2016年07月

2016年07月31日

おうちに帰った

と、「EBISU BAR」でほろ酔っても夕食にはまだ早い時間。「お次は食前酒といきますか~」で、駅前のバーのドアを開けたら、やっぱりの満席デシタ。

_20160808_193912午後2時の開店から何時に覗いてもほぼ入れないとは本当にスゴい。スゴいんだけど、テンションはガタっと落ちてしまい、

まさかの「おうちに帰ろうか」の展開です(笑)。

の前に、「KIMURAYA」に寄って、主人と互いに思いつくままもあれこれをカゴに入れてゆき・・・

こういう場面で「ほろ酔い」だと歯止めがきかないというか、なんというか(笑)。まとまりのない食材を抱えて家に着き、そして互いに思いつくままつまみを作る家飲みがスタートしました。

市販の「海老のアヒージョ」の素で作った「タコとキノコのアヒージョ」が想いの外イケていたり、こうなるとノルマはひとりワイン一本!

結局は家でののんびり飲みが正解だったな。などなど、夏は何をやっても楽しいですね~。

DSC_0711DSC_0707DSC_0696


nimadekurumimm at 23:59|PermalinkComments(0) mabuk 酔 

50までにやりたい50のこと(35)明るいうちからビールを飲む!

夏の昼から外でビールを飲み、「くぅ~っ!」と言いたい!と、想いながらもなかなか実現することはなく。夏生まれとしてはせめても誕生日までには1度くらい・・・と企んでいました。

DSC_0678ら、ちょうど良いチャンスが。今日は主人のヤボ用同行で高尾で乗り換えた先の神奈川と山梨の県境へ。

神楽坂から中野で乗換えた後は1時間弱の乗車というほどよさで、

到着した駅からしばらくタクシーで走った眺めは緑が深く、川がゆったりと流れ、家からそう遠くない場所に豊かな自然があることに感動&自分の行動範囲の狭さと発想の乏しさを想いました。

そして暑さには少々打ちのめされつつ神楽坂へ帰還。ほぼ「おやつの時間」になっていたけれど、お昼ご飯はまだ。「お腹空いたぁ、肝臓が乾いたぁ」と主人に訴えれば、

やはり「ヤボ用」に付き合っただけに即座に同意をもらえ、「まずはビールでしょ」ということに。

3時を過ぎたあたりで美味しいビールが飲める場所はそうそうないので、主人がまだ行ったことがないという「EBISU BAR」に向かいました。

私は2度ほど行ったことがあるし、そのやりとり、現状の詳細は省略しますが(笑)、とにかく「夏の昼からビールを飲んでくぅ~っ!」が実現できたのは嬉しい。

そのこと自体はやっぱり、とってもキブンが良かったので、これで終わることなく、8月中は果敢に度々そのチャンスを狙っていきたいと思います。

「2度ほど訪ねたことはあるEBISU BAR」でも、水滴で潤うと恵比寿さまが現れるコースターには気づいていなかった、びっくり(笑)!

146994821305514699488445441469949263804


2016年07月30日

TomomoとMomo飲み

「梅香」でと~っても良い時間を過ごし、外に出れば、神楽坂まつりの「阿波おどり」はすでに終了。その熱き余韻が界隈に漂っていました。の、二次会はワインダイニング&バー「神蔵」へ。

DSC_0676阿波おどりに合わせて「スパークリングワイン」が提供されたお店の前はまだまだ賑わっていたけれど、

店内はほどよく落ち着いていおり、私たちもシュワシュワしたワインを注文。

タイミングよくお店に届いていた「桃」を見つけてカットしてもらい、ワインと一緒に食べるもよし、グラスにどっぼ~んと入れるもよし。

その風味と甘さに誘われるまま、ボトル1本はあっという間でした(笑)。

「胡桃と飲み続けるうちにお酒が好きになった~!」となんとも嬉しいことを言ってくれる友達「Tomomo(仮称)」。こういうココロから寛ぐ時間って大切だなぁ・・・・と、

ハートがぽかぽか、またあれこれを頑張ろう、向き合おうという勇気、気力がみなぎりますっ!!←私のまわりのみなさまは、このテンションが怖い、「嫌な予感がする」とおっしゃる(笑)。


阿波より麻辣

神楽坂「梅香」で花胡椒にシビれる暑気払い。先日、土曜日にはなかなか予定が合わない友人から「30日(土)は大丈夫」の言葉が発せられるや否や、その友達が化粧室に立って戻るまでに

