2016年04月

2016年04月30日

ゴールデンサタデーナイト

大きなイベントはないけれど、神楽坂での食べ飲み歩きが楽しい連休です。東京を離れている方が多いのか、引き続き閑散としている神楽坂。

1462011557456そのおかげで最近はなかなか予約が取れない「梅香」でゆっく~りと食事をすることができました。

いつもの「前菜盛り合わせ」、「辣子鶏」、「陳麻婆豆腐」、「汁なし担々麺」に加えた初めて注文する風味は「新筍の炒めもの」。

筍のフレッシュな香り、歯ごたえと、ひき肉の甘味がマッチした、こちらもと~っても美味しい一品でした。そして、本格的な飲みタイムは坂上に移動し、「季彩や ひで」さんにて。

「小布施ワイナリーの日本酒」、「みむろ杉」「凱陣」など、レアな日本酒をいただき、あてには可愛&珍しいイカの干物も。

思いっきり飲んでも明日も休み、それから一日だけ仕事をすれば、また3日の休みが広がっているなんてキブン最高っ!いつもながらの温かいお店の雰囲気にもお酒が止まりませ~ん(笑)でした。

_20160503_14431214620179345391462018361621



nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2016年04月29日

神楽坂ごはん<宮した>

当日にふらりでは何度も入ることができなかった「宮した」さん。今日は前々からビシっと予約しての初訪問が叶い、大将の笑顔に迎えられてのカウンター着席です。

1461924312107春の香り満載の「桜エビ」と青菜のおひたしから始まった「おまかせ会席コース」は、美味しい出汁、良質な素材をベースにした

直球な和のお皿、お椀たちそれぞれの中ににさりげなく、繊細な個性が光っていて、とっても美味しかった。

連休イブの昨晩から閑散としている神楽坂。「何度も入ることができなかった」がウソのように、店内が落ち着いていて、その分大将やお店の方と色々な話ができました。

お料理が美味しいだけでなく、その確実に美味しいものを構えず気さくに、食べる側のことを考えて作り、提供してくれる雰囲気がステキ。お腹とココロが温かくなるお店だなぁと。

ひたすらお酒を飲み続ける私達のために、最後のごはんは「お店で」ではなく持ち帰りの提案もしてくださり、肝臓が落ち着いた頃に家で食べたおにぎりがこれまたお腹とココロ沁みました~

146192480889314619257358101461926498195




14619278059501461929999125DSC_2622

2016年04月28日

神楽坂ごはん<離島キッチン>

黄金週間前夜。カレンダー通りの「3日出て1日休むx2 プラス土日」の予定で、「最長10日間」には縁がないけれど、やはり「連休」や「ゆったり感」は嬉しく、ウキウキします

DSC_2613な夜は、職場の飲み仲間さんたちと寛いだ時間@「離島キッチン」。

工事中は「どんな業種が入るのだろう?」と想っていたちょっと不思議な形をした建物は見事ステキな雰囲気に完成し、


「離島」をテーマにした料理や飲み物、物産品も提供するお店になりました。のが、半年ちょい前・・やっとこちらのお店を訪問できることにもウキウキです。

メニューは定番と月替わりの「今月の島のもの」で構成され、4月の島は「八丈島」。

「お通し」の明日葉も「八丈島」ものだそうで、明日葉に添えられていた「隠岐島のイカの子の酢味噌和え」や、「あて」メニューから選んだ「沖永良部島パパイヤの漬物」も初めて食べる料理。

日本各地からの「島もの」を囲んでいると、シンプルなお店が自体「船」で、プカプカと日本近海を巡る時間を過ごしているようなキブン・・・

お刺身、煮込み、焼物と、注文した料理はどれも美味しくて、

それぞれの食材やお酒を各島からの恵みとし、生産者の想いと共に大切に扱い、丁寧に仕上げて食べる人、飲む人の元へ運んでくれる雰囲気が素敵でした。

かなり混む中でも注文や要望にはすぐに応じてくれ、お料理を運ぶタイミングや間合いもバッチリ、の中でちょっと残念だったのは、

料理のラストオーダーが9時と、根が生えたように食べ飲み続けるのん兵衛たちには少々早めだったこと。でもそこはあくまでも「キッチン」。

「バーではなく、食事を楽しむ場所だもの」と、一同納得です

146183760345314618408164891461839106969




146184104686714618416297001461843434815




146183716622014618439183691461837152415

2016年04月27日

京都からのメレンゲ

先月、デパートの特設店舗で買ったメレンゲがかな~り美味しかったです。お酒でもなく、おコメものでもない、「お菓子がオイシイ」と想うなんて自分でも珍しいなぁと(笑)、備忘録

