2022年05月11日

ようやく良い季節に

IMG_3304

今年の4月は寒めでしたが、雨も過ぎてようやく暖かい、いい季節になりました。今日は今年1番の半袖で過ごしました^_^

3月からの学生生活、最初は頭から火を吹く日々でしたが、この頃はようやく、少しペースも掴めてきました。
8月の中頃に最初のセメスター終わりで、その時は長いレポートを提出するのですが、それまでは段階をふんで課題を提出しています。

私は(おそらく)クラスで最年長だし、数少ないガイジンでもあるので、自分は初めから落ちこぼれだと思っていました。
FullSizeRender

ですがここ数日、学校で課題に取り組んでいると、周りからあれこれ訊かれ、見せてもらうとまだ手付かずの課題があったりしてこちらが焦り(このままでは落第してしまいます!)、結構真剣に教えました^_^

結果、落ちこぼれだと思っていた自分も人の役に立てたかーーと、少し自信が持てました^_^

今日課題が終わったことで一旦間が少し空くので、この間にもセメスター終わりのレポートをまとめ始めた方がいいのかな、、と思っています、すごい量なので😂

忙しいですが、学生生活は楽しんでいます!
今日は朝ランし、キャンパスまで自転で通学しました✨


nilo_tt at 00:03|PermalinkComments(0) Days 

2022年05月06日

レコーディング

IMG_3276
レコーディングでした!
久しぶりにミュンヘンのスタジオ、「Realistic sound」にて。
このスタジオは、マイクも機材も豊富、ピアノの音もとてもいいしとても広いし、なによりも、安心感のある敏腕エンジニアのフローリアンと録音できると、とっても落ち着くので、ミュンヘンでどこか録音できるところを選べるなら間違いなくここでします。




IMG_3278
IMG_3284
ちょうどわたしが今勉強している分野でもあるので、いろいろ質問したり、改めてまじまじと作業や配線、ソフトなども見せてもらいましたが、わたしでは20年かかりそうなくらい気の遠くなるこまかな知識と、その前に自分が演者としてスタジオにいる限りはやはり歌うことと曲の仕上がりに集中してしまうので、スタジオ内での二足の草鞋はできないな、、と思った次第です。


IMG_3286
IMG_3267
今回は国籍まぜまぜ、ミュンヘン在住の若手ミュージシャンと初めてレコーディングしました。


改めて発見もあり、みんなとても真摯に音に向き合って、意見を出し、また録り直してくれたり、とても熱い思いが伝わり、嬉しかったのと、みんな演奏が本当に素晴らしくて、普通に感動している自分もいました。

特に今回プロデューサーと編曲を務めてくれたギタリストのシーハンは、音作りだけでなくリハから何から段取りもかなりリードしてくれて、とてもとても助かりました。


ミュージシャンは旅人のようだな、、と感じます。
それぞれ新天地を目指し、旅立っていくときもあれば、祖国に帰って活動する場合もあるし、人生のそれぞれのステージの中で、色々な街や国を転々としていきます。

だからこそ、出会いも、一緒に演奏ができることも、いつも一期一会、と思い、いまのこの音を、収めておきたい、と思うことばかりです。


みんなまだ若いし、これからも世界のあちこちで活躍していくでしょう。
今日のこの音をみんなで収められたこと、心から感謝です。

そして頼りになるエンジニアのフローリアンにも。


音源は最近わたしもハマっているKing gnuのような!?
普通の王道ではないj-Pop に仕上がりました。

また、リリースをお待ちくださいね^_^

nilo_tt at 17:28|PermalinkComments(0) Days 

2022年05月01日

リリースになりました✨✨

FullSizeRender





kaRuinoLinoiRuka  Fuyu no Haru


かるいのりのいるか、2作目のミニアルバム、「冬の春」5曲入りが、デジタルリリースになりました!

Spotify,Amazon music などでお聴きいただけます!


