2015年07月

2015年07月31日

霊界からの脱出

「ウルトラ怪獣酒場」、「仮面ライダー居酒屋」、「監獄バー(私は欠席)」の流れで今宵は「幽霊居酒屋」へお誘いをいただき、お店に到着です

DSC_2703入口に怖い人形が立っていたり、階段の途中で何かが落ちてきて「ギャ~っ!」と叫んでしまったり、

「お化け屋敷」的な雰囲気にひたるのかと思いきや、店内全般「死」とか、「お葬式」をおちょくるコンセプト。

ある程度歳も重ね、何人もの大切な人を失った身には到底理解できないけれど、この場に来てしまった以上、こういうことは考えるべからず、なんでしょうね。

それにしても、テーブルの予約名が「位牌」とか、揚げ物の器がお線香立てとか、スペアリブの最後の炎は火葬場のイメージだとか、よく考えつくものだし、

お墓参り用の桶で冷やされたワインを飲むのはこれが最初で最後だと思います・・・と、盛り下がりが否めない宴を想定するかのような用意は「わさびのロシアンルーレット」。

初段階では揚げちくわに、次段階ではシュークリームのひとつだけに強烈なわさびが仕掛けられていて、不幸にもひとり悶絶する羽目になった人は

「ご臨終」とばかりに、アタマに白い三角「天冠」をつけなければなりません

コース注文ではなかったので、滞在制限時間は2時間。2時間を過ぎると人間界に復帰できなくなるそうです。ってことは、コースを食べちゃった人は霊界から脱出できない(笑)!?

DSC_2709BlogPaintDSC_2768




DSC_2779BlogPaintDSC_2757

2015年07月30日

猛暑夕空

とにかく、ひたすら暑いですね~。私のアタマにも夏雲ポッカリ状態。で、この夏もまた食欲制御機能がダメージを受けたのか、爆食が止まりません、しかも食べたいのは「炭水化物」のみ。

DSC_2592せっかく良いカンジで進んでいたダイエットもここで挫折の危機。

冬の寒さでも「炭水化物過剰摂取」が止まらなかったし、夏もまた・・・となると、


気温から受けるストレスと「炭水化物が食べたい」にはなんら関係があるのかしら。

な~んて、「夏バテで食欲が増す」→「食欲の秋」→「冬ウツで食欲が増す」→「宴会の春」のループ、食べる欲との戦いは一年中なんですけどね(笑)。

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年07月29日

食べ飲みがたり<Tsui-teru!和>

なにかと「熟成肉」なこの頃・・・中野では「Tsui-teru」がダントツの人気で、今宵はその2号店、日本酒も各種取り揃えた「Tsui-teru!和」に職場の飲み仲間と集まりマシタ

DSC_2695毎週水曜の残業ナシ・早帰りの推奨でわりと早い時間から集合できるようになり、そしていまは夏。

「明るいうちから呑めるっていいね!」の乾杯です。

本当は金曜日に翌日を気にせず、「もうムリっ」のレベルまでお肉を食べ、とことん飲みたかったけど、1か月前に電話を入れても金曜日の予約は叶わず・・・な、盛況っぷり。

趣向をこらしたおつまみもお肉もサービスも良いカンジだし、何と言ってもの「割安感」がお客さんのハートをつかみ、ウワサがウワサを呼ぶのでしょうね

結局は水曜日なのに「もうムリっ」のレベルまでとことん飲み食べてしまいました(笑)。

DSC_2689DSC_2688DSC_2686




DSC_2697DSC_2699DSC_2690




DSC_2687DSC_2692DSC_2685

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) minum di Nakano 中野飲み 

2015年07月28日

意地悪退散祈願

暑さのせいか「イライラ」と余裕ない空気があちこちに充満し、通勤、職場の共用スペース、街中でちょこっとした「八つ当たり的いぢわる?」に遭遇する率がぐ~んとアップしている気がします

