2016年02月

2016年02月29日

中野ごはん<ねぎし>

中野ランチでかなりヘビロテな「ねぎし」、ひとりで訪ねる率は90%です。

1456713860365ひとりで・・なのに空いてさえいれば快くふたり用のテーブル席に案内してくれ、その木製の椅子は座り心地よく、

飲み物も温かい、または冷たいものが良いかと尋ねてくれ、おしぼりが厚手で使いやすいのもありがたい。

ほぼ毎回、牛たんではなく、3タイプの焼肉が盛られた「トリプルミックス」のランチバージョンを注文しています。

たっぷりと肉にからむタレをごはんに「ちょんちょん」とつけて肉は一旦そこ置き、タレ付のゴハンを食べるシアワセ。

この「ごはんにちょんちょん食べ」・・焼肉店ではどこでもできることだけど、焼肉店に行くのは夜の時間。「夕食に焼肉ではごはんを食べない」と固く決めているだけに、

至福の、至福すぎるひとときなのです。この幸福かげんがヘビロテかつ、誰にも気をつかわずひとりで訪ねる所以かと(笑)。

nimadekurumimm at 23:07|PermalinkComments(0) makan di Nakano 中野ごはん 

2016年02月28日

うちタイ飯たい

東京マラソンの日曜日。主人もその関連でどこかへ出かけてしまい・・の、ひとり晩ごはんは、ポストに何度かチラシが入っていた「オリエンタルデリ」のデリバリーをお願いしました。

DSC_1608タイ料理を配達してもらうウマみは転勤同行中に覚えたもの。ひとりご飯に明るい色彩とスパイスの刺激を添えてくれ、

サラダ、揚げ物、炒め物、焼物から〆ゴハンまで自由に組み合わせられるのがよろしい。

冷めても美味しく食べられるものがあれば、レンジやオーブントースターで再加熱しやすい品が多いのもポイントが高いです。

上海で暮らした頃は、雨が続いたり寒い時期に平気で一週間以上外出しないことも。

一度の配達で、お昼ご飯のトムヤムクンとパッタイ、晩酌用にさつま揚げと炒め物など、2食分を一気に頼んだりしていました(笑)。

今回初利用の「オリエンタルデリ」は店舗が近いからか、作りたてがサクッと届けられ、味付けは少しマイルドめ、パクチー風味が弱いものの、家でいただけるならば充分にありがたい。

そして「後で飲みのつまみに」と、取り分けておいた「ガイヤーン」を帰宅した主人にいつのまにか食べられていたのには「ガーン」でした(笑)。

nimadekurumimm at 23:05|PermalinkComments(0) makanan 食 

2016年02月27日

神楽坂飲み<月よみ庵>

昨日のワインに続いて今夜は日本酒とのペアリング。夕方にダメもとで電話を入れてみた「月よみ庵」の予約がとれ、興味津々なお店への初訪問が叶いました。

1456566225363旬の素材がたっぷり盛り込まれた料理はどれも美しさの中に可愛らしさもあり、料理そのものの彩、器の色、デザインの調和が楽しい。

タイミングよく置かれる美味なる品々に合う日本酒は、オススメで選んでもらいます。

一品に2種類のお酒、または料理と料理の合間に「飲み比べ」などやっているうちに、「お出しできるお酒はすべて飲まれました」のお言葉をいたただき(笑)

ならばと、気に入ったお酒をアンコール。「食・宮本さんのこしひかり」の前に珍味をプラスしてもらい、「ニッポンの恵み」にど~っぷりと浸る、寛いだ夜でした。

ワインのことも日本酒のことも詳しくはわからないけれど、こうやって色々なタイプを飲み比べるとその特徴、面白さがわかった「つもりになる」ような。

そして、銘柄や諸々を覚える気がないので、次に同じものを何度飲んでもまた新鮮なキモチで感動できるのが私のシアワセなところデス(笑)。

明るく、おしゃれな設えにもう~っとりし、今宵の月齢は18.5

145740922606014565667441591456566655621




_20160227_22195414565683386041456567152399




1456567139637_20160227_2220501456569926850




145657003725414565706883011456570607293




145657074985814565713998531456571831835




145657186893514565723633801456573286658


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) Bar di Kagurazaka 神楽坂飲み 

2016年02月26日

ラッスんコルクかい?

