2013年11月

2013年11月30日

みんなでおみせ訪問

今夜は高校のクラスメートがオーナーシェフな板橋区役所前の洋食店「テルポリート・フロム・ユキノヤ」に集結。集まった14人もクラスを越えた高校の同級生という宴でした~

DSC_1671一応私が幹事でシェフと連絡を取り合い、用意してもらったパーティーメニューはイタリアンから懐かしい洋食も織り込まれた華やかなラインナップ。

店内奥のスペースを占領し、旧友が作ってくれた美味しいお皿をみんなで賑やかに囲み、

昨日が誕生日だった友達をお祝いする時間がそりゃ楽しかったのなんのって。

私が前のめりに飲みすぎてもはしゃいでも「ま、胡桃はあんなカンジだから(苦笑)」と、長年の慣れで受け止め、流してくれる空気が素敵、ありがたくて、今夜の宴も200%満喫してきました。


30年近くぶりに会ったシェフは、他のみんなのことは同じ年月ぶりでも「○○さんでしょ!」ってわかったのに、私のことはまったく気づかず・・・しばら~く「幹事が来ない」と思っていたそうな(笑)。

そうとは知らず席にどっかりと座っていた私は「もしかして胡桃さんですか?」とビックリされて逆ビックリ・・そんな事も「久しぶりに集まる醍醐味」だな、と想ったのでした。が、あたし、そんなに変わったかしら~ん

DSC_1665IMG_20131201_090743DSC_1669






BlogPaintBlogPaintBlogPaintIMG_20131201_090718



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(4) teman 友 | pesta 宴

2013年11月29日

粉雪まみれ

主人が忘年会に向けて即席バンドを組んだらしく、家にはバンドスコアのコピーも。担当はボーカルで、何度かスタジオでの練習もこなしたそうです。

DSC_1652が、全員にバンド経験があるとはいえ、それはるか昔のこと。

着実にボーカルパートを誘導してくれる「カラオケ」とは全く違い、それぞれの楽器が乱れ気味に奏でる音、リズムやテンポがなんとも心細く、

「歌の入りがわからなくなりそう」と珍しくビビっているご様子(笑)。

で、夜遅く帰ってきてはテレビにYoutubeのカラオケ画面を映しての練習に余念がありません。

その選曲なんだけど・・・出席者の年令構成から「チェッカーズ」の「Song for U.S.A.」 はまぁわからなくないとしても、レミオロメンの「粉雪」って宴会にはちょっと寂しすぎるのでは?

単に主人がこの曲を歌いたかっただけ(笑)?とか、夜な夜な家に響き渡るこな~ゆきぃ♪」の哀愁漂う旋律に、なんだか気分が滅入るこの頃です



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2013年11月28日

夜の枝

とか書くと、なんだか小説のタイトルみたいですが・・・相変わらず&ただの「飲みログ」(笑)。今宵は酒店に併設のワインバーに行ってきました@中野

BlogPaint酒店部分は「小西酒店」、バーコーナーは「ラ・ブランシェ(枝)」という、日替わりで一種類のみのスープランチが大のお気に入りなお店。

やーっと念願叶っての夜の部訪問は・・・これまた期待を裏切らない、むしろ思い描いた以上で、居心地良いアットホームな雰囲気は昼夜変わらず、

事前予約に対してはウェルカム・カードを用意して迎えてくれました。

マグロを使った突出しから「おっ♪」となる奥行きある味、時期のカキは「アンチョビソースのオーブン焼」と「ピザ」で堪能し、丁寧に作られたその他のお皿、ソース、ドレッシングも絶妙で美味しかったです。

丁寧さを感じる分、サービスはゆっくりめだけど、店内に売るほどある(笑)泡、赤、白ワインのグラスを重ねながらゆったりした時間を楽しみ、

 白のグラスで提供されたニュージーランドワインはすっかり気に入ってーの、一本購入してーのお持ち帰り。 酒店に併設されたワインバーを正しく使って?きました(笑)

