008702

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
読みやすくてふつーにおもろいやんけ
劣化銀魂というけどそんなことないと思うがな

『SKET DANCE』(スケット・ダンス)は、篠原健太による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年33号から2013年32号まで連載された。略称は「スケダン」。

概要
 人助けを目的とした高校の部活動「スケット団」の日常と活躍を描いた学園コメディ漫画。スケット団が学校の生徒からの依頼を解決しようと奮闘する様子を、ギャグを中心に、謎解きあり、感動ありと様々な要素を絡めて描かれている。
2010年、第55回(平成21年度)小学館漫画賞少年向け部門受賞。
2011年4月7日より、テレビ東京系列にてテレビアニメ版が放送開始。2012年9月27日で最終回を迎えた。

あらすじ
 開盟学園高等学校・学園生活支援部、通称「スケット団」は、学園の生徒が楽しい学校生活を送れるように、相談事やトラブルの解決など、人助けに取り組んでいる頼れる学園のサポーター集団。と言うのは建前で、実際は学園の便利屋扱い。落し物を探したり、裏庭を掃除したり、時には依頼もなく部室で折り紙をしたり。
 部員は、お調子者だけどやる時はやるリーダー「ボッスン」、元不良の武闘派ヤンキー娘「ヒメコ」、クールな情報屋「スイッチ」の3人。そんなスケット団のもとに、今日もヘンテコな依頼人からのヘンテコな依頼が舞い込んで来たり、来なかったり。スケット団は、時に真面目に、時にバカバカしく、グダグダだけど熱い活動を送っている――。


オススメ記事を紹介します

人気記事を紹介します

2:
過去編要らない

3:
女の子がかわいかった

6:
シリアス編が異様に重い
ギャグはたまに腹筋崩壊ものがあって好き

7:
総じてお子様向けだったから
背伸びしたいお年頃に嫌われただけ

8:
ジャンプじゃなければ名作だった

11:
そこそこ続いたしそこまで不評じゃないのが一般意見

ここではなんとなく漂うリア充感が叩かれたんじゃないかな

14:
ギャグ回は最高だった

16:
かわいいのがキャプテンしかいないから

20:
たまにやる長い話がクッソ寒いから

21:
シリアスいらなかった

22:
アニメ化される程度には人気だったじゃん
叩いてんのはキョロ充にすらなれないヒッキーだろ

25:
スケットダンス叩く→キョロ充・ヒッキー
これの意味がわからん

27:
主人公が照れたときの顔がすげえ気持ち悪い
作者が「どうだ?この顔面白いだろ?」って感じで書いていそう

31:
修学旅行編で見限った

37:
>>31
俺もこれ

33:
好きで全巻揃えたけど連載が安定したころから話をまとめなくなったのが残念だった
初期はシリアスもまとめてたから「今週はまぁいいか」で済ませたのに

35:
十回に二回くらい面白かった

38:
シリアス好きだったんだけどなー
なんであんな不評なのかが分からん

43:
>>38
パチンコで不良グループ倒したりはやりすぎだと思った
あと主人公たちが一方的すぎたかも

39:
初期の推理路線好きだったのは俺だけだろう

41:
いぬまるの方が面白かったから

45:
スケダンとか終わってた
スイッチが答辞読むとこで見るのやめた

47:
>>45
最後まで見てんじゃねーか

48:
男女入れ替わってからのおしっこする回が気持ち悪すぎた

51:
不評の8割は主人公=作者の部分に集約される

60:
女の子の書き分けが非常にうまい

61:
オフ会は最高だった

76:
親心のないツッコミは…
人間関係をギスギスさせる

96:
ギャグだけやってりゃ良かったのに

99:
ギャグ回は結構面白かったのになぁ
シリアス回とサーヤとかいうテコ入れが…

111:
次回作に期待してるんだけどなかなか来ない

オススメ記事を紹介します

当サイトのオススメ記事