天江 衣(あまえ ころも)
 声 - 福原香織
 2年生。9月6日生まれ。身長127cm。牌に愛された子の一人。2年連続で大将を務める。
008848
昨年のインターハイ団体戦では1回戦で2校、2回戦で3校を同時に飛ばすという離れ技を披露し前年度MVP、インターハイ最多獲得点数記録を樹立、同年行われたプロアマ親善試合でも優勝するなど、その実力は全国トップクラスの選手達の中でも異彩を放っている。また全国における昨年の別格の一年生として荒川憩、神代小蒔と共に名が挙げられている。
 龍門渕透華とは従姉妹。ロングヘアーにうさぎの耳のようなカチューシャが特徴。かなり幼い外見と性格をしているが、力を見せるときは独特の自信にあふれた態度と威圧感で相手を圧倒する。プロ雀士で年上の藤田靖子に向かって「三流にふさわしいおめでたい脳みそ」と言ってのけるなどかなりの毒舌家だが、根は素直。見た目や性格からか子供扱いされることが多いが、本人は嫌がっており「こども」という単語に過剰反応する。アニメでは就寝前に本を読んでもらわないと眠れないといった描写も見られる。舌っ足らずな口調だが、国文学者だった父の影響か古典中国語や古典日本語の単語を多くちりばめた独特の話し方をする。
 「海底牌にどの牌が埋まっているかを確実に察知する」能力を持ち、海底撈月を得意役としている。一見宮永咲の能力と類似するが、あくまでこれは場を支配するという大きな能力の一部に過ぎない。他家が鳴きを入れて衣に海底牌をツモらせないようにしても、すぐさま鳴き返して海底コースに戻ることができ、その支配が最も強い状況においては他家は配牌とツモを全てあわせても国士無双以外では聴牌すらできず、鳴くチャンスすらほぼ皆無となる。また海底撈月だけでなく鳴きを入れた速攻も得意としており、速攻に転じた場合は圧倒的な和了速度を誇る。どちらにしても打点が非常に高い。さらに山や相手の手牌をかなり正確に把握している描写もあり、高度な点数調整も行える。一見するとつけ入る隙の全くない完璧な能力に思えるが、王牌は支配外である。そのため連続槓で王牌から何度も牌を引き、そのたびに手が変化し打点が上昇する咲は、衣にとって天敵と言える。


薄墨 初美(うすずみ はつみ)
 声 - 辻あゆみ
 3年生。5月28日生まれ。身長139cm。副将を務める。
004365
 悪石の巫女と呼ばれ、移動時にはボゼの面を被っていることがある。一人だけ巫女装束のデザインが違い、袖が長くて袴が短い。肌が日焼けしていてスクール水着の焼け跡がある。語尾を延ばして「〜ですかー」「〜ですよー」といった口調でしゃべる。狩宿巴からはハッちゃんと呼ばれている。
 県予選では地区大会記録を大きく塗り替えた、高火力型の選手で、決勝戦で他家に役満を直撃させて飛ばしている。
 自分が北家の時に東と北が手牌に集まり、これらを鳴いて鬼門に晒すことで、裏鬼門にある手牌に南と西が集まり、四喜和を聴牌することができるという能力を持っている。半荘1回の間に2回役満和了機会があるという強力な能力だが、鳴きが必須なため他家からは対応されやすく、また、それに頼りきりだったのか、臼沢塞に能力が塞がれた際は涙目になり、自分の北家を維持するために親に差し込む、諦めて混一色に取ろうとしたところを狙い撃たれるなど、手の自由度は低い。
 インターハイ第2回戦第3試合副将戦では、前半戦は危うかったものの後半戦で役満を和了り最多獲得点数を記録した。

1: 名無しさん@おーぷん
ロリ


オススメ記事を紹介します

人気記事を紹介します

001610

2:
衣ちゃんにお菓子あげたい

4:
衣ちゃんなでなでしたい

5:
露出狂はちょっと・・・

6:
初美ちゃん膝に乗せたい


9:
no title

10:
no title

11:
薄墨さんを初めて見た時は何事かと思った

14:
衣ちゃんのあの容姿で17歳という生々しさと
それでも違法ロリだというところがたまらん

18:
貼ったけど俺は衣の方がイイ(粉ミカン)
no title

17:
初美ちゃんの方は合法の可能性ありだっけ?

24:
no title

好みなら石戸霞さんかな

25:
>>24
ババa…いやなんでもない

28:
100年坊の淡が好きな俺は異端?
no title


43:
目の錯覚じゃないか(憤怒)

44:
咲さんかわええ
001611

オススメ記事を紹介します

当サイトのオススメ記事

「咲-saki-」 の関連記事一覧へ