2017年04月19日

まんぞーく

宴の会場店の連絡を受け、地図で場所を確認すると「あれ、ここは違うお店では?」。

20170419_175947132現地に着いて「な~るほど」・・ビルの2フロアにまたがり「石窯ピザ」をウリにしていた「LOGIC」の上階部分が、

ウリを熟成肉&ワインに、名前も「MANZO」に変えて営業中でした。設えもほぼ同じなので、キブンもほぼ「LOGIC」(笑)。

がしかし、「LOGIC」の肉料理はイケてると思っていたので全面に出すのもアリだし、確かに同じ店で2フロアより、フロアごとに名前を変えたらその分、来店者は増えますねー。

とにかく、「LOGIC」同様、飲み放題のコースながらスパークリングワインがあったり、料理の内容が豊富、ボリュームもあったり、なにかと「マンゾー」くな時間でした。

20170419_18194738020170419_18194972220170419_192614023

nimadekurumimm at 23:15|PermalinkComments(0) minum di Nakano 中野飲み 

2017年04月18日

シャットアウトっ

前向きなキモチで始まった今週だけど、こういう時に限って納得いかなすぎることとか、「それは頼り、甘えすぎダロ」とか理解不能なことが次々に起こり、

d140e6d0-sさらには仕事後にも落ち込む言葉がスマホを通じて運ばれてきたりです。

「納得いかなすぎる」、「頼りすぎ、甘えすぎダロ」、「落ち込む」のは、もしかして自分の受け取り方なのかなぁ・・・

この1か月ほどの特にアタマまわりの絶不調のせいなのかなぁ・・・。

ただいま8時を過ぎたところ、なのに既に致没量ギリギリまでのお酒も摂取しちゃったし、こういう日は寝ることによって外的、内的なすべてをシャットアウト!するしかないですね。

ってことで、おやすみなさ~い(笑)。

nimadekurumimm at 20:13|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 | mabuk 酔

2017年04月16日

祝いの春鮨

23回めの入籍記念日、は一昨日4月14日・・・私があれこれ設定した「記念日」が多いのと、諸々の状況から「記念日当日は夜7時に主人を美味しいお店の隣席にロックオン!」

20170415_202339397が難しい場合も出てきて、昨晩も1日遅れで主人の身柄確保@神楽坂「松もと」でした。

考えてみたらこちらの鮨店に伺うのは秋冬に集中し、春を味わったのは初めてのこと。

野付産のホタテをスタートに、さっぱり甘いカツオ、美しく透き通るサヨリ、サクラが薫る白魚など、この23年の「鎹」である美味しい食べ物、お酒に囲まれる祝いのひとときです。

特に「サクラの香り」は、主人の両親を実家に招いた時にまず出した「桜茶」が思い出され、

良い塩梅を探るために事前に何度も何度も自分、母と飲み比べたことから、当時の結婚に向かう独特のワクワク、不安、諸々の感情が蘇るようでした。

そう、そんな若い時があったんですよね~(笑)。まずは「24回めの入籍記念日」を目指し、「鎹」の力を借りながら(?)一緒に歩きつづけられたらと思います。

20170415_18410916320170415_18533897920170415_190154235




20170415_19154803520170415_19280774220170415_201439828



2017年04月15日

応援カレーだもん


DSC_1272熊本震災から一年、ブランチは阿蘇の「あか牛カレー」です。

去年7月、「勝手に大分&熊本応援旅」で「阿蘇くまもと空港」の仮営業中カフェで食べた、


やはり「あか牛」を使ったカレーを思い出す風味。

熊本だけでなく、近年に起きた震災の応援では「旅する、食べる、飲む」関係ばかりで、それ以上踏み込んだことはできていないけれど、何の行動でもやらないよりやるほうがまだ良い?