DSC_2667って、私も知らず知らずのうちに同じことをしているのかなぁ。

と、お清め?、お祓い?キブンで飯田橋・東京のお伊勢さま「東京大神宮」に寄ってみました。

この一画を歩くのは20数年前に仕事で「マツヤサロン」に来て以来・・その時の風景も感覚もまったく覚えていないので、新たなキモチで眺める外観、参る境内。

時や歴史、理念や理想を感じる空間、凛と佇む建造物や緑の木々を眺めれば夏の暑さも、イライラしたキモチも、ちょこっとした「いぢわる?」で傷ついちゃった心もス~っと軽くなるようです。

手水舎の冷たい水は本来の目的を忘れ、ひとときの涼にひたってしまう心地よさでした

DSC_2668DSC_2671DSC_2673




DSC_2669DSC_2675DSC_2676

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) sehari-hari 日常 

2015年07月27日

ちょこっとプリュス

少し前、神楽坂上の新しいビル2階に出現した可愛いお店「神楽坂+(カグラザカプリュス)」。店内には雑貨、カフェスペース、ワークショップが催せる一角があって、

DSC_2497「人が集まる空間」がコンセプトだそうです。

週、月ごとに品を並べるお店や作り手さんが変わり、一か所で色々なテイストのモノたちをギュっと濃厚に眺められるのが良いなぁと、

DSC_2496通りかかるたびにちょいちょい覗いています。

暑さが厳しくなってからは、飯田橋方面に向かう時の一時避暑地点としてもありがたく、結局はなにやかにやを手にレジへ(笑)。

DSC_2545それらは、生活の中にささやかな楽しさ、華やかさを添えてくれるものたち、

まさに暮らしに小さなうるおいを「プラス」してくれるお店デス

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) belanja 買物 

2015年07月26日

炎天ママチャリ

昨日は愉快な宴の前にママチャリで実家突撃と、大充実の一日でした。ママチャリでの走行時間は35~40分で、本来はほどよい運動を兼ねた往き来になるのだけれど、なにせこの暑さ・・・

DSC_2616なるべく日蔭を選んでペダルをこぎ、ところどころコンビニで飲み物を買ったり、涼んだりしての到着。

出迎えてくれた弟夫妻はまさかのママチャリでの登場に呆れていました(笑)。

選んだ道は、ちょっぴり遠回りになるけれど、一帯のあちこちにある坂道を極力さけ、穏やかな勾配が1か所だけのルート。

神田側沿いでは、春に見事な桜を見せてくれた木々が夏の猛烈な日差しをやわらげてくれ、、椿山荘や周辺施設の緑あふれる風景の中をチャリチャリ進むのはホっと癒しの時間です。

神社やお寺を覗き眺めながらの道中は、やはり自転車であちらこちらを走り回っていた子供時代の夏がよみがえるよう・・と、そこで駄菓子屋さんに群がる子供たちを発見。

すっかり時代は変わったように思えても、子供にとって楽しいことは変わらないのかなぁと(笑)。と、オバチャンは遠くから勝手に写真を撮らせてもらいました、すみません。

あまりの暑さに今回はスルーした、都内で一番勾配がキツい「胸突坂」など、秋には風景のひとつひとつを丁寧に訪ねながら、またママチャリで走る予定デス

DSC_2627DSC_26201437807986957IMG_20150725_172638

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) sehari-hari 日常 

2015年07月25日

つながる炉端

附属の音楽教室から大学まで一緒に音楽を勉強した仲間にダンナ衆も加わっての乾杯~!阿波踊りの熱気で満ちる神楽坂を汗だくで通過したので、

IMG_20150726_105440お店到着と同時に喉を潤せるようよう、道中、電話で「生ビール」を注文しておきました(笑)。

そして、6人で座るは炉端焼カウンターの角・・・

ギリギリ会話も成り立つし、やはりテーブルでは味わえない、美味しいものが焼きあがる、出来上がる眺めもともに堪能です。

という仲間のひとりは21年前に主人との縁をもたらしてくれた、絶対に「足を向けて寝てはならぬ」キューピット(笑)。彼女のご主人(当時彼氏)を紹介してもらってからももう20年だし、

