2015年01月

2015年01月31日

神楽坂ごはん<Carina Carina>

先週の姪ピーチ来訪に続き、今日は小学4年生の甥らいちがひとりで泊まりに・・らいちもまた飯田橋駅までひとり地下鉄で来られるようになったのは頼もしいやら、オバは楽だわ、です。

DSC_0433夕食は弟すいか、弟嫁キウィ夫妻も合流してのイタリアン。

お店は4年生児童連れでも大丈夫そうなトラットリア
「Carina
Carina」にしてみました。

通るたびにいつも混んでいて気になるけれど、なかなか訪ねるチャンスがなかった店内は、細長くて「洞窟」のような?気さくな雰囲気は家族や友達とワイワイするにはピッタリな感じ。

お料理もそれぞれちゃんと美味しくて、食べ盛りで猛烈な食べっぷりを見せる甥らいちと、食べ盛りはとうの昔に過ぎただろうに、それでもらいちに負けない食べっぷりな弟すいかのおかげで、

キウィと私は色々な種類の料理をちょこちょこと楽しむことができました。

最近「サルシッチャ」ブームが到来している私・・・今日ももちろん注文したんだけど、テンションが高すぎて「サルシッチャ」だけ写真に収めるのを忘れ。

今週、別のお店で食べた写真を「備忘録」として載せました(笑)。

そう、今週は3回もイタリアン夕食だったのダ。それなのにち~とも飽きないし、明日もイタリアンが食べられそうなのは「シンプルな調理法で素材を生かす」あたりが和食に通じる、

大きく分ければ和食に次ぐ、好きなジャンルの食文化だからかと。

前菜から飛ばしすぎて、肝心のお肉はほぼ入らなくなったらいち。まだまだ先の見通しが甘いのう(笑)。そして「すいかおじさん」とは、大きくなればなるほど仲良しになっているようです。

男同士ってそういうもの?・・・似たような顔をした、私にとって大切なふたりがあれこれ語りながらを眺めながらのお酒も美味しかった

DSC_0435DSC_0439DSC_0403




DSC_0440DSC_0442DSC_0445




DSC_0447DSC_0450DSC_0454

2015年01月30日

四季の森の雪化粧


DSC_0420降りました、積もりましたね、今季初めての雪らしい雪

大きな被害がでるほどの降雪ではなかったので、職場の一面ガラス張りの窓から公園の雪化粧をホっとするキモチで眺めました。


雪が降ると東京の冬もいよいよ終盤・・・ひどい寒さは続いているのに、ナゼか心も緩み、キモチがググっと春に傾きます。今年はこのまま雪に関する大事がなく、桜の季節となりますように。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年01月29日

1階と2階を行ったりきたり飲み(笑)

と、昨日は「ガッカリ~ノ」の件を投稿しましたが、逆に「予約時間ピッタリに出直して来い」と言われたからこその出逢いもありました

DSC_0419土地勘のない初めての商店街的場所で「わずかな時間をつぶす」ことにウロたえる一行。

目に入ったのは、予約した店上階の「バー」の案内板です。

とにかくの寒さからの「歩き回りたくない」一心で階段を上がり、ドアを開けると・・・あら、スッキリとオシャレにまとまったカウンターが。

奥にはダーツ機も置かれ、壁を飾るステキなイラストはバーテン兼オーナーさん(?)の作品だそう。うかがった価格がもう少し手頃ならば(笑)家に連れて帰りたいほど「良い」と、思いました。

で、なにせ「わずかな時間を潰すだけ」の訪問なので、それぞれに慌ただしくお酒を注文、一気に飲み、時間が来たら階下のお店へ移動、というなんとも騒がしい、落ちつきない、失礼な一行。

そして、そんな「失礼な一行」は「失礼な」ままでは終わりません(笑)。「ガッカリ~ノ」での制限いっぱいの90分を過ごした後はふたたび階段を上がり、上階のバーへと戻りました。

短いひとときでも居心地の良さを感じたし、寒い中の窮地を救われた「バーが存在していたこと」への礼、せっかく出してくれたお酒を味わう風ではなかった慌ただしさへの詫び、そんな感じ・・・

ガッカリな接客の後だけに、再訪を笑い、喜んでくれる、温かいサービスが身に沁みました。

一行のノリによっては「ひと晩で二度も同じにお店に行くなんて勿体ない、つまらない」となるケースもあるけれど、そうはならない、むしろ楽しんでしまうメンバーもステキ。

案の定ついついお酒も進んで、恒例の終電ダッシュ(笑)!

