2015年11月

2015年11月30日

輝めぐり2015(4キラ) 中野


BlogPaint正確には「めぐって」はいない、日常の中の輝きだけど(笑)、、職場がある中野も11月半ばからあちこちキラキラしてきました。

ビルのロビーに大きなツリー、「裏庭」のようなそこそこ広い緑地には光る物体がいくつか、

こぢんまりした良店が並ぶ「レンガ坂」もすっかりクリスマス寄りな趣になっています。

年々「あっという間感」が加速する恐ろしさの中、気づけば今年も残すところあと1か月ほど・・・去年は年末の最後の最後からお正月いっぱいひどい風邪を引き込んで悲惨だった。

なにより体調万全で、年明けまで手帳いっぱいになったイベントを楽しめますように

DSC_0416DSC_0419BlogPaint

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年11月29日

絵本にゆるむ宴まえ

先週金曜日の業後、宴までのひとときは「ブックハウス神保町」の空間と、ギャラリーで開催中の
くまとめいくんのクリスマス 絵本原画展」で童心にかえっていました。

1448614108389原画展は高橋和枝さん「くまのクリスマス」、種村由希子さん「サンタクロースになるひ」の

クリスマスにぴったりな二冊の絵本の刊行に合わたもので、

同じ絵でも印刷された質感や見開きで2ページに亘ってしまったものに比べると、まるで呼吸をしているような原画の風合いがステキ。

さらに原案から絵本へと製作が進む過程をまとめたファイルの展示もありました。

「サンタクロースになるひ」の作者さんは、主人の友人のご親族。絵本の登場人物にはなんとなく主人のおともだちの面影があり、

会ったことのない作者さんもまた登場人物に似ていらっしゃるのかなぁ、作品は作者に似るのかなぁ・・・とか、想いが膨らみます。

ブックハウス店内いっぱいに広がる柔らかさ、温かさを醸しているのは中央のソファ・スペース。絵本やそのキャラクターグッズの世界にゆった~りひたる素晴らしき時間。

お店を出るときには心がホっ、顔がゆるんで私的時間への準備万端。さ、飲むぞっ(笑)!

14486142769311448614432682DSC_0471




DSC_04751448614571465DSC_0430

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 | belanja 買物

2015年11月28日

カシスビールはお酒です(笑)

早朝、出張に出ていた主人からの「空港に帰着」ラインにすばやく返信し、帰宅の気配にドアも開けるなど、平常どおりを装っていたものの、これにて限界、

DSC_0451ジツは「お腹が空いたアピール」をされても起き上がれないほどのひどい二日酔いです(笑)。

仕方なく自分でラーメンを作ったらしき主人、夜行便で疲れているだろうに・・ホントにひどい嫁(笑)。

ここまでの状況になった元凶は昨晩、食事が落ちてからお開きまで、みんなでひたすら飲んでいたカシスビールかと。考えたらこれってビールにカシスリキュール、

つまりアルコールをさらにプラスしたものですよね。色からしても結構な濃度ではないかと。

やっと夕方、外食に出ても「大好物のシュワシュワワインはいらない」と、とりあえずのビールをチビチビ飲む弱りっぷり。でしたが・・・・、

「しるく屋」さんの料理、季節の食材やマイルド辛い「キムチ鍋」などをちょいちょい食べ進めるうちに、飲み気、食い気ともにすっかり回復。結局はいつも以上に食べて飲んだ気が(笑)。

美味しいものは諸々、わたしにとってパワーの源、何よりの薬なんだなぁと改めて

14487034784931448706190148DSC_3996

nimadekurumimm at 13:49|PermalinkComments(0) mabuk 酔 

2015年11月27日

大閘蟹的季節

去年からメンバーに加えてもらった、職場の「大閘蟹、つまり上海蟹を食べる会」。今年は雄の白子が美味しい11月も終わる今宵、決行となりました。

DSC_0443集まる場所はず~っと変わらないという新宿「花彫酒家」。

お客さんを精一杯もてなすステキな女将さんは、今回も満席のテーブルを絶え間なく回り、

次々に注文が入る大閘蟹もすべて一人で解体し続けます。

雌、雄の両方を結構な数でお願いした私たちに対してもそれは同じで、「タマゴは冷めないうちに早く食べてっ!」と、懸命の檄(?)が飛ぶ(笑)。

「お店の料理を美味しいく食べて欲しい!」という熱意故ですね。

そんな感じで前菜から〆の絶品担々麺まで、お店特製の「花彫辣油」もた~っぷり堪能した宴、最後はお腹におさめた蟹さんもびっくり!の、全員終電猛ダッシュ(笑)!

