2014年10月

2014年10月31日

中野飲み<ランタン・ルージュ>

中野への通勤が始まってすぐ、いわゆる「目をつけた」お店に1年8か月をかかってや~っとたどり着くことができました。移動距離的には大したことがないんだけど、ナゼか状況的に遠かった・・・

1414745207561そのお店は「ランタン・ルージュ」、つまり「赤ちょうちん」な、フレンチバルです。

建物の2階にあるオシャレなお店を目指す階段の入り口には可愛い赤暖簾と看板が。

にこやかに迎えられて着席するカウンター席は8・・あれ、10席だったかな(笑)?に、テーブルがひとつな、ほどよい居心地の良さを感じる空間。

目を向けるあちこちに配された「フレンチ赤ちょうちん」の可愛さに思わず顔がほころびます。そして肝心のお酒は・・お手頃ワインがあれこれ&おつまみも全部美味しかった!

「状況的に遠かった」には、6時前に覗いてみても「既に予約満席」という「いつも混んでいるイメージ」が大きく絡んでいるけれど、

対応してくれた方がおっしゃる通り「いつも混んでいると思われがちだけれど、そうではない日もあって、そこが難しいところです・・・」と、めぐりあわせ、タイミングがあるんですよね。

これからは「状況的遠さ」にめげず、ちょこちょこ覗いてみたいと思うお店でした

141474647809614147452144651414745204163




141474814838114147502518101414756633660




141474785192914147581966541414745492232

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) minum di Nakano 中野飲み 

2014年10月30日

誘導シャブ

ヤバい、「タイしゃぶ鍋」が止まりません。3~4人の宴セッティングを依頼された時は、さりげな~く「タイしゃぶ鍋なんていかが?」の伏線を張り、

1414658905533微かでも興味を示すサインを感じ取ったら速攻攻撃っ!予約確定へと持ち込む・・・を最近何度か続けています(笑)。

今宵もそんな企みが成功し、いそいそと新宿「エラワン」へ。

「タイしゃぶ鍋」を食べたらまたすぐに食べたくなる、が、基本なんだけど、その前に平均2種類注文する一品料理もほどよくて、「とりあえず・シンハービール」の良いあてに。

結構豊富なメニューから毎回あれこれトライし、今日の「すり身揚げ」もイケてました。

ということで、飲み友達のみなさ~ん、「タイしゃぶ鍋」にピン!ときたらご一報を。あ、3~4人でなく、ふたりの差しでも大丈夫です・・・って、どんだけ食べたいんだ(笑)?




2014年10月29日

中野ごはん<焼肉家族>

今日のランチは最近でぴか一ガッツリでした。ガッツリなんだけど、そこはかとない(?)優しさが漂う「牛すじ煮込み定食」@「焼肉家族」。上野毛から中野に移転の焼肉店だそうです。

1414551313585「牛スジ煮込み」なんだけどフツーのお肉もゴロゴロ入っていて、充分な辛みの影に「そこはかとない(?)優しさ」を感じるのは、

たっぷりの野菜やお豆腐の効果かも。


1414551090275「牛すじ煮込み」のた~っぷり野菜の他にサラダがつき、「牛すじ煮込み」のた~っぷりおつゆの他、「汁」のお椀・・・

プラス丼飯で「ぴか一ガッツリ」になったというワケです。

クセになりそうさながら、午後の眠気を想うと次回はよっぽど睡眠充足な日かな(笑)。

nimadekurumimm at 18:30|PermalinkComments(0) makan di Nakano 中野ごはん 

2014年10月28日

白龍初牡蠣

あ゛っ!「er」の月になって2か月が経とうというのに「牡蠣」を食べるのをすっかり忘れていました。に、気づいたのは新江古田の中華「白龍」のメニューを見て。大好物なはずなのに・・・

1414489640044ということで今季初の牡蠣は「青菜との炒めもの」で、です。

そして、今宵の「あ゛っ!」はこれだけではなく、お店を目指して中野駅前から「江古田行のバス」に乗り、

乗り込んだのが「江古田行き」ではなく「練馬駅行き」だったことに気づいた練馬駅目前でも。ボケ防止に効果があるビタミンB12が含まれる牡蠣をこの冬もたくさん食べなくちゃ(笑)!

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) makanan 食 

2014年10月27日

魚残念

「新鮮な魚をお安く、まごころのおもてなしを」っぽい居酒屋へ。お魚たちはどれも本当に美味しかったはずなのに、ちーとも美味しく思えない、残念な飲み時間でした

1414409129895お酒も料理もひたすら待たされた挙句「注文が入っていません」が何度も・・「旨い」をいただくタイミングって大切だな、と。

「ちーとも美味しく思えなかった」理由は、そんなお店の諸々だけではなく、他にもちょこちょこあって、

月曜から余計なことをして余計に疲れ、悪酔いしたカンジです。あ、堂々愚痴ってる(笑)

