1: ID:4p+zwqM2
S 弦之助 薬師寺天膳
A 霞刑部 筑摩小四郎
B 如月左衛門
C 風待将監 室賀豹馬 蓑念鬼 夜叉丸
D 鵜殿丈助 小豆?斎 陽炎 お胡夷
E 地虫十兵衛 朱絹 蛍火 
F 朧

甲賀卍谷衆
甲賀弦之介(こうが げんのすけ)
甲賀弦之介画像
 本作の主人公にして弾正の孫。彼に殺意を帯びて襲いかかった者を自滅させる「瞳術」の使い手。伊賀鍔隠れの朧とは恋人同士であり、甲賀と伊賀が手を取り合う未来を夢見ている。
誠実で温厚な平和主義者だが、掟を破る仲間に容赦なく制裁を加え、知らぬ間に多くの仲間が討たれていることを知った際、襲い掛かかってきた伊賀衆を平然と皆殺しにするなど、厳しさや冷酷さも併せ持っている。

甲賀弾正(こうが だんじょう)
甲賀弾正画像
 甲賀卍谷衆頭領。かつて伊賀のお幻とは恋仲だったが、彼女とは引き裂かれる運命にあった。長毒針の使い手。合戦の開始直後、お幻と相討ちとなり倒れる。

風待将監(かざまち しょうげん)
風待将監画像
 蜘蛛のような外見を持つ男。口から吐き出す痰は膠の粘着力をはるかに上回り、蜘蛛の糸のように操ることで、敵を絡め取ることが出来る。
甲賀十人衆の中でも直接戦闘に長けた1人。

鵜殿丈助(うどの じょうすけ)
鵜殿丈助画像
 弦之介の護衛役。丸々と太った体を持ち、柔軟性に富むその肉体にはあらゆる直接攻撃が通用しない。また弾性を生かした高速移動が可能である。
 甲賀衆の1人として、伊賀に対する対抗心や憎悪を持ってはいるが、弦之介が友好を望むならば協力するのに吝かでないと語る気のいい男。女好きで、お調子者な所もある。 見た目によらず良く気が回り頭も切れ、冷静な分析能力を有する。

地虫十兵衛(じむし じゅうべえ)
地虫十兵衛画像
 四肢が無く、駕籠に乗って移動する異形の忍者。腹に密生している蛇の鱗のようなものを利用し並みの忍者よりも遥かに速く移動することができる。また舌を鞭のように動かし、食道に隠した槍の穂での不意打ちを切り札とする。星占いが得意で、駿府城に赴いた弾正の星に凶兆を見出す。
 お胡夷からは茶飲み友達として懐かれている。アニメ版では思慮深い性格が強調されており、伊賀との和睦に関しても冷静かつ前向きに受け止めていた。

室賀豹馬(むろが ひょうま)
室賀豹馬画像
 弦之介に付き従う、冷静沈着な参謀役。血筋としては彼の叔父にあたり、「瞳術」の師でもある。盲目だがその代わり他の感覚が発達しており、夜間のみ弦之介と同等の瞳術が使用出来る。
 争忍が始まった後も無益な殺生を回避すべく相対した伊賀者の説得を試みるなど、弦之介の片腕であり叔父として彼の意思を最大限に尊重している。

霞刑部(かすみ ぎょうぶ)
霞刑部画像
 体毛の無い大柄な樽使いの男。壁や地面などに自由に溶け込んで姿を隠すことができ、それを利用した攻撃を得意とする。怪力で、片手で人の首の骨を折ることも可能。
作中では左衛門と行動を共にすることが多く、アニメ版ではその妹のお胡夷とも交流が深い。十人衆の中では伊賀への憎しみが特に強い。