DSC_1637DSC_1640DSC_1638






DSC_1644DSC_1645DSC_1642






DSC_1646DSC_1634DSC_1633



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) minum di Nakano 中野飲み 

2013年11月27日

バカボンのほっぺたな~のだぁ

2週間ぶり2度めの「マグロマート ハンチカ」@中野。ホント、がっつりとマグロを食べるには面白いお店で、マグロマートに広がるマグロワールドを堪能。

DSC_1468まずはの刺身で食べたい、マグロのいろいろな部位が載った名物「マグロ箱」は「2人前」サイズ・・・

ということで、3人でテーブルを囲む今宵は「天然マグロの脳天」を追加。

まるで「バカボンのほっぺた!」な美しい渦巻を口に運べば、私の脳天がとろけてしまう美味しさです。


バカボンの横に添えてくれたのは「養殖マグロの脳天」。まず色や見た目からも違い、その脂の差は歴然。
天然の爽やかな「トロり」を食べた後は、その脂っこさがわざとらしく感じたのでした。

などなど、マグロを「いろいろな部位」という方向からだけでなく、「いろいろな調理法」でもいただけるお店。

前回も書いたけれど、刺身あり、サメの軟骨入り梅肉和えあり、そして手には焼酎でも、お店のくくりは「イタリアン」なんだそうです(笑)。

そして、マグロの「脂」について「こってりしたのはどうも・・・」と話した時にスタッフさんが「年齢的なことですよね?」とストレートに突っこんでくれるあたりもグっとくる、まさに建物の半地下に位置するお店。

DSC_1624DSC_1627DSC_1470

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) minum di Nakano 中野飲み 

2013年11月26日

名を取り戻すまで

ちょっと前から毎朝、そしてランチで外出の後は、オフィスがある5階まで階段で上がっています。ビルは1階と2階の天井が他の階よりも高い構造だから、実際は6階くらいまで上がるカンジ?

DSC_1615すっかり忘れていた「1日1時間散歩」も再開したり、食生活にも「最低限の節操を」を掲げるという、

もう何度めだかも覚えているはずがない「ダイエット的生活」に取り組むワケは・・家の中で私の名前が消えてしまったから。

最近の私のあまりの巨大化に主人が本来なら名前で呼びかけるところを、あえて「デブ」と置き換えるのです。「ねえデブ、○○を持ってきて」という調子に。

って話すとみんなが「なんてひどい!」と同情してくれるけれど、「これくらいしないとお尻に火がつかない」ことを知った上での「愛のむち」だと受け止め・・・なんてやっぱりムリ(笑)。

あまりにも悔しくて、「ちくちょー!」と、主人を見返すことに燃えるこの頃なのでした(ま、この辺りの性格も読まれての「デブ」発言なんだけどね)。

元の体重に戻ったら、本人だって着々と巨大化している主人にもちろん、10倍返しダ

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) sehari-hari 日常 

2013年11月25日

あわてんぼうのサンタ’プレゼント

宅配便で届いた「クレマン・ド・リムー」12本、主人からのちょっと早いクリスマスプレゼントです

DSC_1591バッグ、アクセサリーなどへの興味が強くない私にそれらを贈ってもまさに「豚に真珠」。

さすが結婚して20年近くになると、この辺り、最も喜ぶものを的確に選んでくれるんだなぁと、ちょっぴり感激しました。

で、せっかくの「クリスマスプレゼント」なのですが・・・私の日々の酒量、ペースではクリスマスのかな~り前に、1本残さずなくなってしまうこと、必至(笑)。

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) sehari-hari 日常 

2013年11月24日

チャリチャリ洋服ポスト

秋晴れに誘われ、昨日は西神田に設置された洋服ポストにもママチャリで出動しました。洋服ポストの利用は7月、西早稲田会場に冬、春物を持ち込んで以来2度め。

DSC_1580受付で洋服を入れた袋ごと預ければ5秒で終了!という手軽さと、

大好きだったけど着なく・・、いえ、着られなくなった服たちが世界のどこかで活躍してくれることの安心感が良いなぁと思っています。

帰り道には、「まだ健在!?」の後楽園・黄色いビルが現れて胸キュン。


「後楽園に行く」という父の後を「素敵な遊園地」を思い浮かべてついてゆくと、到着地は馬券場。ガックリ、泣きながら帰った幼い日を思い出しました(笑)。

そして夜、今度は主人が「ダンナ元気で飲み会に出動」でひとり晩ご飯だったので・・・

私も負けずに(?)出動(笑)。1時間を歩いて千石「まさひろ寿司」まで遊びに行き、たまたま隣の席になった顔見知りの方に「オバチャンの一方的な喋り倒し」に付き合ってもらいました(汗)。

