2015年09月

2015年09月30日

ああ、勘違いのマッサマン

「世界一辛い・・・」のパッケージの文言が気になって買った「カップヌードル マッサマンカレー」。なかなか食べるチャンスがないので、会社に持って行ってのお昼ごはんとしました。

IMG_20150930_180927「少しでも脂肪の吸収を妨げて~」の「黒烏龍茶」をお供に(笑)。

お約束の「お湯を入れて待つこと3分間」、期待した味は「あら、それほど辛くない」・・・それもそのはず、

パッケージの文言にあったのは「世界一辛い」ではなく「世界一美味しい」なのでした(笑)。

確かにフツーの「カレー味」より深みある風味かと。

いよいよ9月末で仕事上もドタバタ、こまごまと色々なことを引き受けており、この「思い込みの激しさ」で失敗しないよう、残り半日を頑張りたいと思いマス

nimadekurumimm at 23:00|PermalinkComments(0) makanan 食 

2015年09月29日

歩いていこう、池袋まで

初夏に始まった「歩こうブーム」、夏の終わりからの長い雨に挫けてしまうかと思いきや、天候の安定とともに自然と再開、「これまで以上の勢いで」となっています(笑)。

DSC_4411当初は「人は横になるより起き上がる、座るより立つ、ただ立つより動く方が云々」と、

おバカな脳に刷り込んでの「カロリー消費」が目的だったけれど、


日を追うごとに歩く道中で遭遇する色々な眺めやアタマ、心の中のモヤモヤが歩みを進めることによって消えてゆく心地よさに魅せられて・・・に変化してゆきました。

先日のシルバーウィーク中にトライした「神楽坂から池袋」の道中にもハっとしたり、心が躍る風景が点在し、「私って塔の類が好きなんだなぁ」の再認識も。

いつも美しい「カトリック東京カテドラル関口教会」の鐘塔から歩くこと数十分先に現れた、空にのびる古い煙突(?)にゾクゾク、地図には「日本女子大学寮」とあり、気になって仕方ない(笑)。

ほかにも「護国寺西交差点」手前の道路突き当りにで~んと構える「腰掛稲荷神社」など「土地に根付いた神さま系」の建物、施設が多いことにも余計、キモチが落ち着きます。

池袋の手間では墓地に沿っての道。タクシーでお墓の間を爆走したことしかない「雑司ヶ谷霊園」には凜とした空気が流れ、「谷中霊園」ほどではないにしても、日常に溶け込んでいる風。

一角で見つけたのが「雑司ヶ谷七福神」の存在でした。「清立院」というお寺に「三番・毘沙門天」という案内があってのことで、「雑司ヶ谷の町おこし」の一環として4年前に始まったそうです。