とか思いながら、自分のペースにちょっと積極性をプラスして続けています。

熊本では震源から近い場所に「ぐちゃぐちゃ」になった両親の墓があり、この一年は私たち姉弟にとってまた別に辛い諸々があったことから「ぐちゃぐちゃ加減を確認したまま」になってました。

が、ここにきて年内には何とかしようと、姉弟でやっと動き出せている春。

nimadekurumimm at 21:30|PermalinkComments(0) makanan 食 

2017年04月14日

フルールな金曜日

金曜日、2週に亘る職場のレイアウト変更。自分や所属の機器、そで机などを運ぶ労力が必要なのは夕方5時以降・・ってことで、今日はいつもと2時間ズレの11時出勤、7時まで勤務です

 20170414_210501352仕事が始まったと思えばすぐにランチなのは嬉しかったけれど、その後にど~んと6時間の仕事や作業が待っているのにはうへぇ~。

ならば、お昼休憩を後にずらせばよいのに、それが出来ない食いしん坊(笑)、かつ、お昼ご飯を遅い時間にとりたくなかったのは、

業後の「焼鳥」をタイミングよく、美味しく食べたかったからデス。飯田橋に続き、近所に2号店がオープンした「ブロシェット」は、「フランス色」を全面に出した焼鳥店。

焼き方、注文を通すスタッフさんはフランス語でやりとりをしており、店内の設え、薬味が入ったボトル、お通しも「いわゆるの焼鳥店」とはかなり違っています。

コース以外の料理はテーブルに備えられたシートに記入、注文するようになっていて、お喋りと飲みに盛り上がるのは必至な状況にそれは面倒くさい、ので、コースをオーダー。

キノコのソテー&ポテトサラダの小皿、大ぶりの串が六本、野菜焼、最後にカレー風味のチャーハンにスープといった内容でした。

グルメサイトの「箸休めの大根おろしが最後に出てくるなど、サービスが回っていない」のクチコミに感じた不安は実際、「大根おろし」は箸休めの役割ではなく、

「つくねと食べてください」の説明とともに、あえて後半に出てくるコンセプト・・・ネットの書き込みにまどわされちゃぁ、ダメですね。

コースのごはんもの手前で、もうちょい食べたい気がしての数品追加注文、ワインはボトルでシュワシュワから赤へ。最後まで「焼鳥店にいるような、いないような」の空間で楽しんだ花の金曜日。

20170414_19345107820170414_20211878120170414_195800885




20170414_20573819020170414_20024829620170414_215753080



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) Bar di Kagurazaka 神楽坂飲み 

2017年04月13日

カラぁス~、ナゼ盗る・・・の?

週明けのこと、洗濯を干そうとして「へっ?」・・・干竿にかけてあった洗濯用ハンガーが一本残らず消えています。出勤前の慌ただしさの中でもガック~ン、そしてしばし茫然。

b8ebb872転勤同行先へも持っていった、長年愛用の「無印良品」の洗濯用ハンガー10本が8本になり、

またしばらくして5本から4本になったのは去年の5月。

鳥に持っていかれたとしか考えられない事実に愕然としながらも、何本か買い足し、保管に気をつけ、その気が緩んだ冬の半年ほどは何事もなく過ぎていたのでした。

それがここに来て一本残らずきれいさっぱり全部持って行かれ・・・鳥は春に「巣作り」を頑張るのかなあ?形状やそれなりの重みからスズメやハトにはムリ?持っていたったのはカラス?

「可愛い七つの子がある」のなら、ここは諦めるしかないのかっ(笑)。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2017年04月12日