DSC_0673他の友達への宴企画連絡&うち一人からの参加メールを受信していたという、仕事の速さ(?)を褒めてもらいました(笑)。

せっかくの機会なので、「梅香」のメニューにはない「水煮魚」を事前にリクエスト。

コク辛な「水煮肉」もたまらないけれど、さっぱり辛い「魚」バージョンもやっぱり美味しいです。

今宵のメンバーは高校の同級生3人に主人の4人で、とりビーからのワインに紹興酒・・・「麻」の効果もあってか、徐々に「もや~ん」となりつつ、愉快な宴は盛り上がるばかり。

20年以上前、わたしたちの結婚パーティーで「お互いの良い友達はこれから良いカンジに交流が深まり、良い一緒の時間を過ごしてゆけるはず」と想い、スピーチに盛り込んだとおり、

今や「主人も同じ高校だっけ!?」ぐらいの一体感が本当に楽しいです。人数が揃えば〆も「酸辣湯麺」と「汁なし担々麺」の2品とかいけちゃうのだって嬉しい。

外は神楽坂まつりの佳境、「阿波踊り」が7時からスタートしているけれど、土曜日は少々早めの「梅香」のラストオーダーに合わせ、その時はすでに店内に。

花よりだんご、阿波より麻辣食べ飲み、な夜。主人とお店に向かう道中で「子供たち部門」の最後の最後、可愛い踊りの姿だけを鑑賞した今年の「神楽坂阿波おどり」でした。

140274021364114088733887881402740729169




DSC_0724DSC_0674BlogPaint


2016年07月29日

夏空だもん

昨日の時差出勤に懲りて(笑)、今朝はいつも通りの時間に会社へ。ビルの間から顔を覗かせる夏空、夏雲がとってもきれいでした。で、そんなビールが美味しい日は高円寺「まるきゅう」へGO!

DSC_0650なんだかんだと定期的に集い始めてもう何年・・・な、職場の仲間と、先日、主人と訪ねたばかりの九州つまみを堪能。

熊本で食べた「馬刺」は最高!だったけれど、高円寺で食べる「馬刺」もステキです。

夏らしい「水茄子」、何本でもいけちゃう「焼鳥」などなど、本当にいつ来てもお酒が進む、楽しいお店にて、諸々のストレスも発散、夏らしい、良い一日になりました。ではもちろん終わらず(笑)、

駅近くの「プロント」で二次会。「プロント」で飲んだのは20年以上ぶり、かなぁ。

OL時代にちょいつまみのお店として便利に利用していたことを懐かしく思い出し、変わらずに便利に使える、そしてメニューもほどよく進化していることを確認。

ひとりで飲みつつ、諸作業もできそうな空間に、また「ひとり飲み」のパターンが広がりそうです。

DSC_0656DSC_0655DSC_0653




DSC_19631469792878945DSC_0657
 

nimadekurumimm at 23:56|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 | pesta 宴

2016年07月28日

酷時差出勤

今日は時差勤務、いつもより1時間遅く出社しました。とはいえ、主人が出かける時間はいつも通りなので、起きる時間もいつもと一緒。

IMG_7434ということは、「自分のためのゆとりが1時間できる」はず。でしたが、ボケ~っとテレビで「羽鳥さん」を眺めただけで終了(笑)。

そんな「ダメな自分」以上に「うげ~っ」なのが出勤道中の暑さで、朝、1時間違うだけで気温、消費する体力ともにこれほど違うのか、

「いわゆる「サマータイム」の逆をっいちゃってる」、と(笑)、夏の間は二度と「時差通勤」を選ぶまいと心に誓うのでした。

そしていつもより1時間遅くまで仕事をした後は公式の飲み会。

「公式だからおりこうにしていなくちゃ」ともココロに誓ったはずが・・・なんだかいつも以上にうるさくはしゃいだような記憶。これも時差通勤からの疲れ、夏の暑さのせいにしておきます(笑)。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常 | pesta 宴

2016年07月27日

ほおずきを買って炉端焼

今年も「神楽坂まつり」がスタート!「神楽坂駅」から坂下を目指すと、駅構内から浴衣姿多数、商店街が設けた「一時休憩所」など、歩みを進めるごとに色濃くなる祭りの眺めです。