「江戸三十三観音巡りを終えたら、こちらにもトライしよう」とか、歩けば歩くほど、風景との出逢いがあればあるほど、色々と広がってゆくものだなぁと。

次の挫折ポイントはもっと日が短くなり、強い北風が吹く頃かと・・・さて、どうなりますか。

DSC_4412DSC_4416DSC_4414




DSC_4418DSC_4429DSC_4425

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年09月28日

連美月

昨晩の「中秋の名月」、今宵の「スーパームーン」、両日とも天候に恵まれましたね。今日の月を写真に収めようとしたところ、肉眼ではちゃんと丸く見えているのに、

DSC_4585画像では雲に反射するのかモヤ~っとボケてしまい・・・

スマホのカメラ機能に対する探究心がゼロなので雲が消えるのを待ち、やっと「まぁるい月」を撮ることができました(笑)。


1443441630660「家の大きな窓辺から」、または「広いベランダでお酒を飲みながら」、な~んて言うのが理想だけど、

「狭いベランダにて近隣の建物の隙間から」が現実、現状(笑)。

それでも本当に美しい、見ているだけでご利益がありそうな月。月を数え、日にちを数え、収穫の恵みを感謝した昔のひとびとにも想いが飛ぶひとときでした


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年09月27日

50までにやりたい50のこと(8)ニッポン葡萄酒散歩

ここ数年、色々な場所でその進化に驚いたり、感動を与えてくれていたニッポンのワインたち国内では北海道・三笠の「山崎ワイナリー」にしか行ったことがなくて、

DSC_4508でもやっぱり子供の頃から身近に耳にし、気になるのは東京に近い山梨、その後は長野。

その風景に浸りたいというのは、ず~っと想いながら実行していなかったことでした。

ひょんなノリから友達との計画に至り、初夏に「50までにやりたい50のこと」のひとつ入り。

急な気温の低下と期末のドタバタが重なり風邪っぴきで当日になること、そして天気が何よりも心配だったけれど、ギリギリクリアの実現はホントに嬉しかったなぁ。

この気軽な日帰り遠足が気に入ったし、今回訪ねたのは勝沼のほんの一部。ふたたび勝沼へ、または山梨の違う地域、さらには長野の小布施へ・・・希望は広がるのでした



nimadekurumimm at 23:59|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

勝沼葡萄酒散歩 4<グレイスフルだったおもてなし>

中央葡萄酒「グレイスワイン」との出逢いは9年前の8月25日のことでした

b596c892一時帰国中にお邪魔した友達の家で「上海にもワインはあると思うけれど、日本のものはなかなか飲めないと思って」

と、用意しておいてくれた「グレイスルージュ茅ヶ岳」、

今回、実際にワイナリーを訪ね、その温かい心遣いとおもてなしがしみじみと想い出されました。

当日のことはブログに残されており・・・ブログの継続については色々考えることもあるけれど、こういう記録を辿る時は「やっぱりもう少し続けよう」のキモチが強まるような。

想い出つながりで、家にいる主人へのお土産も「ベタ」ながら、「グレースワイン」たちに。メルローは何年か保管したあと、一緒に元気で飲めればいいなぁと思いマス

DSC_470514432465709771443246567830

nimadekurumimm at 23:47|PermalinkComments(0) perjalanan 旅 

勝沼葡萄酒散歩 3<想い出の葡萄籠>

勝沼散歩の最後、「ぶどうの丘」から駅へと向かう途中でぶどうの直売所に寄りました。「デラウェア」、「ロザリオ・ビアンコ」などを試食させてもらい、「種なし巨峰」を購入

DSC_4575丁寧にビニール袋に入れた房々を収めてくれたビニールの籠に「ハートがドキュ~ンっ(笑)」、

昔むかし、仕事で時折山梨のワイナリーに足を運んでいた父がお土産に買ってきてくれた「ぶどうの図」そのままではないですか。

その度に「私にちょうだいっ」と祖母、母に訴えては「おままごとのお母さんの買物かご」に使っていたっけ。「その度」となるのは、「その度」にいつしか母に捨てられていたんでしょうね(笑)。

農園のご主人が黙々と販売作業を続ける横では明るい奥さまがぶどう栽培についてのあれこれを話してくれたり、冷凍したぶどうをすすめてくれたり。

冷凍したぶどうはと~っても美味しく、冷凍するときには粒をもいでしまうのではなく、枝をほんの少し残して切れば甘い果汁がギュっとつまったものに仕上がるのだそうです。

冷凍するほどふんだんなぶどうに囲まれるチャンスはなかなかないけれど、覚えておこう

DSC_4565DSC_4566DSC_4568

nimadekurumimm at 23:39|PermalinkComments(0) perjalanan 旅 

2015年09月26日

勝沼葡萄酒散歩 2<明治代の母屋でワインごはん>

葡萄、葡萄酒、そして友とすごす休日。ランチは「原茂ワイン」の明治時代に建てられた母屋2階「Casa da Noma」で・・・となりました。

DSC_4538が、予約もしていない思いつき行動なので、当然の1時間超待ち。

その間にはワインを飲めるガーデンをウロウロしたり、試飲したり、ホロ酔いでボ~っとしたり、


タイムスリップしたかのような趣ある空間でお喋りしたり、お腹がペコペコなのは辛かったけれど(笑)、それはそれでの楽しさがあって、カフェ内に案内されてみれば、

そのこぢんまりさにに「むしろ1時間ほどで済んでラッキ~」と思えました。

そして、そのカフェスペースがある2階へと至る階段は、お客さんを誘導するために何度も上り下りしていたスタッフさんの軽快なステップからは想像できない高い段差&急なこと!

