2012年11月28日

波蘭調 尾声

ブログにいらしていただきありがとうございます

ポーランド、ワルシャワから東京に戻り、とりあえずあの「のんびり感」は忘れたくない、でもなんでこうドタバタしてしまうんだろうと思いながら毎日過ごしており、

そんなこんなをまたもや「胡桃随想曲 築地町調」にダラダラと書いてます。

神楽坂の素敵な場所、美味しいお店も載せられたらと・・・とりあえずは新居を整えちゅう。よかったら新しブログも覗いてくださいね~



nimadekurumim at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) sehari-hari 日常 

2012年11月27日

平原の国、寛容なこころ

平原の国ポーランドはその歴史の中で宗教、民族的に寛容、時代を超越した人権意識を持ち、異なる思想を持つ者に寛容であることと

IMG_8813愛国心による自己犠牲が両立することを最大の社会価値としていたそうです。

「なるほど、その意識の上に今の社会があるんだなぁ」と思うこともしばしばだった1年半のワル生活。

何の知識もない最初はジロジロ見られるたびに「ん、差別?」と被害妄想的なキモチにもなったけれど、そういう価値観を持つ社会の一端に触れたことによって、

恥ずかしながら今まで非常に低かった宗教、民族、人権に対する意識、知識が少々強くなり、自分が「寛容」とは程遠い心で生きて来たことを痛感したのがワルで一番の収穫。

そして結婚してから16年間、平日のほとんど、ヘタをすりゃ土日もバラバラに過ごし、「夫婦円満の秘訣はなるべく一緒にいないこと」と言っていた私達が

毎晩一緒にゴハンを食べ、一緒に買い物に行って、ヒマな時間も何かと一緒・・などという生活に突入最初は「こんなに一緒にいて大丈夫?」とか思いつつ、

まぁなんとかなったこともよかったです(笑)。

「せっかくご縁あって結婚したのだから一度くらいはこんな風に暮らしておくのも悪くはない」って主人に言えば「何言ってるんだ、老後はこういう生活になるのに・・」

と返してくるけれど、猛烈サラリーマンで家にはほとんどおらず、わずか51歳で他界してしまった私の父。その後亡くなった母。

両親にはふたりでゆっくり暮らすチャンスも老後もなかった。

両親が健在で仲良く暮らす主人にはピンとこないだろうけど、「老後は誰にでも来るわけじゃない」っていつも思う私には余計、ワルでの時間がありがたかったです

そして私自身は・・中学の頃からの筋金入り「隙間恐怖症」で、

「この空いている日には誰々と会う、この5分あったら何ができる、3分でこれをやる!」、てな調子でず~っときていたのに、ワルではご縁があった方とだけお付き合いいただき、

日々のんびりと勉強して、ご飯を作って、パソコンに向かって、自分とたくさん会話をして・・・。「ああ、こういう生き方も自分には出来るんだ」という驚き(笑)。

ま、東京に帰ったらあっという間に元に戻るのだろうけど、せっかく得た感覚を上手く暮らしと自分の中に取り入れてゆきたいと思ってマス。ということで・・・

大好きになったポーランドについては尽きないけれど、これで「波蘭調」は終わりです。みなさま、この1年半もダラダラ・ブログにお付き合いいただきありがとうございました!

IMG_9818IMG_1879IMG_1881

nimadekurumim at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) sehari-hari 日常 

2012年11月26日

ワルさんぽ<集荷場、戻れない駅>


IMG_8691ワル北部の「ウムシュラークプラッツ」、鉄道駅の跡地。

第二次世界大戦中にゲットー内で生活していたユダヤの人々がナチス・ドイツによりこの「集荷場」から、


つまり「物」として「レトブリンカ強制収容所」へ移送され、そして彼らは二度とこの場所に、この街に、この世の中に戻ることはありませんでした。

その人数は26万5千にのぼったとか・・・人が人の「生きて良し、生きていてはいけない」の判断をし、それを実行したという恐ろしい事実。


改めて差別や偏見、人としてするべきこと、してはいけないことについて考えた場所。

IMG_8695IMG_8696IMG_8689



nimadekurumim at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Warsaw jalan-jalan ワルシャワ散歩 

