002083


1: ID:82T
いらん

ディベート(debate)とは、ある公的な主題について異なる立場に分かれ議論することをいう(広義のディベート)。討論(会)とも呼ばれている。
ディベートは、厳密にはディスカッション(discussion)や単なる議論とは異なるものであるが、一般にはこれらの区別なく「ディベート」ないし「討論」と呼ばれることが多い(最広義のディベート)。この語法は既に定着している部分もある[1]が、誤った使い方であるとの見方も根強い。 様々な教育目的のために行われる教育ディベート(academic debate)が、単に「ディベート」と呼ばれることもある(狭義のディベート)。特に、教育ディベート関係者の間では、「ディベート」といえば通常は教育ディベートを指す。
教育ディベートでは、その多くが説得力を競い合う競技の形で行われる。競技として行われるディベートを競技ディベート(competitive debate)という(最狭義のディベート)。多くの異なったスタイルがあり、目的に応じて選択される。

競技ディベート(最狭義のディベート)
説得力を競い合う競技の形態で行われる教育ディベートを指す。ディベート一般において必要となる公的な主題と意見対立は、競技ディベートでは予め主催者によって設定される。
競技ディベートにおいて設定される主題は、論題(topic)などと呼ばれる。性質に応じて以下のように分類され、一般に価値論題と事実論題についての競技ディベートは難易度が高いとされている。
 ・価値論題:ある事柄が良いか悪いかを扱う
 ・事実論題:ある事柄が有るか無いかを扱う
 ・政策論題:ある事柄が行われるべきか行われざるべきかを扱う
また、競技ディベートでは、論題に対する立場を肯定・否定の2つに分けることで対立構造を設定するのが通例である。それぞれ肯定側(Affirmative)・否定側(Negative)ないし政府側(Government)・野党側(Opposition)などと呼ばれる。前述の通り、この役割分担は、様々な教育目的から参加者の意思とは無関係に行われることが慣習化している。
この他、競技ディベートでは、競技を進行させる形式(Format)や試合内容を検討し勝敗を決定するための審査基準(Judging Criteria)などが必要となる。進行形式や審査基準、そしてそれらの基底となるディベート観(Debate Paradigm)は、それ自体が激しいディベートの対象となっている。これらは競技ディベートの教育効果に決定的な影響を与えるため、様々な考え方やそれに基づくスタイルが現れている。


オススメ記事を紹介します

人気記事を紹介します

2: < ID:82T >
あかん

3: < ID:1Gy >
ブレインストーミングやぞ

4: < ID:uI5 >
クマのぬいぐるみやろ?

8: < ID:6Y3 >
所詮ゲームやし

9: < ID:82T >
>>8
せやな

11: < ID:1Gy >
そもそもゲームやないし

12: < ID:82T >
>>11
じゃあなんや

15: < ID:JaE >
>>12
リンチやぞ

14: < ID:xY0 >
最初の主張でいかに穴を誘導できるかがポイントやぞ

27: < ID:9We >
その根拠はなんですか?といざとなったら悪魔の証明使えばええねん

29: < ID:82T >
>>27
悪魔の証明?

31: < ID:6Y3 >
>>29
根拠がないことを証明するんやで

33: < ID:82T >
>>31
なるほど

34: < ID:Esg >
ディベートは賛成派反対派審判にわかれてする知的スポーツだゾ

38: < ID:qh0 >
詭弁を使おうが勝てばよかろうなのだぁ

54: < ID:82T >
>>38
主張側は詭弁を使ってきつい

44: < ID:rLE >
しゃあないから質問側に賄賂渡したろ

49: < ID:Esg >
>>44
これ限りなく正解やん
自分の意見通したいなら判定役の心象よくないとあかんからな

50: < ID:82T >
どんなに論理武装しても揚げ足とりにはかなわんよな

77: < ID:Ijw >
慣れてない奴がよく言われてることやん
ボリューム増やす前に要点絞って推敲しろってのは真っ当なクレーム

90: < ID:82T >
マージ、フィックス、エビデンス

オススメ記事を紹介します

当サイトのオススメ記事