如月左衛門(きさらぎ さえもん)
如月左衛門画像
 お胡夷の兄。温厚で物静かな男だが、任務のときは忍者らしい冷酷な面も見せる。他人の顔を自分の顔に写し取ってその人物に成り済ますことが出来、声帯模写と併用して敵を欺く。顔や声だけでなく、髪の長さも自在に調節でき、関節を外すことで体格を変えることも可能。
 その能力を活かした数々の非情な謀略で多大な戦果をあげる。同時に情け深い一面もあり、蛍火の最期には慈悲を見せ、アニメ版では朱絹の人となりを知り、彼女を騙し討つことに密かに心を痛める描写が追加された。

陽炎(かげろう)
陽炎画像
 女忍者。妖艶な美女だが、彼女が情欲に身を任せる時は吐息が猛毒を帯びるため、抱いた者は死に至る。弦之介を一途に想い、また本来は弦之助と同等の家柄のため結婚できるはずが、その体質のため弦之助とは決して結ばれないことを思い悩んでおり、同時に朧に深い憎悪を抱いている。

お胡夷(おこい)
お胡夷画像
 左衛門の妹。豊満な体と無邪気な性格を持つ。肌と口から相手の血を吸い取ることが出来る。兄の左衛門が大好きで、アニメ版ではさらにその傾向が強くなっている。


伊賀鍔隠れ衆
お幻(おげん)
お幻画像
 伊賀鍔隠れ衆頭領。かつて甲賀弾正とは恋仲だったが、2人が結ばれることは無かった。歯が2本しか残っていない小柄な老婆だが、若い頃はかなりの美人だった。弾正の不意打ちを受け首と喉を毒針で刺されるが、刺さった針を抜きそれで弾正を刺し殺す。鷹を使役する。

朧(おぼろ)
朧画像
 お幻の孫。おっとりした温和な性格で、少しそそっかしいところがある。その性格のせいか忍術も剣術も体術もまったく身に付けることができなかったが、見るだけであらゆる忍法を強制的に破る「破幻の瞳」を生まれつき備えている。弦之介を「弦之介様」と呼び慕っている。
甲賀との和睦を望む彼女の姿勢を苦々しく思う者は多いが、その優しい人柄は里の者から愛されている。

小豆蠟斎(あずき ろうさい)
小豆蠟斎画像
 才槌頭で長い白髭を伸ばした小柄な老人。手足を自在に伸縮、屈折させることができ、触れるものを刃物のように切り刻む。「伊賀天正の乱」を記憶しており、甲賀に対する恨みは相当に深い。
アニメ版及びこれに準拠したドラマCDでは、甲賀との和睦を苦々しく思いながらも朧を娘や孫のように可愛がりその幸せを願う描写がされた。また、本編ではほとんど描かれなかったが、仲間達に対しては気さくな老人としての一面も見せている。

朱絹(あけぎぬ)
朱絹画像
 女忍者。理知的で仲間想いな性格。皮膚から血を吹き出して霧を生み出し、敵の目をくらます。視力を失った小四郎の世話をする内に、次第に特別な感情を抱くようになる。
朧の世話役を務めており、朧からは非常に懐かれている。アニメ版では彼女自身も朧を深く思いやる母性的な描写が多く追加された。弦ノ介への想いを捨てられない朧の気持ちにも一定の理解を示していた。

蓑念鬼(みの ねんき)
蓑念鬼画像
 全身毛むくじゃらの男。全身の体毛を伸ばしたり針のように硬化させたりすることが出来、自由自在に動かして移動や攻撃などに威力を発揮する。棒術の遣い手。特に親しい間柄という訳ではないが、作中では蛍火との絡みが多い。 アニメ版では蠟斎と親しく、彼と同様に朧の幸せを願う描写がされている。

夜叉丸(やしゃまる)
夜叉丸画像
 伊賀の中ではかなり若い忍者。女の毛髪をより合わせ、獣油を染み込ませた細い糸を武器として用い、その威力は巻きつけた巨大な岩を切断するほど。蛍火とは恋人同士。
血気盛んな少年であるが、同時に蛍火との穏やかな日々を愛していた。
アニメ版に準拠したドラマCDでは、同じく若手である小四郎との絡みが多い。