2012年11月25日

ワルさんぽ<素敵な教会たち>


IMG_6785国民の約95%がカトリック教徒であると言われるポーランド。

若い世代には「一応そういうことにしている」と言う人もいたけれど、それでも75%は敬虔な信者であるとネットで読みました

私にとっては日本にないカトリックの教えによる祝日、そのイベントやパレードが興味深く、

日々至るところで目にする教会の美しさには足を止めて見とれるばかり・・。撮った写真を全部並べたらものすごい量なので・・特に気に入っていた風景をブログに残しておこうかなと。

IMG_5501IMG_5471IMG_0657IMG_3321IMG_3486






IMG_0659IMG_7026IMG_6293






IMG_6743IMG_9551IMG_9784






IMG_9790IMG_6034IMG_0403



nimadekurumim at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Warsaw jalan-jalan ワルシャワ散歩 

2012年11月24日

ポーランド旅行のススメ

突然の転勤、引越しを聞かされて「ポーランドってどこにあるんだっけ」からスタートした1年半の暮らし。最初は知らないこと、わからないことのてんこ盛りだったこの国、この街は、

IMG_8266住んでみれば本当に素敵な所でした。

直行便のない不便さは逆に日本を離れたいキブンの時、「こんなに遠い、アジアの空気さえほとんど感じない異国に来られた!」

という楽しさになるし、なにより物価が安いのはありがたい

遊びに来てくれた友達も財布開いては「え、まだこんなにお金が残ってる・・」と、驚くことが何度もありました。

買った、食べた、飲んだものの満足度を想うと、お財布の減り方がどうも少なく感じるのよねー。

読んだ本の中に「愛知万博の際、ポーランド館でアンケートを行ったところ「ポーランドに行ってみたい」と答えた人は15%だけ、

その主な理由は「ポーランドについて知らないからだった」とあって・・・ホントにもっと情報があれば、知れば、きっとみんなが行きたくなる、オススメの旅行先ポーランド!

帰国後、このキモチをたくさんの人に伝えてゆきたいと思うし、

近いうちに予定されている「ワルシャワ成田直行便」が就航すれば、もっとたくさんの人々がポーランドを訪ね、感動的な時間を過ごせると信じています

写真はポーランドが誇る、偉大なるキュリー夫人の記念切手。

nimadekurumim at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) sehari-hari 日常 

2012年11月23日

ワルさんぽ<神秘の池>

ワジェンキ公園の南にある公園。整備された道が途切れた先、道なき急斜面の下に池が見えます。

IMG_6860まるで人の進入を拒むように木々の中にひっそりとある北海道東部の小さな湖みたいだなぁ・・と、神秘的な姿にうっとりしていたら。

「ワンワン!」と犬が駆け下り、続いて飼い主と思われるひとりの男性も下りてゆき。


私も後をついていきたかったけどこの公園、街中にあるのに本当に人影がまばらで怖い。

他にもワルには「興味はあるのに万が一を想うと先に進めない」、人の気配がない場所がたくさんあって、迷いなく先に進んで池の淵に腰掛ける男性、

周りを走り回る犬の姿がとっても羨ましかったのでした~。帰国後に想い出してもこの池はきっと「ワルの好きな風景ベスト10」に入る素敵な眺め。

IMG_6865IMG_6868IMG_6867


nimadekurumim at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Warsaw jalan-jalan ワルシャワ散歩 

2012年11月22日

ワルさんぽ<Zelazna通り>

ワルに来て数カ月後、初めて一人で飲み会に参加した日にやはり初めて歩いたZelazna通り

IMG_8034何かを秘めているような、何か言いたげな街並の様子がものすごく印象に残りました。

それがこの通りの一部を含めていた「ゲットー」のイメージに繋がった気がします。


歴史の重みを語りかけるような古い、少々壊れ気味の建物、廃止されたトラムの線路跡、

ワルを去ることが決まってから何度も、何度も歩きたくなった不思議な通り・・・。フウォドナ通り手前右には美味しくて面白いポーランド料理のお店「Oberza」が

 「Oberza」 ul. Zelazna 68, 00-866 Warszawa

IMG_8035IMG_8038IMG_9667

nimadekurumim at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Warsaw jalan-jalan ワルシャワ散歩 

2012年11月21日

鮭とばイチローと惣菜たち

暮らし始めた当初は戸惑ったワルでの食料調達。特に東京で日々助けてもらっていたコンビニやスーパー、デパ地下にあるような「惣菜」の類が手に入らないのが辛いっ!