炉端にせっせとステキなお皿をもたらしてくれる主人の同級生でもある大将を今宵みんなに紹介できたし、ヒトの繋がりってステキだな・・・とますますお酒が進むのでした(笑)。

今年はほぼ「通過」な阿波踊りだったけれど、やはりあの響き、空気には心揺さぶられます

DSC_1357DSC_2658DSC_2532




14166460923781416649410051DSC_2630



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) Bar di Kagurazaka 神楽坂飲み 

2015年07月24日

食べ飲みがたり<浅草橋・鳥茂>

花火大会前夜、静けさも漂うような隅田川界隈・浅草橋「鳥茂」さんにて花金飲み

DSC_2613コクのあるタレをくぐった、または甘味を塩に引き出されたボリューミーな串も、おかみさん作のぬかづけも、

インパクトある冷奴も、ぜ~んぶ美味しかったです。付き出しからそれらすべてを串でいただくのも良いカンジ、

職場の飲み仲間と、職場エリアを離れてリラックス・・・いや~、赤ワインが喋った、喋った(笑)、でした。と、そこにいらしたのは仲間のひとりの「元職場仲間」だったおじさまご一行。

さりげな~く、私たちのテーブルにあれこれお酒を差し入れてくれたり、会計についてもお心遣が・・・初対面の方にこんなんしていただくのは申し訳なかったけれど、

バブルの頃にはちょいちょいあったこういうシチュエーション、昭和の文化色が薄くなったからか、私が年をとったからなのか(笑)、ここ20年近くはほぼ遭遇することがなかった。

懐かしいやら、とってもありがたいやらでした

IMG_20150725_085044DSC_2609DSC_2606




DSC_2604DSC_2614DSC_2603

2015年07月23日

おいしいほおずき市

昨日からスタートの「神楽坂まつり」ほおずき市編。毘沙門天前に並ぶ鉢、沿道の飲食店が出すブースから漂う美味しそうな香り、活気あるかけ声に真夏キブンを満喫です。

DSC_2574飯田橋駅から坂を上ってゆくと、すぐに「スパークリングワイン」を扱うブースを発見っ。

ピッコロ・ボトルをラッパ飲みしつつ次は「つまみ」を物色、


結局はほおずきや毘沙門天の賑わいはチラリと眺めただけで、ひたすら「お酒」と食べ物」探しにキョロキョロが止まらないのでした(笑)。

一部、先に進めないほどのごった返しだった歩道も、神楽坂上交差点を過ぎればかなり静かに。しかしここでもほおずき販売や催しものアリ。

毎週日曜日や明日、明後日の阿波踊り同様、「ほおずき市」の日も神楽赤の車両通行が禁止になればもっとゆっくり楽しめるのになぁ・・・と想いながらの帰宅でした。

そして買ってきたタイ料理「アジアンタワン」のガイ・ヤーン、「マルゲリータパリアチョ」のピザなどをつまみながらのドッカリ飲み(笑)。

飲食店が
提供しているだけあって、どちらもすごく美味しかったデス

DSC_2565DSC_2573DSC_2575




DSC_2580DSC_2585DSC_2599

2015年07月22日

ちゃんことまつりのあと

新宿御苑「ちゃんこ鍋・両国」からは前回同様歩いての帰宅・・・正確にはワインバー「神蔵」に寄り道してからの帰宅でした(笑)。

1437572696287道中、牛込警察署前では入口に群がる取材陣や路上駐車しているテレビ局の車・・なにがあったのかはわからないまま、

その光景をこちらが「逆取材」的にパチリ(笑)。

DSC_2557時間はそこそこ遅かったので、「神蔵」に着く頃には「神楽坂まつり」初日の賑わいは消え、

静かに、ゆっくりとワインな時間となりました。

DSC_2563で、家までの帰り道にあったのは、たくさんのゴミが詰め込まれた自転車のカゴ・・・「まつり」は楽しいけれど、

あんまりな「ゴミ」の扱いを見るとガッカリっす。

nimadekurumimm at 23:56|PermalinkComments(0) mabuk 酔 | sehari-hari 日常