DSC_0646と、余裕があるのも毘沙門天の手前まで。

毘沙門天を中心とした歩道はお祭りにきた人々、そこに連なる店みせのスタッフたちでごったがえし、

辺りの気温は周囲より確実に高いです。暑さの中、次々に現れるビールやスパークリングワイン、美味しそうな香りを漂わせる焼物などなどにココロ惹かれるものの、ガマンガマン。

今宵は坂の途中で待ち合わせの友達と炉端焼「万年青」に行くのでね。

札幌の「何もかもがすごい量で、最後は腹立たしくさえなった」と、私が話した居酒屋を実際に訪ね、「それほどではない」と語る頼もしい友と、目の前の炭火で焼きあがるあれこれを堪能。

「脂でおなかがプックリ」、まるで「共食い(笑)」なイワシの一匹まるまる焼が特に素晴らしかったデス。焼物以外、くじら、ボタン海老もそれはそれは美味しくて、

気付けば結構な時間、炉端に張り付き、食べ飲み続けていました(笑)。

今年も家に連れ帰った「ほおずき」は、毘沙門天前の混雑を予想し、坂上で買っておいたもの。玄関で青く、良い香りを放っており・・・いよいよ夏、本番!

146961012677514696103700391469610664725




14696114458881469613919445DSC_0638




DSC_0619DSC_0627DSC_0630


2016年07月26日

懐かしき赤星

数量限定で発売中の「サッポロ ラガービール」を酒類配達サイトから届けてもらいました。ほどよく冷やしてゴク、ゴク、ゴク・・・ぷはぁ~っ

DSC_0614しっかりした苦みと、喉に細かく当たるシュワシュワが爽やかです。子供のころ、家にこれ以外のビールがあったことはない父の好み。

大きな赤い星には馴染みと懐かしさを感じ、これほどの酒鬼を育て上げただけあって、実家はお酒にかなりゆる~い。

むしろ「外で慣れないお酒を飲んで人さまに迷惑をかけるな、自分の適量は家で確認しておけ」てな調子だったので(笑)、小学校高学年あたりから父が晩酌をする時には隣にべったりと張り付き、

「ビール、ちょうだい」から始まり~の、自分の夕食には登場しなかった、「父のためのあて」を横取りしていたっけ。現代ではよろしくない風景、ですけどね(笑)。

その当時の味と、今のこの味がまったく同じなのか、多少現代の好みに合わせているのか、よくわからないながらも、そんなこんなが懐かしく思い出される、ステキな、癒しのひとときでした。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) mabuk 酔 

2016年07月25日

脳がなにを言おうと

ダイエットの強い味方「こんにゃく麺」で、今、気にっているのが「月のうさぎ」という商品。近所のスーパーで「冷やし中華こんにゃく」として醤油またはゴマだれ付で売っています。

DSC_2568熱量はわずか26kcalのステキな数字だけど、美味しく食べるにはパッケージ写真で紹介されているとおり、

「冷やし中華」的、色々な具材を添えることが必要になるはず。がしかし、それが「美味しそう」には見えず、

1467168898640[1]市販のウマ系パスタソースと和えたり、「千年こうじや」の液体味噌で「味噌ラーメン」風にしたり、

鶏ガラスープにセロリの葉のみじん切りやパクチーを加えてあっさりエスニック風にしてみたり、

お弁当には「焼きそば風」にしたものや、「ラタトイユ」と合わせる変化球です。

試行錯誤をし、野菜をたっぷり加えても「う~ん、なにかが違う」。脳が「もっと熱量を!」「糖質をじゃんじゃんよこせ!」と、訴えているようではあるけれど(笑)、

上下を繰り返しながら着実に減り続けている体重、その数字が何よりの励み。一応「ゴール」と決めている日まであと1か月弱、なんとか頑張りますっ!

DSC_2545DSC_2504DSC_2566




1464317593528DSC_2620DSC_2249


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0) makanan 食 

2016年07月24日

ダイニングテーブルでGO

話題もちきりの「Pokémon GO」、日々、街をウロウロ、じっとしていられない私には無用かと想いつつ・・・「やってみないことには良いも悪いも語れない」と、インストール

_20160723_113603いきなり家の中、ダイニングテーブルの下にモンスターがいてビックリ、大ウケでした。で、無事捕獲すると、なにやらそれで「大満足」。

外に出るまでもなく「こういうものなのか、もういいや」となります。が、お次は画面の閉じ方がわからない(笑)。

今のところ、無用どころか「自分には勿体ないゲーム」、という認識デス。



nimadekurumimm at 13:25|PermalinkComments(0) sehari-hari 日常