神楽坂飲み<ブロンクス>

一昨日の祝いの宴は19時スタートの約束。余裕を持って会社を出た17時時すぎに恩師から電話が入り、「もしや、都合が悪くなった!?」と、恐る恐る折り返すと、

20170410_221847851既に神楽坂に到着し、「夕暮れ飲みちゅう」とのこと。「偶然入ったら居心地が良いの」と説明されたバーに駆けつけ、

思いがけない、嬉しい、大歓迎な「夕暮れ飲み」にジョインです。

20170410_180611648その「居心地の良いお店」は私も初めて入る「ブロンクス」。

6時前という飲みには早めな時間でも、大人めな人々で既ににぎわっていて、ほどよい照明、細長く奥へと伸びる空間、

ハッピーアワー、カジュアルで豊富なメニューなどが心地よさを醸し出しているのかも。

改めてネットで情報をチェックしてのオドロキは朝7時開店でモーニングあり、ランチ営業あり、平日の閉店は朝4時!何かと便利なお店との出逢いでした~。

で、早速宴の後の二次会、つまり一晩で2度もお邪魔しちゃったという(笑)。



nimadekurumimm at 23:56|PermalinkComments(0) Bar di Kagurazaka 神楽坂飲み 

2017年04月11日

寒雨る(こもる)

昨晩の祝宴は翌日の予定を気にせずに楽しむ意気込みで、今日の仕事は休みをもらっていました。桜もまだまだ咲いているし、午後は都内をウロウロしようかなぁ、な~んて。

DSC_1284ムリムリ、冬に戻ったかのような寒さと降り続く雨。

数日前に天気予報を見た時点で「散歩出来ないなら休みは午前中だけにし、午後は仕事しようか」との迷いがありつつ、

仕事の相方の「いやいや、ゆっくりしてください」の言葉から一日休暇にして、ホント~に良かった!この寒い雨の中職場に向かうキモチを想像しただけでブルブルっ。

ということで、久しぶりに「一歩も家から出ない一日」。気になっていた棚の中を整えたり、のんびり半身浴をしたり、確実に「ゆっくり」できました。こういう日って大切ですね。

と、仕事はしていないけど、晩酌はがっつりする(笑)。「Palau Cava Brut」はお気に入りの家飲みカヴァで、スッキリとした辛さの中にまろみがあり、何杯でも飲めちゃいます。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2017年04月10日

祝いの炉端にて


20170410_212447223子供の頃から音楽を学んだ仲間と恩師の慶事を祝う集まり

想えば人生の5分の4は先生、この仲間と歩き、楽しい時間、美味しい空間を共有し続けているわけで、

何十年の間には子供なりに音楽と向き合う諸々、受験や学生時代、卒業後のあれこれなど、それぞれが置かれた状況は変化つつも、

価値観もキモチも同じ方向を目指し、ず~っと親しく、互いを尊敬しながらつながっていられること、そしてずっと先生とご一緒したかった炉端焼「万年青」に案内でき、

その風味に感動していただけたことも嬉しかったです。たくさん食べて、飲んで、笑って・・・最後は「ホタテ焼」からの〆雑炊、絶品すぎる!!



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) pesta 宴 | teman 友

2017年04月09日

ドヤドヤ想ふ日


DSC_1235主人がドサ回りから疲れて帰って来たある日の晩酌。私が焼いて出した肉が美味しくないと選手交代、

チーズを巻いたり、フルーツのシロップ漬けをベースにしたソースを添えたりと、なにやら手の込んだものを作ってくれました。

疲れているからこそ、不味いものは食べたくないらしい・・・(汗)。

その一品は、なかなか家で食べられない風味で、それをチャチャっと完成させたのは身内ながらスゴイと思います。とか、主人は最近メキメキ料理の腕を上げていて、

素直に感想を伝えればやっぱり「ドヤ顔」に(笑)。願わくは、この調子で私にも「なかなか家で食べられない風」を望むのをやめる、使った調理器具を洗うようになる、です。

亡き私の父もおつまみとラーメンはマメに作るタイプで、「ドヤ」っぷりは食べる側がまだ口に運ぶ最中から「どうだ?美味しいだろ?」と迫ってくるほど。そして、後片付けは一切やらない。

幼い頃はそういうことを肯定的に見ていたわけではないのに、なんだかんだ、父と同じタイプの人と結婚したんだなぁ、と想う22回めの入籍記念日直前&今日は33回めの父の命日。

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) makanan 食