己の衰えに切なくなりながらの「乾杯(笑)~」、私の一杯は「ハラモアジロン2014」デス。

数種類のプレートから選んだのは「気まぐれブランチ」、野菜がたっぷりで、変化に富んだ素朴な風味たち・・・。メニューにはチーズ、サラダ、デザートもありました。

ここのところ陥っている「休日の炭水化物依存症」と無縁な空気にもホっ(笑)。テラス席もあって、心地がよいカフェの営業は4月上旬から11月下旬の期間限定だそうです

DSC_4528DSC_4522DSC_4521

nimadekurumimm at 23:35|PermalinkComments(0) perjalanan 旅 

勝沼葡萄酒散歩 1<友とグビビ、グビビ>

高校からの友達3人で勝沼ワイナリーめぐり。といっても、計画の段からそれはかなりユルユルで、3か月前にみんなでイタリアンを食べた時、「メニューにはないですが」と、

DSC_4517奥から出してくれた「四恩醸造のクレマチス」にテンションを上げ、

「山梨のワイナリーに行きたいね」→「行っちゃう?」→「いつ行こうか」→「暑いから秋にしよう!」と、ノリで日にちが決定。

それ以降、何度か一緒の時間を過ごしつつも、この件でのやりとりは2日前、しかも乗る電車の時間をなんとなくメールしあっただけで当日となりました(笑)。

チェリーと私が新宿から乗車したのは土曜、休日に1往復運行される「JRホリデー快速ビューやまなし号 小淵沢行」、この電車に途中駅からマスカットが乗り込みます。

「勝沼ぶどう郷駅」に着いても「さて、どこに行く(笑)?」てな「いきあたりばったり」っぷりに変りはなく、ワイナリーを「めぐる」とはいえ、勝沼滞在時間は5時間程度というほぼ散歩の域・・・

それでも長年の「あうんの呼吸」から、終わってみれば「これ以上はないっ」くらいナイスに、ちゃんとまとまるのがいつものことです(笑)。

まず、行きの車中では徐々に緑が多くなる景色に時折目を向けつつ、あれこれ尽きないネタで話が盛り上がり、2時間と経たないうちに「勝沼ぶどう郷駅」に到着。

ホームに下りた瞬間からの「葡萄ある眺め」に、「こんな近くにこれほどステキな場所があるのに、ナゼいままで来ようとしなかったんだろう?」という想いがこみあげました。

駅の案内所で入手した地図をもとに大まかな散歩ルートを組み立て、まずは歩いて30分ほどの「原茂ワイン」に向かうことに。そして道中の「シャトージュン」にも寄り道しちゃう。

ここで一種めのワインをグビビっと試飲。広がる爽やかな風味に包まれ、さらにもう一種も試し飲み。すっかり「ワイナリーモード」になったところで通りに戻り、歩みを進めます。

行く手にももちろん葡萄畑、ぶどう棚が次々と現れ・・・でも思ったよりも人通りがない。地元の方によると、シルバーウィークがそれはそれはの人出となり、今日は穴場的な日なのだそう。

「原茂ワイン」では古い建物や庭の風情、ワインの試飲、購入、ランチを満喫し、さらに西へ。ぶどう狩り真っ只中の「大雅園」ではテンポ良く勧められるまま、さらにワインをグビビ、グビビ、

で、考えたら短時間にかなりの勢いで相当量のワインを摂取している気が。歩きながらポワ~んとします。ポワ~んのまま、黙々と歩くもよし、突如「スイッチ」が入ってベラベラと喋るもよし

「親しき仲の礼儀」以上の気遣い無用の、「ありのままでいれば良し」の関係が心地良いんだな。そんなうちに「グレースワイン」の「中央葡萄酒」に到着です。

こちらはマスコミにも取り上げられるほど広く、色々な取組を進めているだけあって、

まず外観からグっと掴まれ、ワイナリーのスペースや有、無形の資産を有効に使っていること、統制されたまとまり感を感じました。それでも窓からは見渡す葡萄の風景、堅苦しさはありません。