夕方は川越から表参道へ移動。東武東上線と東京メトロ副都心線がびゅ~んと一本で繋がる便利さに、「相互乗り入れはしょっちゅう電車が遅れる、止まる」ばかりじゃないなぁと

1425029113960訪ねたフレンチ「L’AS」は、前回の訪問もちょうど1年前、2月の最終金曜という偶然です。

「直前の連絡でもよくぞ予約が取れた」と思えば、案内されたのが中で続いているお隣の「CORK」のカウンター席。

とにかく歩いた今日は絶対に「とりあえずビール」から。初めて飲んだベルギーの「ヒューガルデン」はなるほど、フレンチにピッタリ風味です。

が、アミューズブッシュあたりですっかり空に(笑)。一杯めのビールが譲れず、シャンパンから始まり、4種類のワインを合わせてもらえる「ワインコース」はお願いしなかったものの、

結局コース料理の一皿に一杯つづワインを選んでもらい、グビグビ飲む「ワインコース」そのものな展開に陥りました(笑)。

「CORK」にも来てみたかったから空間が興味深く、ふわふわツルりんな「自家製のモッツァレラチーズ」からスタートしたお料理は今回もすべてがとっても美味しく、

「スペシャリテ」の「フォアグラのクリスピーサンド」はやっぱりクセになる風味。

なものの・・席の利用時間はキッチリ限られ、管理され、カウンターに並ぶみなさんとほぼ同じタイミングで料理が提供され、同じ説明が流れ、時折それが棒読み気味だったりすると、

少々「給食」か、養鶏場のニワトリのキブンになる部分も。さらには「同じ時期、ちょうど1年ぶりの訪問」では旬の食材、つまりお料理も何品かかぶってしまうの教訓もありました。

そんな初回はなかったり、気づかなかった点に、「超人気店はどんなに気に入っても2度訪ねるべきではないのかも」と、友達とふたり同じ思いが浮かび

キッチリ次に予約されている方に合わせての時間に退店となりました。

145647763227414250305258471456477490665




1456478327882_20160227_1302511456479600469




145647941485514564807162061456480494506




14564816456981456481924017_20160227_130410



小江戸の昼さがり<2>おいもと蔵造の街とおせんべい

今も残る歴史的な建造物に浸ったあとは「川越といえば」の「菓子屋横丁」、「蔵造の街並み」界隈へ。その入り口は昔、幕府からの知らせごとが掲げられた「札の辻」交差点です。

DSC_1559高札場は交差点の中心にあったそうで、現在は車がひっきりなしに行き交うように、当時は多くの人々でにぎわったのかなぁ・・・と。

交差点近くのお店を覗くと、中には「芋、いも、イモ」。「川越といえばイモ」なのかぁ~。

個人的には「芋類」が好きではないので惹かれることなく(笑)、お菓子横丁での目当ては「おせんべい」です。まずは「雷神堂」でヒビの間に二度塗りの醤油がしっかりと染み込む一品を購入。

菓子屋横丁の始まり、鈴木藤左衛門の直系「松陸製菓」を中心色々な店舗が軒を連ね、高級菓子、駄菓子、飴などなどを見歩くのはとっても楽しく、

続いての蔵造りの街並みには「明治時代の建物がよくぞここまでの形で残ったものだ」の感動がありました。中には1792年に造られた関東地方最古の蔵造建築「大沢家住宅」も。

街のシンボル「時の鐘」もやはり明治時代の大火の際に再建されたとはいえ、長い間人々の暮らしを見つめてきた風格があり、今でも決まった時間に鐘の音を響かせ続けているそう。

サクサクと軽い手作りおせんべいをかじりながら通りを南下、「大正浪漫夢通り」、「クレアモール」を経由してかわごえ駅に帰着です。

3時間半た~っぷりと歩き、見て、ワクワクして味わって・・・それでもまだまだ見どころを残している川越散策、気軽に来やすいだけにクセになりそう。

DSC_15301456467182349BlogPaint




DSC_1540DSC_1541DSC_1580




DSC_1547DSC_1558DSC_1566




nimadekurumimm at 23:57|PermalinkComments(0)

小江戸の昼さがり<1>武蔵野の面影と御殿と団子

午後1時すこし前に川越駅到着。徳川家ゆかりの寺院や、かてお城があった辺りから散策するべく歩き始めました。「こっちで大丈夫だよね」という不安げな友達の声を横に聞きながら・・・