2015年01月28日

ガッカリ~ノ

「かなりおいしい店」の情報がもたらされ、職場の方々との宴設定を任された@東中野。

DSC_0410予約で「制限時間は1時間半」と言われた時点でお店への興味は半減でしたが、それでも「おいしいんだから」を励みに、

みなさまへの連絡を済ませての当日です。

かなり寒い夕暮れにみんなで肩を寄せ合い、現地には予約時間よりも少し早く到着。

いくつか空いている席のひとつに通してもらえるかと思いきや「ダメ」・・、外のテラスでオロオロしていると「そこは待つ場所じゃないから時間ぴったりに出直して来い」だそうデス。

食べ歩きは大好きだから訪ねたお店の数も結構あるけれど、「お待ちください」ではなく「出直してください」と言われたのは初めて、ガ~ン(笑)!

仕事で「顧客満足」「サービス向上」の方針、実現、スローガンやデータなどに接する機会が多いし、職員のひとりとして自身も実践への意識を持つことや、向き合うことを求められているだけに、

あたしゃ、普段から飲食店だけでなく、もろもろのサービス意識にはうるさいのダ(笑)。

「時間制限のルールは承知での来店だから、時間に関して言われるのは仕方ない。けど、説明の仕方、言い方、待つ場所の設置とか、やり方があるでしょ」です。

結局、上階のバーで食前酒をのんびり・・ほどの時間はないから「一気飲み!」

予約時間ピッタリにお店に戻り、「引き続いての歓迎されていない風な接客」の中で、メインのピザだけでなく一品料理食べ、お酒を飲み、一通りを確認。

ピザは確かに「不味くはない」けど、普段の意識やサービス精神は絶対に製品や料理に現れるはずなので、そこまで「おいしい」とは思えなかったです。

諸々の不快感をふたたび味わう覚悟をしてまでの再訪はありません。過剰なサービスは望まないにしても、「おいしい」と言われるお店の酷い対応は、出逢うたびにガッカリ

DSC_0397DSC_0401DSC_0407



2015年01月27日

食べ飲みがたり<Don Cicco >

青学横のトラットリア「Don Cicco」で友達のお誕生日宴(1か月以上遅れ・笑)デシタ。

DSC_0369明るい雰囲気、居心地がよく、もちろん美味いお店。

あれこれ細々と書かれたメニューは「ちょい衰えたオバちゃんの目」には見づらいけれど、担当さんの的確な説明があるから大丈夫。


女性だけで食事に行けばついついお喋りに夢中になり、「あれ、まだ注文していなかった(笑)」なんてことがよくあるものの、その辺りも絶妙なタイミングでフォローしてもらい、

席に着いてそう時間がかかることもなく、前菜から主菜まで、おススメや好みを盛り込んだお皿たちを組み立てることができました。

それらは「シチリア風カポナータ」、「短角牛のパテ」、メインではなく前菜とした「本日のフリットミスト」、「鰯とウイキョウのパスタ」、

「ちりめんキャベツとスカモルツァチーズのリゾット」、「カジキマグロの炭火焼」・・・

海に囲まれ、地中海の十字路として多種多様な文化の影響は食にも取り入れられているという「シチリア」のイメージそのままの料理に「お腹はいっぱい」です。

そう、「おは腹いっぱい」になった気がしたものの・・・

ドルチェとともにもうひと喋りのうちにそれは落ち着き、帰り道では「やっぱりもう一品肉料理を入れてもよかった、まだ食べられたね」とか言い合う、頼もしき「食いしん坊仲間」(笑)。

この一歳も一緒に美味しい思い出を積み重ねたいデス。

IMG_20150201_103937DSC_0377DSC_0379




DSC_0381DSC_0387DSC_0388




DSC_0395DSC_0396DSC_0390



2015年01月26日

春まつ中野通り

年末から引きずっていた風邪の諸症状からや~っと完全に解放され・・・と想ったら、なんだか次の風邪を引き込みかけているような。あ゛~、本当に冬って、寒いって、大、大、大っきらいっ(笑)!

DSC_0363「暑さ」にはかなり耐えられても、「寒さ」は少しでも耐え難い、

「暑い季節は何をやっても楽しい」のに、「寒い時期は何をやってもテンションが上がらない」・・・

良く言う「生まれたのが夏だから、冬だから」って、関係あるのかしら(笑)?

そんなこんなブーブー言いつつ、暦の春まではあともう少し。ランチ帰りにふと目を向けた交差点には、着実に近づく春を連想させるような「光だまり」がありました。

2か月先には、ここも可憐なピンク色のトンネルになるはず、ダルうつ、寒さの終わりが見えた

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年01月25日

桃とキウィと3人デート

中学一年生の姪ピーチ、弟嫁キウィ、そして私の奇妙っちゃ~奇妙(?)な組み合わせの三人で表参道・原宿ショッピング&一緒に夕食というシアワセな日曜日でした

IMG_20150126_083320午前中は部活に参加し、午後にひとりで待ち合わせ場所までやってきたピーチ。感動の誕生からはもうすぐ13年になり・・・

改めて「大きくなったなぁ」と思います。

そして、極寒の外歩きに怯えるオバの「買い物は池袋サンシャイン・シティの地下街でいいよね?」な大人都合的提案にはキッパリ「No!」を言えるのも、成長の証、かと(笑)。