さすがに歩き疲れたのでここからはタクシーを利用。電車の時間までは「せっかくだから」と、観光スポット「勝沼ぶどうの丘」にて過ごすことになりました。

施設の地下では各種ワインを一気に試飲できるそうだけど、日中の「致死量」に近い私たちはパス(笑)。賑やかな売店の雰囲気を楽しみ、駅に向かって丘を下ります。

「行き当たりばったり」すぎて帰りの電車のシステムを理解しておらず、最後は駅員さんのご指導をいただくことになったけれど、16時30分、無事に臨時列車の席に収まる。

帰りは新宿までなんと1時間20分ちょいという早さで飲み、歩き、笑い、食べ、天気も回復し、ワインと葡萄に囲まれた愉快、爽快すぎる遠足は終了でした~。

DSC_4479DSC_4480DSC_4487




DSC_4502DSC_4493DSC_4496




DSC_4543DSC_45491443246230596




1443246553770DSC_4484IMG_20151005_123115

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) perjalanan 旅 

2015年09月25日

宴会コースも気分、アガリコ~

地元池袋、職場の中野にもお店がある「アガリコ」そして「アガリコタラート」

1443171535818エスニック気分や野菜がたっぷりの品々、ツボをビシっと抑えたお酒のあてを楽しめ、

シュワシュワ・ワインをグラスになみなみ注いでくれるのも面白くて、いわゆる「女子会」でちょいちょい利用しています。

そして今宵は職場の男性を含め12名で「送別会」、初めての宴会コース飲みでした。

一番好きな「自家製 生ソーセージ」が宴会メニューにないのは残念だけれど、お店の魅力を十分に味わえるお皿が次々と登場、普段は絶対に注文しないデザートにもコースだこらこそ遭遇し、

「ちゃんとデザートまで美味しいんだなぁ」と、思いながらのお開き。幹事さんによれば、飲み放題つき宴会プランを「6時までにスタート」させれば3500円というお得感、広がる大満足感。

ただし、肝心のシュワシュワ・ワインは当然ながら「飲み放題」メニュー外。「主賓がお好き(と言うよう私がせっついた・笑)」ことから、強力スポンサー様が別途差し入れてくれました。

そんな6時スタートの宴も、2次会はレンガ坂に場所を移して気づけば「終電ヤバっ!」。

明日は山梨まで遠足の予定。「今日は深酒しないから、みんな安心して(!?)」なんてウソ、ウソ。てか、結構な出来上がり状態に明日、大丈夫かなぁ(笑)

DSC_4474DSC_4476DSC_4478

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) pesta 宴 | minum di Nakano 中野飲み

2015年09月24日

俳聖の仮住まい

シルバーウィークの散歩中には「関口芭蕉庵」にも立ち寄りました。神田川沿い、椿山荘の敷地横の正門・・・は閉ざされているので、胸突坂下の通用口から中へと。

DSC_4386戦後に再建された建物の奥に進めば「あらまぁ~!」空間をワープし、どこか山の中にいるような風景にビックリです。

ここは、松尾芭蕉が神田上水改修工事に関わった1677年から住んだ「竜隠庵」という水番屋があった場所。

松尾芭蕉はここに4年ほど滞在し、それから数十年の時を経て像を祀った建物や塚が作られ、「関口芭蕉庵」と呼ばれるようになったそうです。

敷地内にはその後さらに建立された「句碑」などもあり、人の手が加わっていることを感じる反面、木々、池、道などにはありのままの自然が生かされていて、

ヒールの靴では足元をかなり気にしなければならないほど。

広さとしてはそれほどでなく、ワープした山の中から一気に引き戻される感はあるけれど(笑)、この一帯に残る自然かつ歴史的遺産は本当に貴重だと。

とはいえ、まだほとんど散策していないので、そのありがたみを想いつつちょいちょい歩き進め、理解を深めたいデス

DSC_4380DSC_4389DSC_4388




DSC_4390DSC_4396DSC_4397

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常