DSC_0444DSC_0450DSC_0447




DSC_0435DSC_0437DSC_0456

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) pesta 宴 

濃霧におはよう


DSC_0427朝起きてカーテンを開けた風景が不思議~!

濃い霧がたちこめ、すぐ近くの高いビルもほぼ見えなくなっています。

昨年の旅行で飛行機が飛ぶ、飛ばないでやきもきした「釧路の霧」を思い出し、その幻想的な眺めにしばし浸りました。

かつての「濃霧は」単に寝坊して見過ごしてきただけかもしれないけれど、東京でここまで濃い霧を観たのは初めて。霧イコール、石原裕次郎・・・「夜霧よ~、今夜もぉ」と、心の中鼻歌の、朝(笑)。


nimadekurumimm at 13:51|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年11月26日

チンチロおハイボール

エレベーターホールで偶然会った職場の友達とあれこれお喋りしなが駅まで一緒に・・・が、話が盛り上がりすぎて「お茶」ならぬ、「おビール」して帰ろうかということになりました。

1448527479941「一杯飲もう」の決まり文句に、「一杯じゃ足りない、二杯飲んでもいい?」と、私が念押し、目線の先にあった「博多満月」に着席。

「199円」というオドロキ安い生ビールは瞬く間に私の肝臓に収められ、二杯めは「ハイボール」を注文することにしました。

すると、メニュー「チンチロリン祭」とやらが。サイコロを振り、その出目によってハイボールが半額になったりあれこれ展開があるらしい。

面白がって「チンチロリン」を志願し、ジョッキの中めがけて「チンチロリ~ン」とサイコロを入れると・・・ふたつ合わせて「3」という数。

奇数になった場合は、「1リットルサイズのメガジョッキ580円也」を引き取らなければならなくて、すっかり客側に有利な祭かと思い込んでいたら、これはむしろ罰ゲームです(笑)。

「大丈夫ですか?」と優しい掛け声とともにハイボールがなみなみと入った大きなジョッキを置いてくれたスタッフさん、「私を誰だと思っているんですか?」な~んて、心でつぶやく(笑)。

流れは「罰ゲーム」だけど、「二杯飲んでいい?」と言いつつ、ホントはもっと飲みたかった私。メガジョッキのおかげで「二杯」の約束は守りながら、満足のアルコール量での退店となりました。