「冬の春」は、ピアニスト酒井雅子とベーシスト甲斐正樹のふたりの音楽家のドイツでの出会いをきっかけに制作されました。

日本への本帰国を決めた甲斐との、一期一会の出会いを、今ここで音楽にして残しておきたいとの思いから、ボーカルのNILOに声がかかり制作に至りました。

5曲入りのEP版となる今作は、オリジナル曲(英詩)が2曲、童謡のカバーのほか、オリジナルのインスト曲が2曲(ピアノとベースのデュオとピアノ、ベースにトランペットが加わったトリオ)が収録されています。


冬のドイツ、フュッセンのレコーディングスタジオでレコーディングされた本作は、ドイツ在住の日本人アーティスト、NILO(Vo), 酒井雅子(Pf), 甲斐正樹(Ba)と、Gero Hensel(Tp)が演奏しています。


フリージャズの要素を盛り込みながら、生演奏の楽器音の繊細な響きを散りばめ、まだ雪降る寒い冬の一時、いつか訪れる春の温かさがそっと差し込む、そんな楽曲です。


kaRuinoLinoiRuka

ドイツ在住の日本人アーティスト、NILO(Vo)と酒井雅子(Pf)からなるデュオ。さまざまなミュージシャンをフィーチャーしてライブやレコーディングを行う。

童謡をジャスアレンジしたり、スタンダード曲、オリジナル曲も演奏し、ドイツと日本を中心に活動中。



Deutsch 

Das Schicksal brachte die beiden Musiker Masako Sakai und Masaki Kai bedauerlicherweise nur für einen begrenzten Zeitraum zusammen. Kurz nachdem sie begonnen hatten sich  künstlerisch auszutauschen und miteinander zu kollaborieren entschloss sich Masaki Kai nach Japan, in die Heimat zurückzukehren. Im Kontext dieser Gegebenheit entstand zusammen mit der Sängerin und Komponistin NILO das EP Album „Fuyu no Haru“ .  


Das Album Fuyu no Haru beinhaltet insgesamt fünf Stücke. Davon sind zwei englischsprachige Lieder, zwei rein instrumentale Kompositionen und eines ist ein Cover eines alten japanischen Volksliedes. Die Aufnahme des Albums entstand im Winter im verschneiten Füssen in Bayern unter der Zusammenarbeit von NILO(Vo), Masako Sakai(Pf), Masaki Kai(Ba) und Gero Hensel.


Das Album vermittelt eine Musik, in der sich im Winter die vorbestehende Wärme des Frühlings ahnen lässt. Es enthält Elemente des Free Jazz und ist durchsetzt mit dem zarten Klang von einer Live-Performance.


kaRuinoLinoiRuka

Ist eine Duoband bestehend aus NILO (Vo) und Masako Sakai (Pf). In den letzten Jahren hat das Duo mit vielen verschiedenen Künstlern in Deutschland und Japan kollaboriert. Die Musik zeichnet sich durch eine Fusion aus japanischen Volksliedern und modernen Jazz Kompositionen aus. 


English


Destiny brought the two musicians Masako Sakai and Masaki Kai only for a short lived moment together. After they started to share their creative concepts and collaboration, Masaki Kai decided to leave Germany for home, Japan. In the context scarce time, the album „Fuyu no Haru“ was recorded together with the singer and songwriter NILO. 

The album contains five songs. Two in English language, two instrumental originals and one cover song of an ancient Japanese folk song. The album was recorded on a snowy winter day in Füssen, Bavaria, Germany under the collaboration of NILO(Vo), Masako Sakai(Pf), Masaki Kai(Ba) und Gero Hensel.


The album transcends music in which we can feel the warmth of spring on a cold winter day. It contains elements of Free Jazz and is full of the delicate sound of live instrumental music.


kaRuinoLinoiRuka

Is a duo band of the musicians NILO and Masako Sakai. Over the last years the duo has performed together with various artists in Germany and Japan. Their Music is a fusion of Japanese folk songs and modern Jazz. 


皆さま、どうぞたくさん聴いてやってください😊



nilo_tt at 04:40|PermalinkComments(0) F.Y.I(For Your Information) 
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
NILOマガジン
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール