mabuk 酔

2012年07月29日

いただきです


IMG_4406
ということで、そんな「ここ1か月弱、首から腕の痛みに苦しんでいた主人」の横で、飲んべえの鬼嫁は何をしていたかというと、

「あら残念、お酒が飲めないのならば・・

コレ、私がいただいちゃっても良いよね」と、日本からの貴重な和酒を片っぱしから飲み干してました~。

「晩酌相手がいなくて寂しい」なんて言うわけない、ワルの生活が例外なだけ、家で「ダンナ留守のひとり酒」は結婚以来当たり前のこと。相方の状況構わず、どのお酒も美味しかったデス♪

nimadekurumim at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年07月07日

織姫の酒

七夕といえば、少し前に飲んだ日本酒「織姫の里」が美味しかったです。

IMG_1726関西出身の方が「お勧め」と、日本から持ってきてくださった、大阪・交野で交野のお米、水を使って作られたお酒

どうせなら今日までとっておくべきだった(笑)・・・と、二日酔いからは完全復活っ。


nimadekurumim at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月06日

ガッカリだぜっ

朝起きると久しぶりにあの苦しさが・・・ぎゃ~、二日酔いぃ。頭は痛いし、キモチ悪いし、オマケに冷房も扇風機もない家じゅうがムシムシ暑く、身の置き場がない感じです。

IMG_8014ソファでクッションを固めて少しでも胃が安定する場所を見つけたり、やっぱりベッドに戻ったり、

でもダメでうろうろしたり、アイスまくらでアタマを冷やしたり・・・しかしなんで二日酔いになんてなったのダ?


昨晩はワイン1本半弱しか飲んでいないし、思い当たることと言えば暑さ負け?友達とワイワイ調子に乗りすぎちゃた結果なら諦めがつくけれど、普段の家飲みで二日酔いだなんて・・

選ばれているはずの私の肝臓、おまえにはガッカリだぜっ(笑)!


nimadekurumim at 17:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年05月05日

100万ズウォーティの夜景<マリオットホテルのバー>

主人隊長の先導で「マリオットホテル」最上階のバーに潜入。まともに撮れた写真は一枚もないんだけど・・キラキラ光るワルの街にうっとり、

IMG_0233「もっと早く連れて来てくれればよいのにっ!」と、クレーム一発。

「マリオットホテル」はワルシャワのおへそみたいな「中央駅」の向かいにあって、左の写真は市の東側、「ヴィスワ川」方面デス。


斜めに大きく映っているのは「中央駅」の前を東西に走る「イエロゾリムスキー通り」、の光が消える左に細く見えるのが、今年建て替えが終わった「国立競技場」、

6月から始まるポーランドとウクライナ共同開催のサッカー「UEFA欧州選手権」の会場のひとつです。首都の夜景にしてはちょっぴり寂しい?かもしれないけれど、

私には光と闇のバランスがよい、味わいのある風景として記憶されました。もちろん東京の光の洪水も美しい、でも見ていると恐ろしくなる時があって。

そんなワルシャワでもあちこちで開発が進んでます。きっと1年後、3年後、そして10年後の眺めはまったく違うものになっているのでしょうね・・・。

・ 写真左から・・夜も堂々と怪しい光を放つスターリンからの贈りもの「文化科学宮殿」、
   赤いグラスはピーチ注文、ポーランドの蜂蜜酒「Miód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)」を
    使ったカクテル。バーに移動する途中で見た、大統領官邸に浮かぶポーランドの国章
    「王冠をかぶった白い鷹」
 
IMG_0242IMG_0238IMG_0220

nimadekurumim at 23:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年04月29日

挑戦と執念の巻

夕方5時までに「ギャラガ88」で50万ポイント以上を出せたら夕食はどこでも行きたいお店に連れていってくれると、主人が言う・・・。よっしゃ~!午後2時、私の挑戦が始まりました。

IMG_9689「う゛ー!」だの「ぎぃっ」だの、悔しさに足をバタバタしたりの3時間近く、

「うわっ、間に合わない!」と思った制限時間10分前に執念の50万クリアを果たし、最後は57万を超えるまでに・・・

わ~い、外食だぁ。さて、どこに行こう・・。

気持良く晴れて気温がぐんぐん上がった今日は「シャレオツなお店」のテラス席でビールとか狙うべきなんだろうけど・・「どこでも良い」はずの主人が

「イタリアンは先週食べた」とか、「創作系はダメ」とか口を挟んでくるし(笑)。それならば「魚」ですな、いつもの「日本館」ごはんで折り合いが付きました。

私の買い物圏内では見かけることのない「鰺」のフライが美味しくて、嬉しくて・・・。出てよかった50万ポイント、出してくれてありがとうギャラガさま。

家を出た6時でも太陽はヤル気満々に葉っぱをキラキラさせているし、トラムのチケットを買おうにもキオスクが閉まってたし、「ウマいビール♪」のためにもお店へは歩いて行きました、

