restoran di Warsaw ワルシャワ外ごはん

2012年11月15日

ワルごはん<Concept>

ここ最近でピカイチ素敵と思った「Concept」のランチ。お店はトラムの停留所「SMYK」と「Muzeum Narodowy」の中間を少し南に入ったあたり、

IMG_9442GUCCIやFENDI家具のショップが入ったオシャレな黒いビルの中にあります。ランチ・コースは4品プラスデザートで、

前菜は白いお皿に葉っぱとチーズとソースが描かれた、正直食べ応え的には「?」な一品だったけれど、


女子はこういうのに惹かれますよね~。続いてのわかめのスープは日本料理を意識したのかな?という風味、野菜のダシが甘いリゾット、

それからここで胃袋にインパクト!というお肉まで、丁寧にサーブされる度に歓声をあげ、ボリュームと甘味の抑えられたデザートも良いカンジでした

壁には立派なワインセラーもあったので「ぜひとも主人とディナーに」とか、その時は思ったんですけど・・・まさか日本食ラバーの主人とは実現するわけもなく。

ってか、ホテルに移ってからふたりでの外食7回中6回が日本食、送別の会を開いてもらう時だけが洋モノのチャ~ンス!という状態・・・

日本に帰ってからもつくづくあれこれ勿体なかったなぁと思うのです。

 「Concept」 ul.Bracka 9

IMG_9445IMG_9447IMG_9448






IMG_9450IMG_9444IMG_9441

nimadekurumim at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月12日

ワルごはん<Plater Restaurant>

ワル最後の晩餐はホテルインターコンチネンタル内の「Plater Restaurant」にて。Emilii Plater通りにあるから「Plater」、

IMG_0038名のあるシェフがポーランド料理の新しい世界を提案、提供しているようです。なので、案内の時に

「キッチンが見える席はどうか」と勧めてもらいました。が、オバちゃん、喋り出したら周りは見えなくなるので・・・

片側がソファになった静かな席を選択。

豚の脂をアレンジしたアミューズブッシュには、2年前に引越しが決まって「ポーランドはどんな国ぞ」と読んだ本にあった「脂の木曜日」という日が一番気になったことや、

暮らし始めてみるとポーランド料理は豚の脂を上手に取り入れているのが驚きだったことを想いだしたり。私はホタテとラム、主人はガチョウの燻製と鹿、スタッフさん一押しのキノコスープも、

メインの前のソルベも黒パンにフワッフワのバターまですべてがとっても美味しくて、ワインリストにはなかなか見かけることができないポーランドのワインもしっかりアリ、

グビビといただくことができました。さらに食後に「ショパン・ウォッカ」の会社が作っているというお酒を・・・甘味は蜂蜜なのかな?

ということで、ワルの最後の最後まで飲んで、食べて、また飲んで・・・明日は朝4時起きだということ、すっかり忘れ・・・たい・・・。

「Platter Restaurant」 ul. Emilii Plater 49

IMG_0048IMG_0051IMG_0057






IMG_0054IMG_0052IMG_0058






IMG_0060IMG_0043IMG_0042






IMG_0055IMG_0062IMG_0066



nimadekurumim at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月10日

ワルごはん<さよなら将軍>

家からかなり遠かったけど、通わずにはいられなかったレストラン「将軍」へ。絶品の肉バラ、キムチ、何よりいつも親切にしてくださった女将さんとお別れするのは本当に寂しいです。

IMG_9837丁寧に準備された一品一品、いつも新品のように磨き上げらているコンロ、網・・・

訪れる人それぞれへの温かい心くばりから「生きる姿勢」みたいなものを勝手に勉強させてもらったし、


美味しいお皿達が、日本と違う食文化の土地にいるストレスを解消してくれていました。

少し前にメニューに登場した「大トロ」、いつものチャミスルから趣向を変えての赤ワインも美味~。今後は家から恐ろしく遠い店になるけれど、いつかまた伺うチャンスに恵まれますように。

IMG_9835IMG_9832cpyIMG_9844






IMG_9842cpyIMG_9829IMG_9828








nimadekurumim at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月07日

ワルごはん<Kayasushiで共焼き>

韓国と日本の定番料理が食べられるレストラン「Kayasushi」で「サムギョプサル」に舌鼓。甘くて美味しいポーランドの豚肉だもの、300gなんて2人であっという間にペロりです。

