
未来予知
迷宮作成
モス進化促進
モンスターチェンジ・進化
モンスターチェンジ・退化
闇のゲーム
闇の力
やるときゃやるぜ!
融合の使い手
融合ヒーロー
ライフコスト0
ライフ・チャージ
ラスト・ギャンブル
リスタート
リバースペイン
リロード
レベル下降
レベルコピー
レベル上昇
LV2ブースター
連動トラップ
罠戦術の使い手
ワンハンド・スターター




禁止カード・制限カード

リンクス内の制限に準拠します。
しかし、同時に後述の特殊ルールを採用します。



オリジナルルール

ニコツが開くルーム大会においては基本的に「ニコツ式デッキキャパシティシステム」を採用します。


特定のカードに1~3のコストが設けられており、その合計が10以内になるようデッキを組まなければなりません。


現在コストが設定されているカードは以下になります。
コスト3.2
コスト画像



なお、スキルによってデッキに加わるカードにコストはかかりません。

↑このページのトップヘ