日差しも風も心地よい道中。そして満腹、ホロ酔い帰りの夜空には明るさが残っていて、一晩中遊んでいられそうな、浮かれた心地に(実際、徹夜はムリ、な年頃デスケド)。

厳しい冬を越えて、夜の散歩が楽しい季節になりました。

IMG_9676IMG_9678IMG_9683






IMG_9692IMG_9684IMG_9700



nimadekurumim at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月31日

ポルトガルのワインたち

週末にあれこれまとめ買いに行くお店ではワイン選びを主人に任せ、私はそのワインエリアをウロつくことが多いデス。一番面白いのは「ポルトガル・ワイン」のコーナーで・・

IMG_5926「ポルトガル・ワイン」と言えば少年隊のヒガシがCMをしていた「マテウス・ロゼ」(猛烈に古っ!)ぐらいしか思い浮かばず、

「好んで飲む」のではないけれど、他の地域に比べて「エチケット」が格段に可愛いのです

絵本やイラスト本を眺めるような、楽しいひととき。

そして上の写真、「老朋友」とあるワインは「中国産」かと思いきや・・・これもポルトガル産。ナゼか「日本、レバノン、イスラエルワインコーナー」に置かれてます。

漢字のエチケット→「日本コーナーに保管」、してしまったキモチはわからないでもない。

けど、立派にペイントした看板を掲げ、「日本・レバノン・イスラエル」を同じくくりにしているのは・・なんで(笑)?ちなみに隣の看板は「南アフリカ、チュニジア、モロッコ」のくくり、

これには納得なんだけど。

IMG_7597IMG_7598IMG_7600



nimadekurumim at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月07日

3日ぶり2回め

またもや二日酔い・・・日曜日に続いて今週2度めの苦しさに「う゛ぐ~っ!」、あたしって懲りないヒトです。昨晩は「2人でワイン3本」の結果がコレ、

IMG_6600今回も二日酔いライン「一本半」の山が越えられずに悔しいっ!

しかも学校にも行くことができず、「おサボり」という・・帰国中以外、初めての欠席のワケは非常に情けないものとなりました。

でもまあゆっくりと誕生日を祝うことができ、

IMG_6467二日酔いになるほどお酒が飲めたなんて「めでたい!」ってことで良いっか・・・良いのか!?

これら、テンポよくみるみる体内に吸収されていったワインは「アルカディア」近くの「Mielzynski」より。


IMG_6463レストランも併設されたワイン売場で主人はボトルたちをじ~っと眺めて歩き、手に取り、何かブツブツ言ってマシタ。

「ま~だぁ?」とか言うのは悪いので・・・私は同じ敷地内の雑貨やさんへ。

で、雑貨を前に主人と同じくず~っと眺め、手に取り、「うひゃ、可愛い」とか過ごし・・お互いの好きなものがあるこの一角、使えてま~す。

  「Mielzynski」 http://www.mielzynski.pl/mielzynski_eng.html


nimadekurumim at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月27日

報酬


IMG_0774近所のお店には「バーボン」の好きな銘柄が売ってません

ので、テネシー・ウィスキー「Jack Daniel's」を常備して、毎晩寝る前にロックで1杯、2杯、いや3杯・・・

で、主人がこのボトルに手をつける時は「ちょっとチョ~だい」って、なぜかいちいち私に言うのです。

「自分の稼ぎで買ったものなんだから、いちいち私にことわることないぢゃん!」って返してみたら、「これは家事労働で得た報酬でしょ?オレのものじゃないんだよ」、ですって。

はぁ・・なるほど、私の「主婦業」に対する報酬は「Jack Daniel's」の支給だったのか(笑)、うん、悪くない

nimadekurumim at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年01月08日

ふじよしでポー!


IMG_4100明朝、主人は一足早くワルに戻るのでっ、最後の晩餐は「待ってました!」の、寿司店「ふじよし」にて。

「会えたらいいな、きっと会えるよね」と思っていた常連さんご夫妻もカウンターにいらっしゃり

いつも、そしてず~っと変わらない、大将、おかみさん、お店の方々の温かいおもてなしと、それはそれは美味し~い海の幸、お寿司たち・・とってもう゛れ゛じ~いっ!!デス。

お正月ということで、メニューにはない「七草がゆ」をご馳走になったり、常連さんご夫妻からの「祝い酒」、デザートをいただいたり・・・

で、さらにビックリ感動だったのが・・・ポーランド料理「プラツキの魚卵のせ」の登場

みなさんと「ポーランドのあれこれ」を話している中で、説明をしたこの料理。「ん?おかみさんの姿が見えない」と思っていたら・・厨房であっという間に再現してくれて目の前に。

しかも、載っている魚卵はスタンダードな「怪しげレッドキャビア」ではなく、「寿司店のい・く・ら!」という超高級バージョン。

粗く刻んだジャガイモの食感と美味なるいくら、サワークリームのコンビネーション、ポーランドで食べるよりも断然美味しい一品でした。本当~に嬉しかった、ありがとうございました!

写真左下は人気メニューの「えびまよ」。ワルで何度もマネしたけれど、絶対にこの味にはならない(当たり前!笑)・・いつもに増してじ~っと眺め、味わい、少しでも近付きたいなぁ。

<きょうの東京ごはん>

 「ふじよし」 東京都豊島区要町 3-11-12  03-3956-0058

IMG_4094IMG_4096IMG_4097






IMG_4095IMG_4101IMG_4102

nimadekurumim at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月20日

99日ぶりのポン酒

昨晩の鍋宴会、「お鍋ならばやっぱりコレでしょ!」と、思いがけないお土産なんと日本酒をいただきました(涙)。

IMG_2530ワルで売っている怪しげだったり、船での長旅に疲れた、「オサケ、だよね?」じゃぁない、

飛行機でサクっと運ばれた奈良県からの1本、

グラスに注げば、ふわ~んと甘く香り、飲めばスッキリサッパリ、優しい味わいです♪ 

99日ぶりの風味、喉ごしに湧きあがる幸福感、「やっぱり日本酒って美味しい~!」って強く、強く思った、日本で生まれたブラボーなお酒。

ですから、よその国のとある村の新酒の解禁を喜び、祭る以上に、お米の収穫を喜び、お米から生まれるお酒の完成、または芋の収穫、焼酎の出来を祭るべきではないかと・・・

日本を恋しく想う夜。


nimadekurumim at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)