界隈はちょうどセールの真っ最中ピーチが「いらない」と言うものまで「押し売り」ならぬ「押し買い与え」をする、「お得感溢れる空気」に飲みこまれたのはバカなオバ、二匹の方。

恐れていた寒さは和らいだ一日に歩いた距離もかなりのものでした。その道中はどこも人、人、人・・・特に、投げ売り中のラフォーレ周辺は「はぐれて当たり前」のスゴイことに。

普段、人ごみには極力近づかない
けれど、姪のためならばその「スゴイ」ところをなんとか、かんとかくぐり抜けるのも、なんてことないんだなぁ。

夕食はピーチの希望で焼肉。食として取入れたエネルギーをまだまだ体内で活用できるお年頃
が羨ましく、モリモリ食べる姿を肴に、肉よりはアルコールを中心に摂取するオバなのでした。

赤ちゃんや幼い頃のピーチにちょっかいを出すのもシアワセだったけど、大きくなったらなったで違った楽しみが待っていてくれるのですね



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) manis 可愛 

2015年01月24日

完食難鮨

カウンター越しに美しい作業、手元ではステキな器を眺める美味しいひととき@鮨「松もと」。

1413025164011「今日こそはおまかせの最後まで食べきるっ」を胸に、お昼ごはんはかなり控えめ、おやつもナシの気合十分で席に着きました。

白子、続いてのクジラ、「マグロ節」添えのあん肝にお酒も進み・・


で、結局はこの「酒量」がネックになるのか、前回は越えられなかった穴子の握りを無事堪能した気の緩みか、最後の「巻き物とお椀」を前に「もうムリ~」、降参宣言です。

隣席では、私達よりかなり先輩とお見受けする女性ふたりが全てをペロリ、余裕で完食していらしたのがカッコよすぎた・・・「今度こそ私も!」

と、お腹はいっぱいなのに、次回の訪問がウキウキ、楽しみになるお店

1413020081588DSC_0339DSC_0340




142209722517114221000165841422105227890



2015年01月23日

さっきのオバサンうぇいてぃんぐ~!

ランチで立派な箱入り、ふっくら艶々ご飯のお弁当が600円で提供されたり、かと思えば突然、ガタっと質の落ちた定食たちを1000円均一にしてみたり、

1399863489936そのコンセプトが定まらない辺りが妙に気になる、時々お昼の休憩に訪ねる居酒屋が中野にあります、いや、ありましたとしよう。

以前のランチタイムの店内はほぼ、ワイシャツ姿の男性が占めていたんだけど、その雰囲気はこれまた突然一変。

最近は演歌歌手のCDがカウンターに飾られ、急に「中野サンプラザ」の演歌イベントついでに来たっぽい、人生の先輩方で賑わうようになったのも不思議デス。

そんなことを確認しつつ職場の友達とカウンターに座り、なかなか来ない注文の品を待っていると、

普通の声のボリュームで「さっきのオバサンうぇいてぃんぐ~!」とインカムマイクに言い放ちながら後ろを通る若いイケメン店員さん。わが耳を疑いながらも状況確認をすると、

「満席」で待つか、どうしようか悩んでいた年配女性たちがやはり「待つ」と決めた件を、その時に対応した同僚に伝えながら彼は厨房に消え、

入口にはどこかの席が空くのを期待して、店内を伺う女性たちの姿があるのでした。

え゛~っ!次回、私が満席の時に訪ね、「待ちます」と言ったらやはり若いイケメンに「さっきのオバサンうぇいてぃんぐ~!」とか言われちゃうのか(笑)?

「コンセプトが定まらない」とか、もうどうでもいい、再び来る勇気、ないデス。店員さんもお仕事大変でしょうが、カウンター席に耳あり、店内のオバチャン客にも目ありなのよ~。

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) makan di Nakano 中野ごはん 

2015年01月22日

春望宴

30年超来の友達と神楽坂「葱や みらくる」に集合。いつものことながら、このメンバーでの宴は引き続きの風邪の名残、冬季ダルうつなど、

DSC_0331各種「スッキリしない状況」にかなりの効き目アリです。「うど」など、「春」を連想させる食材にも励まされる気がしました。

それぞれが思い思いに食べたいものを注文しつつも、付合いが長い、つまり長く付合えるだけに食の好みやバランス感覚に違和感なし、

そして胃袋の大きさもほぼ同じ(笑)、思いっきり食べ飲み喋り、「春を待つ希望」が芽生えました。

メインは「みらくる」名物「豚トロ鍋」、私は今季2度めだけど、これはやっぱり美味しい~!

DSC_003414188991768811418900497790

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) pesta 宴