7730


1: < ID:1ZJ5ZcuL0.net >
三井に3p打たれまくったあいつ

2: < ID:Ajb6VIJL0.net >
監督やろ

深津 一成(ふかつ かずなり)
 3年、180cm、背番号9(2年)→4、PG。
 主将。非常に冷静沈着で常に試合の流れを読み、その場に応じた最高の選択を行う。広い視野とパスセンス、固いディフェンス力を併せ持つほか、黒子役に徹しつつも決定的な仕事を行い、相手に傾きかけた流れを確実に呼び戻し、牧には「相手が行けるというムードの時こそ仕事する男」と評される。また、チーム操作術は堂本からも絶大な信頼を寄せられ、大接戦となった湘北戦の終了間際におけるゲームメイクを託された。

河田 雅史(かわた まさし)
 3年、194cm、背番号14(2年)→7、CF。
 「日本高校バスケ界最強のセンター」と評される実力者。その実力は全日本センターの杉山に高3の現時点でも大学バスケのセンターでベスト3には入ると評されたほど。
 高校入学当初のポジションはガードで、さらに当時は165cmと小柄だったが、1年間で25cmも身長が伸び、この過程でガードからフォワード、さらにはセンターへのコンバートを経験する。その結果、弥生に「鋼のような筋肉」と評された肉体とガードフォワード並みの技術、強力なインサイドプレーを併せ持つ異色のプレイヤーに成長した。また、センターでありながらシュートエリアやプレーエリアも広く、ペネトレイトやスリーポイントシュートもこなし、リバウンドにおいてもリバウンド力に長ける野辺が「リバウンドを取らせてもらえなかった」と語り、安西曰くポジションも「5番(センター)から3番(スモールフォワード)までこなすらしい」とのこと。インターハイ2回戦で対戦した赤木にも圧倒的な実力差を見せつけ、最終的に現時点では敵わないことを認めさせた。

沢北 栄治(さわきた えいじ)
 2年、188cm、背番号13(1年)→9、GF。
 驚異的な身体能力と1on1のスキルを持ち、1年生時から山王のエースプレイヤーに君臨する高校No.1プレイヤー。そのプレーは、しばしば見る者の度肝を抜く。前年度のインターハイ準決勝である海南戦のビデオを見た三井に「間違いなくこのチームで1番センスがある」と言わしめた高いバスケットセンスと身体能力やオフェンス力、ディフェンス力はいずれも超一流だが、花道曰く「負けたことがないため、沢北の頭の中にはパスという選択肢はない」。あまりにも実力がずば抜けているうえに精神的にムラがあるため、試合を退屈に感じて集中力を欠く時があり、河田ら先輩プレイヤーのいびり対象になることがあるが、彼が本領発揮するとチームメイトすら沈黙する。

野辺 将広(のべ まさひろ)
 3年、198cm、背番号5、C。
 スタメンで最も高身長の選手。リバウンド力を買われてスタメンに抜擢され、パワーと体重を生かしたスクリーンアウトでゴール下のポジション争いだけでも相手選手を疲弊させることができ、湘北戦の前半では花道にほとんどリバウンドを取らせなかった。しかし、後半に花道の反則行為[94]を受けてからは、花道の脅威のジャンプ力に翻弄されて途中交代となる。

松本 稔(まつもと みのる)
 3年、180cm[91]、背番号6、G。
 スタメン選手。湘北戦では一之倉と入れ替わる形でベンチスタートとなり、前半途中に今ひとつ調子の出ない沢北との交代で途中出場。後半は一之倉がベンチに下がったため三井とマッチアップ。疲労の見え始めた三井を圧倒して山王の得点源となり、武藤に「沢北がいなければ、どこでもエースを張れる男」と言わしめた。
 しかし、体力を限界まで消耗した三井をその後も幾度となく抜き去るも復調した湘北メンバーの懸命のカバーによって得点を阻まれ、さらに三井の執念を推し量れず翻弄され度々得点を許し、終盤には1点差に追いつかれるきっかけとなる三井のスリーポイントシュートに対するファウルを誘発された。

一之倉 聡(いちのくら さとし)
 3年、171cm、背番号8、G。
 チーム随一のスタミナと忍耐力を兼ね備え、「スッポンディフェンス」の異名を持つ全国でも有名なディフェンスのスペシャリスト。湘北戦では三井をマークしてスタミナ切れにする目的でスタメン出場した。堂本のプランでは「三井は何もできないままスタミナ切れ」となる予定だったが、前半は三井が好調だったため抑えきることはできず、たびたびスリーポイントシュートを決められる。しかし、しつこいディフェンスによってスタミナを奪うことには成功しており、後半のガス欠を誘発した。

河田 美紀男(かわた みきお)
 1年、210cm 130kg、背番号15、C。
 河田雅史の弟。日本で最も大きい高校生選手とされるが、体格は力士のような太った体つきで動きは鈍い。また体格とは裏腹に気が弱く、いつもオドオドしており、兄からよく怒られるようで、口癖は「ごめん(ゴメン、ゴムェン)、兄ちゃん」。顔つきは母のまきこに似ている。
 体格を活かしたポストプレーで最初は花道を圧倒するが、ゴール下でパスを受けての振り向きざまのシュートしかできないことを、同じ境遇を経験した花道に見抜かれ、さらにパワーを克服されると逆に圧倒された。バスケット選手として未熟な面が目立つが堂本からは逸材として期待されており、名朋工業の監督は森重の将来の好敵手になるだろうと予想していた。試合後はメンバーで唯一、涙を流していた。

堂本 五郎(どうもと ごろう)
 監督。選手たちを信頼して勝負どころを確実に押さえ、山王をインターハイ3連覇に導いた名将。「緒戦の入り方が大事」、「勝負に絶対はない」という理念を持ち、無名かつ格下の湘北との対戦を前においても対策を怠らず、万全の状態で湘北に挑んだ。インターハイにおいてもなお来年、再来年のことを念頭に置いて、自信と経験を植え付けさせるために1年の美紀男を出場させる。
 田岡や高頭と同じく花道を単なる乱暴者や素人とは見なさずその素質を見抜き、試合後半に花道が湘北に多大な影響をもたらしていることに気付いてからは河田をマークにつかせた。勝ちがほぼ確定するまでベンチに座らず、コートに膝をつきゲームを見守る。
 湘北戦で敗戦後、選手たちに「『負けたことがある』というのが、いつか大きな財産になる」と語った。


オススメ記事を紹介します

人気記事を紹介します

3: < ID:1/FT/LVSa.net >
監督松本ミキオポール深津

4: < ID:6Ki47gsn0.net >
フルタイムでやる気出さなかった北沢もわりと

6: < ID:1/FT/LVSa.net >
河田兄以外

7: < ID:Z9nkRMHm0.net >
「奴はうてねえ!(ドヤ顔)」

8: < ID:tMWHUsum0.net >
一ノ倉さんがフル出場しておけば

10: < ID:6Ki47gsn0.net >
>>8
そんなんただの池上やんけ

11: < ID:ZiBXuR6o0.net >
松本やろ

12: < ID:hoqh3lvSa.net >

14: < ID:5+hhxcyX0.net >
>>12
慢心で草

16: < ID:Pu9B+5jJ0.net >
>>12
うーんこの顔

19: < ID:MYvq+GK8a.net >
堂本定期

20: < ID:pHD0Kb5ja.net >
松本

21: < ID:LZJiIbM60.net >
松本より三井ゾンビ化させた奴がアカンわ
もっというと監督があかんわ

オススメ記事を紹介します


当サイトのオススメ記事