ま、全ては自分がやったことだし、こんな日もあるのかと。せめてもこの先の人生は「こんな日」をできるだけ少なくしなくちゃ、です。

141440603435514144084535141414412040091

2014年10月26日

紫の友

アメリカをベースに暮らし、仕事をしている高校の友達を囲んでの飲み会@新宿「鼎」

1395743286610一時帰国中の慌ただしさや、会いたい友達みんなに会う時間がないもどかしさもわかるので、

貴重な滞在時間を私達と過ごしてくれたことがすごくありがたかったです。の、メンバーの中には「30年ぶりの再会」も。

「クラス替えのない3年間を共に過ごした」と言っても15~18歳頃の話。

卒業後、みんながそれぞれ積み重ねてきた30年間の経験や想いの語り合いには、懐かしさというより、新たな「魅力的な人」との出逢いのようなワクワクを感じました。

アメリカでいつもこのブログを見、読んでくれている友人。海外で日本の味に事欠く辛さもわかりつつ、バンバン日本の美味なる画像をアップしているので・・・

今回は罪滅ぼし(?)的、日本の魅力全開の居酒屋さんをセッティングしました。

お料理、お酒が美味しいのはもちろん、予約の段で「河岸が休みの日で、ご希望の料理を用意できない場合もあります」の一言を添えてくれるなど、「おもてなし」味も溢れる店だなぁと

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) teman 友 | pesta 宴

2014年10月25日

おとーちゃんの居ぬ間に


DSC_2989昨晩、自宅エリアに着いたのは23時前。「せっかくの休日前にこのまま帰るのは勿体ない(笑)」の、寄り道はバー「柿沼」でした

前回はテーブルスペースへのお邪魔だったので、初のカウンター席。

バーテンさんの応対もソフト、光の具合、見回す色合い、なんだかすべてが「柔らかい」印象の、広すぎず、狭すぎず心地よい空間です。

普段は主人に譲り、稀にしか立ち入らない界隈のオーセンティーックバー。主人が東京不在にコッソリ覗くのも楽しみで・・・今週はこれで「2軒」荒らし(?)たことになります(笑)。



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) Bar di Kagurazaka 神楽坂飲み 

2014年10月24日

食べ飲みがたり<もつ鍋専門店 東十条>

人生初の「もつ鍋」@「もつ鍋専門店 東十条」さん。「知人のお宅の夕食にお邪魔」するような「おうち空間」で、一日2時組限定のおもてなし・・

1414148745062職場の方が1か月半前から予約を入れてくれました。

メニューは「極みのもつ鍋」コースと、事前予約で用意してもらえる「鶏もものたたき」のみ。

税込、男性5,130円、女性4,610円のコースにはドリンクもすべて含まれていて、「私の飲みっぷりからすると、男性料金を払わなくちゃだよね?」なーんて思ってしまいました(笑)。

人生初の「もつ鍋」は・・病みつきになる美味しさ!

その感動を店主さんにお伝えしたところ、新鮮なモツをすぐに、時間をかけて下処理し、「スープもホタテの旨みを取り入れた塩だけ」など、オリジナルの部分も多いのだそうです。

なので、他のお店で人生2度めの「もつ鍋」を食べたら「あれ、なんだか違う?」になるかも。

嬉しい「追加可」なキャベツと共に牛モツ、鶏肉をワイワイいただいた後は、〆ラーメン。これまた唸る美味しさでした。柚子胡椒を添えれば、また違う味わいに。

素晴らしかったのは「もつ鍋」だけでなく、鍋前の一品料理たちもスキのないラインナップ。

優しい風味いっぱいの「だし巻きたまご」はひとり2コずつなんだけど、2度に分けてやってきて、それぞれを熱々でいただくことができます。

などなど、店主さんがひとりで切り盛りしているのに、説明も丁寧、慌ただしさナシ。ドリンクを含めそのサービスもバッチリな、心腹ともに大満足なお店。

141414762220414141472227221414146565140




141414972606614141481166591414152293336




141415236475414141461808211414146113984

2014年10月23日

食べ飲みがたり<和民 池袋西口店>

先週、オバちゃん5人で「ひたすらしゃべり倒すどっ」の時間@和民 池袋西口店。結構な勢いで吠えても周りの賑やかっぷりにかき消されるあたりが都合の良い空間。

1413545503593いまどきなオシャレな設え、器、盛付にもテンションが上がります。

吠えて乾いた喉を潤してくれたのは何杯ものハイボール、「白州」のハイボールってイケますね。


1413547874853「グラスが足りなくなった」と、時折「通常チューハイ用」の厚いグラスでやってきたものはふた味ぐらい違っていたので、

ほどよい薄さ、癒しの緑なグラス効果も大きいのかもしれません。

1413547883816そして「なんでもあるメニュー」が居酒屋さんの楽しいところ・・・

野菜もたっぷりなつまみと共に、ちょこちょこ積もったストレスをみんなで大大発散!でした~

2014年10月22日

検診イブ

健康診断前夜。「夕食は夜8時まで」とかお酒はダメとか、なんともつまらないです

1413683385339日々「食べたいだけ食べ、飲みたいだけ飲む」という節操のない暮らしをしているので、1年に1日だけの状況にはなかなか適応できず、

ポーランド語講座帰りにバーの前を通りかかり、「一杯飲もう♪」→「あ、飲んじゃいけないんだ」な状況が二度もありました(笑)。

14136834034039時過ぎの帰宅ではもう「何も食べちゃダメ」なので、せめても食べ物の写真を眺めてみる・・

最近の一枚、主人が持ち帰った「小洞天」のシュウマイです。

晩酌をしたお店でたまたま居合わせた方からいただいたそうで、受け取った瞬間、「わぁ「小洞天」、懐かしい~!」と、思わず口にしたものの、

「はて、懐かしいって、いつのことだっけ?」。

「小洞天」の響き、そしてロゴを見れば懐かしいキモチがこみ上げるのに、それがOL時代にランチで度々なのか、また別のご縁なのか、思い出すことができません。

ネットで店舗検索するも「あれから何十年・・」の変化で、それらしい情報は得ることができず、いまだに悩みちゅう。思い出せない懐かしさでも、シュウマイは美味しかったデス

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常