美味しい魚介とお寿司でお腹がいっぱいになった後は、ぷっくり、塩加減が絶妙な炒り銀杏を肴に、お酒がますます進むんだな、これが

DSC_1581DSC_1583DSC_1589

nimadekurumimm at 00:08|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2013年11月23日

幻のにーかー、ぐーふー

正直、休日に失敗不可かつ緊張する予定を入れるのはキツイけれど、新郎新婦、参列者と接するリハーサル&挙式の30分間にシアワセと笑顔がギュっとつまる空気から足を洗えず。

DSC_1551「人が足りない」の知らせにホイホイ出動してしまう結婚式の手伝いの後。表参道は先週よりも一段と深い秋の色になっていました。

元気で留守した後は、ウチにいるおとうちゃんに買って帰らなくちゃ(笑)、なお昼ご飯を
ど~んと福井in神楽坂」で仕入れマス。

ど~んと福井in神楽坂」では赤城神社界隈に福井県にまつわるブースが並び、特産品を買うもよし、恐竜に触れるもよし、料理教室、Facebookに「いいね!」でお箸のプレゼント、抽選会では1等「カニ」&「ふぐ」の用意も。

コンパクながら結構ウロウロと楽しめるイベントになっていました。

ちなみに抽選会では、私の2人前の方が「カニ」をゲット!「こちらの方が早いですよ」と、係りの方に他方の列へと移動を促された直後に、もともとの私の位置にいらした方も「カニ」をゲット・・

とりあえず今日はツイていないらしい(笑)。

DSC_1557DSC_1558DSC_1564






DSC_1573DSC_1567DSC_1601





nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2013年11月22日

ちいさな心、おおきなハッピー

勤務先が入居するビル全体での取り組み、「ペットボトルのキャップのリサイクル」。

DSC_1612私もペットボトルを捨てる前に外したキャップを所定の箱に入れ、また家で溜めた分もせっせとその箱に投入し、

みんなだってそうしたであろう結果が給湯スペースに張り出されました。

自分がこのことにかけた意識や手間のささやかさを想えば、「472.2人分のポリオワクチンに!」だなんて感動~。

とはいえ、個人的に取組むにはハードルが高いので、積極的に呼びかけ、実践してくれているビル管理会社さんにも感謝です。

これに限らず「ちいさなこと」は確かに「ちいさい」。でも「やる」と「やらない」には大きな違いがあることと、そしてその積み重ねが実を結んだ結果を知ることの有益さを学びました

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2013年11月21日

神楽坂ごはん<葱屋 みらくる>

各地からの多様な葱が揃い、その未知なる世界がひろがっていた「葱屋 みらくる」。

1385190622414ちょっと肩を寄せ合う「昭和サイズ」のテーブルも、「和の良さ」が漂う設えも良いカンジ。

肉厚の鴨ががっしり葱を持ち上げる鍋は、その他の食材とのハーモニーも絶妙!〆のうどんで現れる「脂の浮き加減」までグっとくるものでした。


1385190614865-1前菜のお刺身も鍋もモリモリな盛りで、両方とも「二人前」を四人で分けるのが精一杯という・・注文の際はここが注意ポイントかな。

世の中は「ボジョレー」で沸く中、敢えて「和に浸る」のも良いものですね。

二次会は駅前の「サンルーカル・バー」でビシっと〆て・・飲んで食べてまた飲んで(笑)、素敵な友達夫妻とのあれこれ話は尽きない、愉快すぎる夜でした。