IMG_9478鉄板の縁から滴り落ちる脂に「この分は摂取していないからダイジョウブ」と安心したり、

「私の肉を焼いたらもっと脂が出るんだろうな~」と思いながら、

たっぷりの野菜、キムチやナムルの小皿、味噌などを自由に組み合わせてパクパク。

そのうちに野菜に手をのばした私の腕も鉄板に当たって「ジュっ!」と音を立てて・・あ~、ホントに自分も「共焼き」しちゃいました

海鮮たっぷりのサラダも美味しかったし、残念ながらシャリのカンジが好みではないけれど、小さめに握られ、ネタとのバランスが良い握り寿司にも満足だったブー。

 「Kayasushi」 ul. Grzybowska 30

IMG_9483IMG_9473IMG_9481






IMG_9486IMG_9474IMG_9488

nimadekurumim at 23:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年11月05日

ワルごはん<ROMAのワルガキ>

達夫妻と4人、「OSTERIAでがっつりシーフードを食べよう!」と計画したら・・まさかの改装中ですぅ。しか~し!ガッカリするには早かった・・・

IMG_9417場所変更で集まったレストラン「ROMA」は系列店?なのか、「OSTERIA」の「生牡蠣」もちゃ~んと記載されたメニューがあって、

それを渡してくれたスタッフさんも「あれ、OSTERIAの方ですよね(笑)?」という展開になり・・


またまた「あたしらラッコか?」ってくらい、生、そしてベイクドの牡蠣を堪能してきました。小さいけれど、と~っても可愛い、雰囲気ある「ROMA」の店内。

百合がほのかに香るテーブルで牡蠣の他、タコのカルパッチョやサラダ、絶品パスタに美味しいワインもた~んといただいたのに、とにかく夢中で喋り、合間に食べ、笑うのに忙しく・・写真のことはすっかり忘れてた。

転勤の先々で素敵な、良い友達に恵まれている・・シアワセ者です

 「ROMA」 ul.Belwederska 17

IMG_9415IMG_9424IMG_9423






IMG_9419IMG_9420IMG_9413










nimadekurumim at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月20日

ワルごはん<ワルガキ>

な~んだ、ワルでも超新鮮な魚介、生牡蠣まで食べられるお店があったのだと今さら知って、嬉しさ半分、悔しさ半分・・・。

IMG_8813牡蠣についてはしっかりと去年の分、今年今までの分を胃袋に収めてきました。Koszykowa通りにある「OSTERIA」にて。

なんだけど・・ネットの間違った位置情報を頼ったために、お店検索、予約担当の私が主人から「またやっちゃいましたか」


の厳しい目線にさらされ、共に憲法広場界隈をウロウロする羽目になり

さらに正しい場所であるはずのビルはKoszykowa通りに面した部分が大々的工事中で、とてもレストランが開業している状況には見えず・・・

Lwowska通りを右に曲がった奥にやっと宵闇に浮かぶ入口を見つけた時はものすごい達成感(笑)。「ト○ップ・ア○バイザー」さん、住所も地図も間違ってま~す。

お店の中はそれほど広くないフロアと奥にパーティースペース。

魅惑的な魚介が並ぶ大きなショーケースが活気あるオープンキッチンと客席とを隔てていて、全体的にも女子がメロっとくる素敵な空間。

その一角に座り、生、そして「OSTERIA風」の牡蠣に鍋いっぱいのムール貝、さらに貝類たっぷりのぺペロンチーノ・・・「あたしらラッコか?」ってくらい貝に執着し・・・