DSC_1775目にとまって立ち止まりたくなったのはまず、お菓子そのもの色の愛らしさとパッケージの美しさ。

京都「亀谷良長」とパリでパティシエをしていた女性とのコラボ「Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA」の商品なようで、

メレンゲの正式名称は「和三盆焼きメレンゲ」です。

プレーン、フランボワーズのどちらも「ふわり」と溶けながら心地よい香りが広がり、和三盆のさっぱりと柔らかい甘味が珍しく「お菓子がオイシイ」と思わせた理由のひとつかと。

通販もあるので、ちょっとしたプレゼントにも利用できそうです。

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) makanan 食 | belanja 買物

2016年04月26日

休肝の太陽


1461660104865昨晩は「ダンナ元気で留守」の調子に乗り、主人いきつけの「バー」までも荒らし(笑)、飲みすぎタ。

いつもは夕方が近づくにつれ「飲む気」が蘇るのに、そうはならないのはかなりのダメージを受けていると思われます。

「飲む気」が蘇らない分、増してくるのは「眠気」、そして「食い気」・・・

職場前からバスに揺られながら30分ほど目を閉じたひとときを過ごし、終点「江古田駅」近くのラーメン店「太陽」でノンアルコールの夕食を摂りました。

「今夜は何をたべようかなぁ」でふと思い浮かんだらもう「絶対に食べたい!」になってしまう、30年近く通うこのお店のラーメン。煮干しの香りが度々私を呼ぶのよね~(笑)。

体調的には半ラーメンとジャンボ餃子2コぐらいがほどよいと思いながら、通常盛りのラーメンにジャンボ餃子3コがつくセットを注文してしまい・・・今度は「食べ過ぎタ」となる。

お腹が重くて電車に乗るのさえ面倒くさく、池袋を目指して平地を歩きました。

ルート的にはピアノの稽古や大学、江古田での飲み会へと通いなれた道。だんだん面白くなって、今は校名が変わり、舎も建てかわった出身中学を眺めたりの思いがけない楽しき夕暮れ散歩。

「正気、気が確か」なだけに、時間がた~っぷりある気がするノンアルコールの日のたまには良いものです(この発想が衰えた証拠のような気がするけど・(笑))

DSC_2596DSC_2598DSC_2603




2016年04月25日

ひとり炉端で

引き続き「ダンナ元気で留守」につき、主人いきつけのお店に堂々潜入、つまり「縄張り荒らし」デス(笑)。今宵荒らしてきたのは、「炉端焼」のお店。

1461585957842「ほっけ」や「八角」など、それだけでお腹いっぱいになってしまう大物は諦め、牡蠣やシシャモなど小ぶり魚介類、

そして何より、主人と一緒の時は「注文不可」な、主人の嫌いな茄子、ピーマンなどの野菜を堪能でした。

皮ごと炭火で焼いた茄子は、今まで食べた「焼きなす」な中でピカイチ美味しかった!!

偶然、本店の女将さんにお会いすることもできたし、炉端で色々な料理が仕上げられてゆく様子を見るのも興味深い&楽しい・・・ひとり「炉端焼」、クセになりそうデス。

14615840533521461584047541DSC_2593

2016年04月24日

50までにやりたい50のこと(26)家から職場をあるく

ダンナ元気で留守な休日は以前から考えていた「家と職場間を歩いてみる」を実行でした

DSC_2576「そのうちに・・・」が、「やらねければ」に変化したのは、熊本の大きな災害の報道を受けて、なのかもしれません。

徒歩で2時間ほどの先に設定した「ゴール」は、会社ではなく、近くのワインバー(笑)。

平日にひとりでふらりと寄りたいお店だけど、満席だったり、職場の人に遭遇したくないキブンだったり、ひとりでの訪問はまだナシ。日曜日ならばそれらの確立は低いかも、との設定でした。