DSC_1494地図を持ち、先導するのは私、道中に掲示される案内図なんかも見ながら進んだはずなのに、「あれ~?川越街道に出ちゃった」。

目指す「喜多院」とはズレずれの方へと歩いていたみたいです。


思い込みで突進する私のことは重々承知している友達が「不安的中(笑)!」とばかりにスマホでルート検索をしてくれ、軌道修正。

しかしスマホ片手でも頼りない先導が続き、やっとこ着いた「喜多院」も「山門」からではなく、横の「どろぼう橋」から忍び込む形に(笑)。この間のロスタイム、20分以上です。

「どろぼう橋」という妙な名前は、昔、盗みを働いた者がこの橋を渡り、町奉行の手の及ばない「喜多院」の敷地に逃げ込んだ。僧侶たちは泥棒を諭し、泥棒は罪が許されるよう一心祈り、

その後立ち直った泥棒は町に戻って一生を真面目に過ごした・・に由来するそう。

「喜多院」の広々とした敷地には今でもあらゆる人を迎え入れ、それぞれの思いで、それぞれなりの時間を過ごさせてくれる懐の深い雰囲気が漂っていました。

キラキラと輝く光と緑に浮かぶのは「多宝塔」。「多宝塔」の横から「喜多院」を出た左手は「成田山川越別院」で、山門の中の御詠歌が流れる澄んだ空気に心が洗われます~。

それから「浮島稲荷神社」経由「富士見櫓跡」、「三芳野神社」など、お城エリアへ。

「三芳野神社」は童謡「通りゃんせ」に歌われた神社。「と~りゃんせ、とーりゃんせ♪」の不気味さはまったくなく、花咲く参道を「ご用」はなくてもちゃんと通してもらえました(笑)。

そして帰りは「
こわい」から参道に戻らず、反対側から抜け出て、

一部が現存する貴重な遺構「川越城 本丸御殿」へ。「三芳野神社」が「こわい」と歌われるのは、城内だけに出入りのチェックが厳しかったからなのですね。

しかし「御殿の内覧」は本日「金曜定休」。それに伴い、お店も「金曜定休」が多く、「雨女」なのに恐ろしいほどの快晴・・と思えば、やっぱりそういうめぐり合わせなんだなぁ(笑)。

「本丸御殿の外観を眺め後は「道灌」にて「だんご休憩」。「だんご」イコール「甘しょっぱい」と思い込んでいるので、醤油の味がガツン、甘くない風味が出てきたのがオドロキでした。

お店沿いを西に進むと400年近く前に防衛戦略として作られた「中ノ門掘」。城側の急勾配を越えられずにモタモタオする敵を城壁に開けられた穴から打つ形になっています。その隣は民家。

お城だったエリアのほとんどは現在市街地になっているけれど、残された遺構の点と点を結ぶと敷地の広さがなんとなくわかるような。

遺構と人々の暮らしが共存する場所は過去と現代、その間に絶えることなく人々の暮らしがあったこと、今も続いていることをしみじみ物語っているようで興味深いです

DSC_1478DSC_1485DSC_1486




DSC_1497DSC_1505DSC_1510




DSC_1515DSC_1521DSC_1517

nimadekurumimm at 23:00|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

50までにやりたい50のこと(17)川越あるき


DSC_1544池袋から急行で30分の気軽な距離、そして、地名にも親しみを持っているのにナゼか一度も訊ねたことがない川越へ。

「仕事で何度か行ったけど、散策したことはない」な友達がノリノリで付き合ってくれました。

生まれ育った土地から1時間圏内にこれほどステキな町があったなんて・・「小江戸」たる所以、「とおりゃんせ」に歌われる「天神さまの細道」、

焼きたておせんべい、突然声をかけられ、20分も「川越話」を聞かせてくれたボランティアのおじいさんなどなど、午後からの散策でも存分、十分に楽しめました

nimadekurumimm at 18:38|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2016年02月25日

友達のおとーさんはみな友達(?)