IMG_8134と思っていましたが・・・実際はそんなことはなく、ちょこちょこ買ってきて食卓に並べれば

「ほ~ら、晩ごはんの出来上がり」になるものが豊富にあることが徐々にわかり。

さすがに「刺身」の代わりにはなれないけれど、とりあえずの「魚もの」になってくれたのは、スモークサーモンやパックのにしんマリネの他、

ショーウィンドーに並び、必要な分だけ切り売りしてくれるサーモンやマグロなどの燻製たち。

サーモンの燻製関しては、北海道の想い出にかけて「今日は鮭とばイチロー買っちゃう~」と、勝手に「鮭とばイチロー」扱いにしてました(笑)。

その他量り売りのポーランド料理がずら~っと並ぶコーナーもあったし、ローストチキンもお手頃価格で美味。毎日通った食材店にはここまで大掛かりなショーウィンドーはなくとも、

パック入りで並ぶ総菜が十分に美味しくて、例えば写真下段中央の「ナレシニキ」はポーランド風クレープ、この日買ったのはチーズ入り。

さらには、お米が無くては生きていけない私がありがたくいただける野菜ピラフも

中央駅に隣接するショッピングモールのフードコートに行けば和、伊、泰・・と、惣菜の守備範囲はさらに広くなっており。

こういうのにやっと慣れたころに日本に帰国、ってなるんですよね~(笑)。

IMG_9967IMG_6284IMG_6285






IMG_6286IMG_7296IMG_7294



nimadekurumim at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) makanan 食 

2012年11月20日

陶器のある場所

1年半のワル生活で案の定みるみるハマったボーランド・ボレスワビエツの陶器たち。私は主に家からトラムで気軽に行ける範囲内のお店で買い集めていたんだけど、

IMG_4782お友達に誘ってもらってワル郊外のヴィラノフまで、または今日の写真に写っているカバティまで足を延ばすこともありました。

結局行くことのできなかったボレスワビエツではたくさんの工房がそれぞれに陶器を制作していると思われ、となると取引先の違いで、


行くお店それぞれに柄や揃える商品に違いが出てくるのも面白かった

このカバティのお店では初めて「箸置き」を見つけたし、ヴィラノフのバス停近くにあるお店には小皿が充実していたし・・・などなど。

が、東京に戻って「ポーランド食器のある場所」を覗いてみると、ワルではお目にかかれなかったキュートで可愛い柄、色のモノがた~くさん・・・

これらは海外輸出用として作られ、ワルの街は素通りだったのかなぁ。で、ワルで陶器を探す時の参考になれば&私の備忘録として市内でよく行っていたお店を書いておきます。

・ 「ボレスワビエツ」 ボレスワビエツの工房直営のショップ
     Prosta 2/14
・ 「ツェッペリア ①」 ポーランドの民芸品全般を扱うお店
  Marszałkowska 99/101
・ 「ツェッペリア ②」 新世界通りに近い店舗
  Chmielnaの真ん中ぐらい

この3店には東京で「可愛い~!」と思った柄、色合いに近い商品も♪

・ キュリー夫人の生家の隣のお店
・ 新世界通り、入口から数十メートルほど歩いた左側にあるお花屋さん
・ Emilii PlaterのZłoty Tarasyとホテルインターコンチネンタルの間にあるポーランド民芸店。

IMG_4779IMG_4781IMG_4784

nimadekurumim at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) belanja 買物 

2012年11月19日

ヴィチナンキ色のクリスマス

今年のクリスマスツリーはコレでいきます。ポーランドの切り絵「ヴィチナンキ」をモチーフにしたオーナメント。このお店は最後に滞在したホテルからすぐのところにあって、

IMG_9253ウチのツリーに吊るす分を揃えた後、ただ眺めに行くだけでも楽しかった場所

ヴィチナンキは18世紀頃、ポーランドの農家で防寒カーテンとして使われていた羊の皮の

光を入れたい分だけを切り取ったのが始まりだそうで、

その後色紙が登場した後は、部屋を飾るものとしてワルシャワに近い農家の女性の間に広まったそうです。キラキラ素材もたっぷり使われたオーナメントは

クリスマスの浮かれた気分にピッタリ、きっと新しい部屋を明るく彩ってくれることでしょう。ただし、今どこかの海で船に積まれて浮いているツリーがそれまでに到着すれば、の話ですけど・・。

「bombkarnia」 ul. Emilii Prater ホテルインターコンチネンタルの並び、数軒中央駅寄り。

IMG_9255IMG_9256IMG_9259

nimadekurumim at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) belanja 買物