2012年11月26日

ワルさんぽ<集荷場、戻れない駅>


IMG_8691ワル北部の「ウムシュラークプラッツ」、鉄道駅の跡地。

第二次世界大戦中にゲットー内で生活していたユダヤの人々がナチス・ドイツによりこの「集荷場」から、


つまり「物」として「レトブリンカ強制収容所」へ移送され、そして彼らは二度とこの場所に、この街に、この世の中に戻ることはありませんでした。

その人数は26万5千にのぼったとか・・・人が人の「生きて良し、生きていてはいけない」の判断をし、それを実行したという恐ろしい事実。


改めて差別や偏見、人としてするべきこと、してはいけないことについて考えた場所。

IMG_8695IMG_8696IMG_8689



nimadekurumim at 21:33│Comments(0)TrackBack(0) Warsaw jalan-jalan ワルシャワ散歩 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