IMG_1465ローマに住む友達を囲む会。今回のお店は私たちと縁が深い江古田、小竹向原エリアの割烹「樽見」に予約を入れました。

時期的に濃淡はありつつ、20年以上足を運ぶ「樽見」なので、絶対~に過去にみんなで来たことがあるはずなんだけど・・・。

「初めてだよ」とか言うメンバーも。記憶違いなのはどちらなのか、深く考えると「年を重ねたこと」が恐ろしくなるので、ここはうやむやに(笑)。

ミシュランガイド東京2015年のビブグルマンに選ばれたからか、これまで以上ににぎわう店内。そんなにぎわいに全く負けていないのが私たちの食べっぷり、騒ぎっぷりです。

今回の宴はローマに住む友達のお父さまが特別参加。子供のころにお宅にお邪魔しても、そうやすやすと話ができないず~っと年上の方・・だったお父さまと、歳とともに距離は縮まるもので、

躊躇せず、色々なことを語り合い、ともにゲラゲラ笑うひととき。出会ったのが子供時代だけに、両親、兄弟などなど家族ぐるみでしてきた交流もこうやって進化してゆくんだなぁと。

長い間変わらずに心のよりどころになってくれ、たくさんの時間と思い出を着実に重ねていることを実感する、良い夜でした。そしてまた飲みすぎタ(笑)。

nimadekurumimm at 23:00|PermalinkComments(0) pesta 宴 | teman 友

2016年02月24日

神楽坂ごはん<エンジン>

寺内公園の隣にできたビルにある中国料理店「エンジン」。雑誌でも度々目にし、「行ってみた~い」と願うものの、タイミングよく予約がとれず、今日は3度めの正直で訪問が叶いました

1456309193340高校で出会った時から変わらず時間に正確な友達3人で待ち合わせピッタリにお店に集合。

ほかのお客さまは若め世代が多いのかな・・・と、思っていたらそうでもなく、ちょっと安心(笑)。

まるでどこかのお宅にお邪魔しているようなゆったり感があるテーブル席にて、これまた高校で出会った時から変わらないペースのトークとともに、意外性のあるお料理たちを楽しみました。

前菜には「ピータン豆腐」ならぬ「ピータン湯葉」、酢豚に「おこげ」が添えられていたのも面白く、コース前半は白ワイン、ソーヴィニヨンブランと、後半は紹興酒で。

〆はチャーハン、酸辣湯麺、坦々麺から好きな一品を選択でき、選んだ「坦々麺」は優しさとピリリと締まる風味が共存しています。

料理が運ばれるたびに話題にした器は友達のひとり、ピーチがビシっと当てた通り、大分県皿山地区のものだそう。柔らかい風合いが料理の色香をぐっと引き立てていて・・・。

初訪問の今回はコース料理にしたけれど、次回はアラカルトでお邪魔したい

145631049626614563118864041456310055179




1456313465983_20160225_0833481456314761288




DSC_147214563178305191456307322360




2016年02月23日

サーチノウ、知らんのう

日々ドタバタでパソコンのウィルス対策ソフトの延長を忘れた&ドタバタと焦り、見知らぬサイトから楽譜のダウンロードを試みた・・の結果、パソコンがウィルスに感染してしまいました~

DSC_1274症状としては、「Internet Explorer」で検索をかけると「Search Know」なる検索用画面が「ジャ~んっ」と現れる。

ネットの情報を頼りに削除すると、一瞬消えたかのように思わせて、ふたたび「Search Know」が「ジャ~んっ」と現れる。

その検索サイトを使って検索をしたら一体どんなことになってしまうのでしょうか・・・どうやってもしつこく現れ、決して消えない「Search Know」、すっごくムカつきます(笑)。

仕方なくパソコンの初期化を決意したら、素人がガチャガチャとウィルスに立ち向かったために何やら大切なソフトまで削除してしまった様で、それもダメ。

いよいよ困ってメーカーに連絡し、修理センターで作業をしてもらうことになりました。

指定した日時に業者さんが現れ、パソコン本体と電源アダプタを預けるだけで、一時パソコンを手放す作業は終了。1週間ほどでパソコンは心地よさげな移送用の段ボールに収められて帰宅、

復活作業もサクサクと終わり、ふたたび快適にパソコンを使えるようになっています。

ということで、今回はウィルスがいかに憎たらしいか、その対策ソフトが大切か、知識のないヒトがパソコンを使う隣には危険がいっぱい・・・

などなど、痛い出費とともに学習いたしました~、トホホ

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常