2017.10.8 一ノ谷登山口からのちち山と笹ヶ峰の周回

1

大分長いこと行っていない笹ヶ峰に久しぶりに登ることにした。
せっかくなのでまだ通ったことのない一ノ谷登山口からちち山(まだ通ったことがないのはこの部分)、笹ヶ峰の周回コースを試してみる。

ログはこちら

笹ヶ峰からの下山口に車を駐車。
林道歩きして一ノ谷登山口に向かい、ちち山を目指す。
2

今のところいい天気。
3

この時点では自分だけ。
4

先ずは林道歩きで、一ノ谷登山口を目指す。
5

今のところ快晴の模様。
6

林道は結構荒ている。 一ノ谷登山口まで車で行くならそれなりに車高の高い車の方が良さそう。
8

この林道歩きはほぼ登りだと思っていたのだが、結構な下りがある。 もったいない。
9

この橋を渡らずに右に進んで、この橋の下をくぐる。
この橋の周辺に何台かは車が駐車できそう。
10

谷に沿って進むが、ここでちょっと悩む。
この谷に沿ってテープがあるのだが、左方向にはちょっとした橋がある。
11

左側に見えるこの橋がどうも気になるのだが、とりあえずテープに従って進むことにする。
12

鹿の角の乗ったケルン。
テープもいっぱいあるし、こちらで正解みたいやね。
13

谷沿いの気持ちのいい登山道。
14

ブナがいい感じです。  まだ色付いてないけど。
15

今日はかなり蒸し暑いけど自然林は気持ちいい。
16

色づきかけのブナ。 もう少し後で見ごろかな。
17

色づいた葉っぱもある。
18

樹林帯を抜けてやっと視界が開けた。
19

ちち山、笹ヶ峰方面。
ちょっと雲が出てきたな。
20

やっと稜線に出た。 ちち山に向かう。
坂道だけど気持ちいい。
21

振り返る。 冠山はガスの中。
22

ちち山の別れ。
23

ちち山方面もガスがかかってしまった。
トラバース道じゃなくて稜線上を進む。
笹コギが結構しんどい。
24

紅葉。 
25

写真では分かりにくいけど、ちち山の北斜面は結構きれい。
26

いつものトラバース道を通っているとこの景色は見えない。
27

北の方は雲海。
天気予報は晴れだったと思うのだが。
28

笹の斜面もいい感じやね。
29

写真ではいまいちやけど、結構きれいなんよ。
この時期はちち山には稜線上からの登頂がほんとお勧めですわ。
30

振り返ってもきれい。
31

ちち山到着。
この時点では貸切状態。
少しすると笹ヶ峰から3人のパーティーが到着した。
ここで昼食をとる。
32

西赤石山方面は雲海。
33

ゆっくり昼食をとり、笹ヶ峰に向かう。
沓掛山。  
34

ちち山を振り返る。
35

もうすぐ笹ヶ峰。
途中ではガスに覆われていることが多かったが、今は晴れている。
日ごろの行いがいいのだろうか。
36

笹ヶ峰到着。
37

山頂には10人くらいいたかな。
39

冠山や平家平もガスが晴れて見えるようになっていた。  
38

寒風山方面はガスの中。
こっちの風景が見たいんだけどねぇ。
40

少し休憩をして南尾根を下る。
急坂です。
ストック必帯です。
無ければかなりの高確率で尻もちをつくでしょう。
41

どんどん下っていきます。
42

大分降りてきた。 振り返る。
43

冠山が既に上の方に見えている。
44

笹が深い。 太ももくらい。
45

樹林帯に入りました。
ブナが気持ちいい。
黄葉の季節には綺麗なんだろうなぁ。
46

笹のトンネル。
47

やっと林道が見えてきた。
48

下山完了。
出発時点では自分の車だけだったが、下山時はセレナが止まってた。
ここまではよっぽど車高が低い車でなければ来れそうやね。
49

登りも下りもブナの林を抜けてきた。
ちょうど紅葉の時期に通ってみたいものだ。

2017.9.30 黒笠山



久しぶりの山行。
笹ヶ峰に行くつもりだったが、寝坊してしまったので、近場の黒笠山に行くことにする。

登山口の広場には先行者の車が一台。
2

登山口の少し手前の広場に駐車。
3

前来た時はなかった作業道ができている。
森林組合が木を運び出すためのものらしい。