車の多い通りは避けたルートを大まかに決め、順調に歩き始めた30分後、地図では読むことができなかった景色に遭遇してしまう・・・それは「戸山公園」の中を横断する道。

両脇には木々や草がうっそうと茂り人影はゼロ、「山の中に来ちゃった?」みたいな。

不気味な静けさに「ここから車で連れ去れられても誰も気づいてくれないだろうなぁ」と妄想が膨らみ、先へ進む足が止まりました。

となると、大久保通りへと迂回しなくてはならないけど、「新大久保駅」、「大久保駅」周辺のごちゃごちゃした道は通りたくない、とか、回り道を続けているうちにテンション急降下。

ドっと疲れも出て、「淀橋市場」手前で「や~めた、おわりっ!」、「やりたいことでもムリはせず、挫折するのも大切」と、人生半世紀を前に学びました(笑)。

とはいえ「ゴールで飲むこと」はやめたわけではありません。「大久保駅」から電車で中野へ。

平日と変わらず賑やかなものの、サラリーマンが少なくて、「遊びに来ている感」がある人々が多い中野の街を新鮮なキモチで眺め、目当てのお店でがっつり一人飲みが楽しかったです。

「職場から家へ帰る」ならともかく、休日に家からわざわざ職場のある場所へ行くなどテンション維持が難しいし、企画自体がムリ(笑)。次回があるとしたら、職場から家を目指そう(笑)。

BlogPaintBlogPaint1461488563648




146149047751614614908889071461493235815

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2016年04月23日

リバース・オーダー散歩

混雑するゴールデンウィークは避けて一足先に小さな旅を・・・と、今日から温泉に行く予定でした。が、主人の仕事で直前にポシャってしまい(涙)。

DSC_2547「なんかつまんな~い」な、ひとりの土曜の夜は「飲み」と「散歩」で過ごすことにしました。

いつもはあちこち歩き回った後に「ご褒美」で飲み始めるけれど、「カロリー消費」の点では逆の順番の方が良い」ということで、

今宵は安全をちょい考慮し、控えめに飲み食べしてから散歩へ。外堀に沿っての桜色だった景色はいつの間にか新緑色になっていて、

ほろ酔い散歩は「お酒の力」で辺りがキラキラして見える効果もアリ、です(笑)。

DSC_2553DSC_2550DSC_2561

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 

2016年04月22日

ミッフィーがこんぬずば

久しぶりに高校時代を過ごし、8年前から3年ほど住んだ場所にも近い「巣鴨」へ。南側駅前の風景がなにやらサッパリしていると思ったら・・・

DSC_2537ロータリーのビルの上部にあった壊れた大きな時計が消え、ロータリー自体もキレイに整えられたみたいです。

白山通りを南下してしばらくすると現れるのは書店の壁に掲げられた「ぐりとぐら」の時計のはずが、

時計の下の窓からはこちらを見ているミッフィーも・・・可愛いけど、ちょっと怖い(笑)。などなど、道中の変化だけでなく、数か月のあれこれ話を抱えて訪ねたのは「まさひろ寿司」。

たまたま知り合いの常連さんが2組もいらしていて、思い入れのある町での寛ぐ「花の金曜日」になりました。「まさひろ寿司」のお魚、美味しかった~。

DSC_253914613199403791461322934236




DSC_031614613251341261461329526101

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) mabuk 酔 

2016年04月21日

しつこいんです(笑)


DSC_2534気に入ったお店にはぐわ~っと集中して、ある程度納得するまで通う傾向にあり・・・

13日ぶり、3度めの中野「葡萄屋」訪問デス(笑)。とにかく気に入ったビーフステーキ山葡萄風」が一番の目当てで、

その美味しさをまた別の飲み友達と分かち合いたいと思っての訪問だったけど、今夜は「お刺身」も良いカンジで登場することも発見。

ヨーグルトの風味を生かしたサラダも、熱々のピザもどれもこれも美味しくて、こうなったらメニューを全部制覇するまで通いたい勢いです(笑)。

てっきり6時だと思っていた開店時間がジツは5時・・その5時に仕事を終えてからお店の開店待ちの時間調整ナシで飲みがスタートできるのも大きくて重要なポイントになりそう

DSC_2533DSC_2174DSC_2535

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) minum di Nakano 中野飲み