貝以外、ツナタルタルもワインも美味しくて、居心地の良いお店でした♪

 「OSTERIA」 ul. Koszykowa 54

IMG_8811IMG_8798IMG_8806






IMG_8810IMG_8816IMG_8819






IMG_8802IMG_8796IMG_8795



nimadekurumim at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月15日

ワルごはん<TOKIO>

今回の引越しでも実力を発揮するチャンスに恵まれなかった(?)主人が「お疲れ~っす」の晩ごはんに連れていってくれました。

IMG_8284ヴィスワ川近くの日本食、焼肉を中心に中国、タイの料理も食べられる「TOKIO」へ。

こうしておかないと後々面倒なことになると、過去の引越しで身に沁みている・・・

てか、単に自分が焼肉を食べたかったみたいデス(笑)。

ギンギンに凍ったグラスでく~っとビールを流し込み、ワルでの刺身の常連・・サーモン、まぐろ、アブラボウズさんたちをつまみ、

焼肉は本格的、というより家庭的?「あれ、ウチの焼肉に近い?」とか生意気にも思ってしまったんだけど、ほどよく味噌が浸みこんだ豚バラは「さすがプロ!」。

和食をガッツリ食べる気だったわりには「タイ風サラダ」に一番グっときて、

〆の炒飯、ごはんもの、麺類の充実っぷりに悩み、ひとりでフロアを鮮やかに仕切るスタッフさんの仕事っぷりに惚れぼれした「TOKIO」の時間でした~。

 「TOKIO」 ul. Dobra 17, Warszawa

IMG_8302IMG_8298IMG_8310






IMG_8305IMG_8312IMG_8294


nimadekurumim at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月01日

ワルごはん<日本食レストラン・稲波>

家の近くにある日本食レストラン「稲波」。「稲」は日本の米、「波」はポーランドの「波蘭」からとっているそうで、カラオケ設備あり~の、食以外の「日本」も感じられるお店。

IMG_7842厚揚げ焼きや串焼き盛り合わせにホッ、お寿司も美味しいです。

お刺身とお寿司のメニューは日本食に馴染みのない人にもわかりやすくなっていて、敢えて漢字ではなくひらがな?

上寿司が「Jo じょう」っていうのも新鮮でカッコ良いかも(笑)。

ポーランド、または他の国から来た人々がローマ字と照らし合わせながら「お・さ・し・み・も・り・・・・」な~んて読んでいるかと思うと嬉しくなります♪

 「稲波 Restauracja Japońska Inaba 」 ul. Nowogrodzka 84 / 86

IMG_7837cpyIMG_7823IMG_7832






IMG_7840IMG_7828IMG_7844

nimadekurumim at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月01日

ワルごはん<やっぱり将軍>

「将軍」で3か月15日ぶりの「お店焼肉」。「おやつ」もぐっと我慢をし、万全の態勢で出かけました。が、こちらの「キムチ」がこれまた美味しくて・・・。

IMG_5840とりビーと共にひと皿を平らげる勢いになってしまったため、お肉に関しては若干「負けた感」もあったけど、

ほどよい薄さ、塩加減、ネギとの相性がたまらない「ネギタン塩」、

絶品「豚バラ肉」に「カルビ」・・・・〆の「ビビン麺」まで、本当に何を食べても美味、

ホッとできる雰囲気、温かいもてなし、家から結構タクシーに乗っても、やっぱりここまで来たい、食べたいのレストランです

運転手さんに住所を告げても、「あのジャパニーズレストランに行くのか?」とご存知で。

 「将軍」 ul. Migdałowa 12, Warszawa

IMG_5848IMG_5846IMG_5854



nimadekurumim at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年07月28日

復活のきざし

ここ1か月弱、首から腕の痛みに苦しんでいた主人。屈む姿勢も、パソコンを打つのも、歩くのさえ辛いと、テンションも超低空飛行。

IMG_4847食欲がないばかりか、大好きなお酒にも手をつけないし、さすがに心配でした・・が、

ここ1週間ほどぶり返している暑さに誘われたのか「夕方はビールでも飲みに行くか?」と。


あ゛~、うれしい!辛さのために仕事とリハビリ以外の外出は一切ナシ、苦しんでいる人相手には言えないが、せっかくの夏に旅行・・はムリでも、

せめてもの外ご飯さえ行けないなんてつまんない・・と、心の中で思っていたのです(って、態度にはメチャクチャ出ていたと思うけど・笑)。

陽が傾くのを待って、近所の、味が安定しないイタリアンレストランのテラス席にて「生ビール」をぷは~っ!見上げた空、雲間からはピカ~っと綺麗な光が筋になって輝いていました。

どうかこのまま順調に回復して、愉快な夏がやってきますように・・・。

IMG_4848IMG_4853IMG_4858



nimadekurumim at 22:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)