4

登山開始。
5

小さな橋を渡る。
きれいな淵が見える。
6

まずは植林の中を進む。
7

黒笠神社の鳥居をくぐる。
8

自然林になった。
9

途中には足場の頼りないトラバースもあります。
踏み外すと谷に落ちていきます。
10

黒笠神社まで来ました。
あと少しです。
11

やっと稜線に出ました。
ここまでは登り一辺倒で展望もありません。
12

やっと展望が開けました。
剣山と次郎笈かな。
13

ここからはちょっとしたロープ場や、
14

ちょっとした鎖場があります。
15

それらを越えると山頂。
16

この先は定員一人の気持ちのいいテラスになっています。
下を覗くとこんな感じ。
黄葉の時期には綺麗なのかも。
17

山頂からの眺め。
剣山方面。
18

三嶺方面。
19

矢筈山方面。
20

北東方面。
21


三人のパーティーに出会ったのみの静かな山歩きでした。

2017.7.15 綱附森

1

綱附森の登山口は徳島からは結構遠い。
山歩きよりも車に乗っているのが長くなるのは嫌なので、天狗峠から綱附森に行くことにした。 
4年前に一度同じコースを歩いているが、結構しんどかった記憶がある。

ログはこちら

登山口から少し下った広場に駐車。
2

登山口。
既に4台ほど駐車されていた。
3

汗をかきかき、開けたところまで登ってきた。いい天気。
4

天狗塚と牛の背。
5

矢筈山系。ちょっと霞んでる。
6

天狗峠。
7

帰りに気が向いたら天狗塚へ行こう。 
8

本日の目的地の綱附森。遠いなぁ。
9

分岐
10

この中に突入。狭いのは最初少しだけ。
11

地蔵の頭。
12

天狗塚はまだ大きい。
13

三嶺への縦走路。今日は三連休の初日だし、たくさんの人が歩くんだろうなぁ。
14

綱附森。まだまだ遠い。
15

急斜面のロープ場を下り、尾根を進む。
16

結構広めの尾根でルートが分かり難いところもある。
17

しかし、古いがたくさんのテープがあるので問題ない。
18

高知県側からの登山道と合流。
19

綱附森が近づいてきた。
20

その分天狗塚が遠ざかっていく。
21

あと1km。
22

あと少し。笹が良さげに見える。
23

あと一息。
余り人が歩かないのか、笹が腰まであり、道が不明瞭で踏み跡がいくつもあり、ハズレをひくと笹コギとなる。
4年前も確かハズレをひいてしんどかった記憶がある。
24

4年前とは反対方向へ進み、結局またハズレの踏み跡を進み、大汗をかいて何とか頂上に到着。
25

随分と遠くまで来てしまった。
帰りがきつそうやなぁ。
26

三嶺から白髪山。景色はいいけどちょっと霞んでる。 
27

土佐矢筈山。
28

山頂には1組のご夫婦?が居るのみで、しばらくしたら下山していったので、貸切状態になった。
三連休初日なのにあまり人気がないみたい。 

昼食をとって少し休むが、午後3時頃に天気がちょっと怪しい予報があったのであまりゆっくりしていられない。
さて、帰りますか。

笹が深く道も分かり難い。 
29

帰りの縦走路。
ちょっと雲が増えてきた?
30

ブナの実がたくさんなっている木があった。
今まで気にしたこともなかったが、初めて見たかも。
31

綱付森を振り返る。
32

天狗峠はまだまだ遠い。
33

白骨樹がたくさん。
34

最後約250mくらい登り返す。やっぱりきつい。
35

やっと天狗峠に着いた。今回は天狗塚はパス。
なんか雲黒いし。早く下山しよう。
36

駐車地点が見えるところまで降りてきた。
日が照って暑そうだ。
ずいぶんと車が増えていた。
下山途中でお亀岩ヒュッテに泊まるであろう団体さんとすれ違ったから、あの団体さんたちの車なんだろう。
37

結局天気が崩れることもなかった。

4年前に同じルートを歩いた時と比べると、13分長い時間かかっていたが、あの時は5月で、今回は7月なので、それほど衰えてはいないのかな。

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