2012年11月20日

陶器のある場所

1年半のワル生活で案の定みるみるハマったボーランド・ボレスワビエツの陶器たち。私は主に家からトラムで気軽に行ける範囲内のお店で買い集めていたんだけど、

IMG_4782お友達に誘ってもらってワル郊外のヴィラノフまで、または今日の写真に写っているカバティまで足を延ばすこともありました。

結局行くことのできなかったボレスワビエツではたくさんの工房がそれぞれに陶器を制作していると思われ、となると取引先の違いで、


行くお店それぞれに柄や揃える商品に違いが出てくるのも面白かった

このカバティのお店では初めて「箸置き」を見つけたし、ヴィラノフのバス停近くにあるお店には小皿が充実していたし・・・などなど。

が、東京に戻って「ポーランド食器のある場所」を覗いてみると、ワルではお目にかかれなかったキュートで可愛い柄、色のモノがた~くさん・・・

これらは海外輸出用として作られ、ワルの街は素通りだったのかなぁ。で、ワルで陶器を探す時の参考になれば&私の備忘録として市内でよく行っていたお店を書いておきます。

・ 「ボレスワビエツ」 ボレスワビエツの工房直営のショップ
     Prosta 2/14
・ 「ツェッペリア ①」 ポーランドの民芸品全般を扱うお店
  Marszałkowska 99/101
・ 「ツェッペリア ②」 新世界通りに近い店舗
  Chmielnaの真ん中ぐらい

この3店には東京で「可愛い~!」と思った柄、色合いに近い商品も♪

・ キュリー夫人の生家の隣のお店
・ 新世界通り、入口から数十メートルほど歩いた左側にあるお花屋さん
・ Emilii PlaterのZłoty Tarasyとホテルインターコンチネンタルの間にあるポーランド民芸店。

IMG_4779IMG_4781IMG_4784

nimadekurumim at 12:55│Comments(0)TrackBack(0) belanja 買物 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