蛍火(ほたるび)
蛍火画像
 伊賀の中ではかなり若い女忍者。感情的になりやすい性格で、それゆえ残虐な行動に走ることもある。虫や小動物を使役し、幻術を得意としている。常に白い蛇を連れている。夜叉丸とは恋人同士。
 本編では夜叉丸と生きて再会することは叶わなかったものの、時間軸上、前日談にあたるドラマCDなどでは彼とのバカップルぶりを披露している。

雨夜陣五郎(あまよ じんごろう)
雨夜陣五郎画像
 水死体のような風貌の中年の忍者で、伊賀鍔隠れ衆の参謀。ナメクジのように塩に溶けて、体を小さく縮めることが出来、更に水に浸かると元に戻るという特異体質を持つ。そのため海を極端に怖がっている。
 アニメ版に準拠したドラマCDでは孫が生まれている。また、風呂に入る時はアヒルの木彫りが手放せないらしい。

薬師寺天膳(やくしじ てんぜん)
薬師寺天膳画像
 伊賀の副首領。170年以上も生きているはずだが外見は青年のままで、何度殺されてもその度に蘇る不死の術を持つ(なお、原作・漫画・アニメそれぞれで不死である理由が異なっている)。冷酷・卑劣な性格であり、伊賀の勝利のためには手段を選ばない。特にアニメ版では伊賀と甲賀の宿怨の権化とも言うべき存在として描写されており、甲賀への復讐のためなら伊賀者の犠牲すら厭わない執念を見せる。
 剣術の達人であるものの、その能力による慢心から初手では殺害されることが多い。しかし、これによって相手の忍術を見破り、これに対応して相手を詰ませる戦いを得意とする。
アニメ版に準拠したドラマCDでは、その不死性が完全にネタにされ、蠟斎と念鬼の勘違いで殺害された際に、二人からは彼を間違えて殺したことよりも生き返った後で嫌味を言われることを気にする、熊に攫われ餌として吊るされていたところを小四郎に救出される、温泉に浸かっていた際に仲間共々服を盗まれ、やむなしとはいえ全裸で甲賀に向かおうとする等、本編での存在感など微塵も感じさせないギャグキャラにされてしまっている。

筑摩小四郎(ちくま こしろう)
筑摩小四郎画像
 薬師寺天膳の子飼いの従僕。血の気は多いものの、実直で誠実な性格の若者。吸息によってカマイタチ(真空刃)を作り出し敵を切り刻む、強力な技を使う。身分は低く、登場人物中唯一、朧を「姫様」と呼ぶ。2丁の折りたたみ式の鎌を持ち、ブーメランのような投擲武器として使う。
 朧とは幼い頃からの馴染みであり、彼女から深く信頼され彼自身も彼女のことを深く想っている。同時に忠誠を誓っている天膳が次第に朧を軽視していくことに強く心を痛めることになる。その勇猛果敢さから狂犬などと称されることもあるが、平時においては子供に木彫りを彫ってあげるなど心優しい若者である。
 ドラマCDでは夜叉丸との絡みが多く、彼からよくからかわれている。