こちらのお店、スタッフさんがオモチャのグラスで一緒に乾杯してくれたり、突出しが小鉢いっぱいの明太子だったり、着席直後からあれこれ楽しい。

会社帰りの軽く「おビール」、「おハイボール」、クセになりそうデス

DSC_04211448527579082DSC_0422




DSC_0423DSC_04251448527470883

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) minum di Nakano 中野飲み 

2015年11月25日

まろやかたらこZENパスタ

少し前にテレビで観た「イタリアで日本の乾燥しらたきがZEN(禅)パスタと呼ばれて大流行」。お湯でもどしてパスタ代わりに使えば、ヘルシーでオシャレな一品に・・・

DSC_0266「どんなソースにも合い、何より美味しいのが人気」だそうです。

「しらたきラーメン」を通販で取り寄せ、味見した一袋以外すべてを「ムリっ!」と捨てたことや、

DSC_0268ヘルシー狙いで「しらたき」を大いに食生活に取り入れて挫折したことも何度か。「何より美味しいのがってマヂ(笑)?」と、

その時は斜め目線で眺めていました。が、「白米爆食い」が止められない中で最近ふと作ってみた一品に、

「なるほど、「何より美味しい」ほどではなくても、これまでのしらたき代用料理のイメージを一新、かなりイケる」が写真のものデス。

セブンイレブンの「生芋しらたき」を麺つゆを加えた汁で茹でて軽く茹で、ほぐしタラコ、「雪印コクと香りの北海道バター」、「S&Bテーブルコショウ」と和える。

しらたき独特の香りは抑えられ、コクのある甘い味に仕上がります。その風味は麺つゆの下茹で効果か、このバターを使うからこそか、はたまた「生芋したらき」だからか・・・

ちなみにタラコはスーパーで売っているフツーの切れ子を使用。

どこかを変えてバランスが崩れたものを食べるのも嫌なので(笑)、風味のモト追求はすることなく、「白米爆食い」生活の中に適宜取り入れています



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(2) makanan 食 

2015年11月24日

食べ飲みがたり<鳥よし>

幻想的、立体的な光のショーにうっとりした後は、どちらかと言えば夕方に待ちあわせた目的はこちら(笑)・・・の焼鳥、赤坂「鳥よし」。

1448358615919お任せでテンポ、タイミングよく置かれる串たちはどれも良い意味でシンプル、美味しかったです。

色々と喋りながらお肉や野菜を頬張り、器に収めてゆく串の数はジリジリ増えてゆくけど、ま~だまだ。

周りの殿方たちの「砂肝でストップ」とか、「今焼いていただいているので最後」の声に、「私たち、砂肝はもうとうに食べちゃったよね(汗)」とつぶやいてもま~だまだ。

たっぷりの焼酎とともにかぶりついた串たちはもう、数えて自分たちの食いしん坊っぷりを笑うのも面倒なほどになっていました(笑)。

ほどよい活気とサービスが心地良かったし、友達曰く、「ネタケースの中でまだ食べていないものがあった、全部制覇できなかったのは悔しい」・・・とのこと。また伺いたいと思いマス

14483580883021448359843729DSC_0413

輝めぐり2015(3キラ) 東京ミッドタウン

先日の「恵比寿ガーデンプレイス」のキラキラも美しかったけれど、今宵の「東京ミッドタウン」のイルミネーションには「計算、仕掛けられた美」がありました

DSC_03885時ダッシュで電車に飛び乗り、外苑東通り沿いのツリー付近で友達と待ち合わせ。

乃木坂方面の輝く木々を眺つつ芝生広場へ向かいます。

幻想的なBGMとともに始まる光のショーは宇宙をイメージし、その名も「スターライトガーデン2015」。青と白をメインに、ふわふわと浮く光あれば煌めく小さな光・・

のうちに惑星がジャジャ~んと鋭い光を放つ、立体感も楽しい数分間。見る場所で違う風景、印象になるのも面白かったです。

最後にスポンサーの巨大な名前がドドド~ンと出現したのにはガクっときたけれど(笑)、だからこそ、このようなイベントをを私たちが気軽に鑑賞できるのですね

DSC_0396DSC_0399DSC_0402




DSC_0404DSC_0405DSC_0406






nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2015年11月23日

ど~んと恐竜王国

今年も赤城神社をメイン会場に開催の「ど~んと福井 in 神楽坂」。最終日のラスト1時間前になんとか「滑り込みウロウロ」できました

DSC_0382年々神楽商店街の方へ範囲を広げているようなこのイベント、

キッズだけでなく、同伴のパパママの視線を釘づけにしていたのは「恐竜頭骨」の展示ブースで、

「さわってもOK」な「トリケラトプスの太もも」も置かれています。

スタッフさんに「どうぞ、どうぞ」と促されても、興味がないと「恐竜、怖い・・・」(笑)、腰が引けて立ち去った先には恐竜をPRするゆるキャラ、「ジェラチック」たちが。

こちらでもスタッフさんに「お姉さん、ゆるキャラと一緒に写真をどうですか?」と声をかけられました。でも、「ジェラチック」よりも、「お姉さん」と言われた違和感にまた立ち去ってしまう。

この場合「おばさん、ゆるキャラと一緒に・・・」と言うワケにも行かないし、「そこの方」はよそよそしいし、掛け声って難しいですねー。やっぱり「お兄さん、お姉さん」が無難なのかなぁ(笑)。

とか考えているうちに赤城神社の鳥居内に到達。

へしこ、梅加工品、かまぼこ、干物、水ようかんなどなど、色々な食品に若狭塗り箸梅干しを扱うテントが並び、最後の売り尽くしを目指し、呼び込む声にも熱が入っていました。

私の目当ては「焼き鯖寿司」。本来は1本1,000円だけど、もう2本1,500円で良いそうです、わ~い!そしてここでゲットしたのが「越前かに」か「若狭ふぐ」が当たる抽選チケット。

イベント終了30分前でもまだ1等の「越前かに」がひとつ残っていて、高まる期待。も・・・私の2人前の方に派手な鈴が鳴り響き、残念。

2年前のこの場所、シチュエーションでも、係員に「隣の方が早いです」と言われて私が列を移った後、私が立っていた場所に入った方が「カニ」を当てました。

「カニの抽選会」には縁がなくても、このイベントを毎年覗き、最近は福井出身の方とよく話をするうちに、現地で「おろしそば」や「ソースカツ丼」を食べてみたくなっています。

イベントの効果、ある~。

DSC_0363DSC_0368BlogPaint




DSC_0375DSC_0376DSC_0379

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 | belanja 買物