オススメ記事を紹介します

人気記事を紹介します

2: ID:KFhZvubP
まーた天膳どのが死んでおられるのか

3: ID:kboW2hvk
天膳はクッソ弱い

4: ID:guAg7f8j
如月ってどう考えても最強クラスだろ

5: ID:+C2tH42a
天膳とか生き返るだけのカス

6: ID:lLyPZsM1
強さでいえば左衛門弱いやろ

7: ID:olIPhxxn
天膳とかいうカッス

8: ID:KwPATHAD
不死身っていう時点で天膳最強やろ

9: ID:NJT8+PdE
天膳どうやっても弦之助に勝てない

11: ID:31wRRJXg
天膳負けすぎ

12: ID:bxs4YvQ5
天膳はBくらいでいいんじゃないの
つーか風待はもうちょっと強いと思う

26: ID:bgXysQNe
>>12
どう考えても天膳は最強クラスだろ

36: ID:RHxxOlfK
>>26
てんさんは、バレたら終わりの一発芸
タイプで、身体能力は大したことないからなあ…

40: ID:cO3B0IvP
>>26
焼き殺す系の能力持った相手とかいたら、地虫並みの早期退場だったと思う。

15: ID:bxs4YvQ5
バジリスクは原作古い割に能力の相性とかうまくできてるよな
強い奴が勝つとは限らない

17: ID:kboW2hvk
ジジババはいいとして、ナメクジがはぶられてるんですが・・・

25: ID:4p+zwqM2
>>17
本気で忘れてたw
Eくらいでいいよな?

19: ID:VGio6SZ/
朧戦ってすらないし

20: ID:bxs4YvQ5
甲賀弾正って速攻死んだがかなり強い設定らしいな

29: ID:RHxxOlfK
>>20
ジジババはすべての忍術を修め
更にジジは飛針ババは鷹使い
の技が得意いう設定のはずや。

21: ID:eDPAjVDe
陽炎と朱絹の見分けがつかんのだが

27: ID:Tdmk7+dq
このSクラスでも柳生十兵衛と上泉信綱には勝てないんやろうな

37: ID:oGbBQEHc
これは忍者としての強さランクか?
単純な戦闘力だとランクは変動しそうやけど

38: ID:pFDiMkas
天膳なんて殺した後に石でも背負わせて海にドボーンで終わりやん

39: ID:8VWQBSXh
兄様は甲賀のMVPだけど戦闘力自体は底辺だな

56: ID:RHxxOlfK
>>39
せやな。とはいえ
暗殺系・騙し討ち系の中では単純戦闘力が高いからな
後、妹はヤンデレとドジしかおらん作中では一番女神や

44: ID:+C2tH42a
豹馬の評価が低すぎる

50: ID:j4DS7KTB
豹馬って弦之介と同じ能力じゃなかったか

53: ID:C5fJxNa0
豹馬って夜じゃなきゃ誰にも勝てなそう

59: ID:YWCCg6JA
夜叉丸は過小評価

68: ID:oGbBQEHc
>>59
忍者としてじゃなくて、戦士としてなら最強クラスなんやけどな>夜叉丸

70: ID:RHxxOlfK
>>59
焦ってる所に、甲賀のエース、ぐう畜二人の待ち伏せやからな。
単純戦闘力なら、コシロウの次位には来そうや

65: ID:lRHL/aK3
げんのすけが敵地からどうどうと立ち去る姿がかっこよかった(こなみかん)

66: ID:MwB0VTR7
尚、一番活躍したのは如月左衛門の模様。忍者はスパイだからね、しょうがないね

67: ID:jCCWM17T
お前らドラマCDの課長薬師寺天膳見てみろ
面白いぞ

69: ID:eDPAjVDe
朧とか言う伊賀の戦犯こいつが小四郎の目潰さなかったら優勝してた

77: ID:RHxxOlfK
>>69
漫画の演出では、朧が入ってなきゃコシロウはあの時点であぼんや。

82: ID:NJT8+PdE
>>77
そもそもあの場面で朧が弦之助の目を打ち消して小四郎でしとめる予定やったんや
それをなにを血迷ったか朧は小四郎の方を向きよった

72: ID:OoN0ntvt
地虫殿はインテリ

76: ID:8VWQBSXh
伊賀戦犯夜叉丸

80: ID:RHxxOlfK
>>76
恵まれた能力から糞みたいなスリ被害

84: ID:EWkvJvve
蛍火が一途で可愛い

85: ID:h3Gi28+p
朧を10人の中に選んだ伊賀さんサイドに問題がある

90: ID:31wRRJXg
徳川が悪いよ徳川がー

102: ID:G109jb04
こういう全滅してスッキリ終わる話ってええよね

オススメ記事を紹介します


当サイトのオススメ記事

「バジリスク」 の関連記事一覧へ