teman 友

2017年08月24日

千鳥再来

今週は仕事「5連休」だけど、夕方からは職場の友達と四ツ谷で待ち合わせ飲み。「休暇中に会社の友達と飲む気になるのがスゴい!」って笑われて、

622ef23e-s 「なるほど~」・・・今は職場での状況、ココロも安定しているシアワセな期間なんだなぁと思いました。

で、秋田の郷土料理とともに超ゴキゲンな時間をすごし、またもや「げっ、9時だったハズが11時を過ぎてる!」の事態。

私はまだまだ休みがつづいても、友達は明日仕事・・・と、目処に思っていた10時前はどこへ(笑)?からの、久しぶりに「まっすぐに歩けていない自分」を感じながらの帰宅でした~。

「せっかくの休暇に1度くらい、羽目を外して飲まないと」を自分への言い訳にしようかな(汗)。

それにしても「太平山酒蔵」は10時前が消えてしまうほど居心地がよく、料理がホントにいつも美味しい。中でも「地鶏のたたき」は定期的に食べたくなります。

20170824_191427824a27f3534-sc9eeccb2-s



nimadekurumimm at 23:56|PermalinkComments(0)

2017年08月05日

食べ飲みがたり<フィンガーズ>


20170805_191912603真夏の土曜は神楽坂「フィンガーズ」に集結!友達のバースデー・イブをお祝い、でした

ロブスターやカニを手づかみでワシャ~っと食べる看板メニュー「コンボ」がいわゆる「インスタ映え」系(笑)?

「コンボ」以外のメニューも気軽な一品からサラダ、ソフトシェルクラブの唐揚げ、ハワイアンガーリックシュリンプなどなど豊富、

ドリンクではレモンの風味がしみ出た「漬けレモンサワー」にハマり、ひたすら飲み続けます。その後、「漬けレモンハイボール」変えても、これまたウマっ!

「カニと向き合いながらも黙ることなく、べらべら喋りまくれる特技」は私だけでなく、高校からのみんなも持っていて、

手を若干ドロドロにしながら、またひとつ楽しい想い出が増えたことを実感でした。

ワシャワシャ食べていたボウルの図からは想像できない濃厚、まろやかリゾッいトが登場するのもスゴイ~。迷った方の締め、ラーメンには次回トライしたいな、と。

残念だったのは、ネットでスタスタ予約、詳細をちゃんとチェックしておらず「二時間の時間制限」を知らなかったこと。

みんなは「デザート」まで行きつけなかったし、私もっとハイペースに飲めばよかった・・・バッチリ時間配分にも次回、トライしたいです。

と、対応もさわやかで狭めながらも居心地の良いお店で、心地よい時間。

20170805_190328358DSC_227820170805_190854172 




20170805_20201736020170805_20080335520170805_191213877




20170805_19054385420170805_20392063820170805_184940267


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年07月26日

これからも一緒に

40年来の友達と2か月ぶりの晩酌、地元・要町の小料店「さくら」にて、でした。前回の初訪問では「食べる」が中心だったので、今回は「飲み」に重きをおき、

DSC_2046充実メニューからのあれこれを「お酒のあて」として楽しみたいところ。

で、「お店の自慢」とある「本日のお造り五種盛り」は食べごたたえがあるし、パリふわっな、大山地鶏焼、魚の南蛮漬けも美味しい~。

などなどお箸は進み、「飲みに重きを」と言いながら、結局は「食べ」に走った感、アリアリでした(笑)。

そして、満ちたお腹を抱えて向かったのは、歩いてすぐのバー「ORIGAMI」。「スイカのソルティドッグ」がなんとも夏らしく、あま~い寛ぎを与えてくれます。

5、6年前までは、実家からすぐの場所でこのようなものを飲めるなんて思っていなかったわぁ・・・そう、今日も待ち合わせの駅前へは、一度実家に寄ってから。

駅へと繋がる大きな通りはたぶん、生涯で一番たくさん往き来し、一番想いがある道。

物心ついた頃から日々母とスーパーに通い、交差点を渡ったところには魚屋さん、さらに魅惑的な駄菓子屋さんが並び、「3の縁日」の屋台にはどれだけ心が踊ったでしょう。

そんな頃、横断歩道に差しかかれば「駄菓子屋」さんしかアタマになかった私も今や、暮れゆく空にしみじみしていたり、ちょっとは大人になったもんだ(笑)。

これから、もっと視野を広げ、「色々なものを広く見て、多くを感じとれる老人になりたいなぁ」と、これまた一緒に老後をすごしてゆきたい友と語らいながら、思う夜でした~。

20170726_19255310120170726_19545867220170726_232256869


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年06月28日

惚伊太鮎

1か月ちょい前の初訪問ですっかり惚れてしまった「オステリアヴィネリアラコッポラ」を再訪。ワインも美味もこよなく愛する友との寛いだひとときでした

20170628_195010691それがいっつ~も、あっという間に過ぎてしまうのは、愉快!飲みすぎ!で記憶ボックスのフタがおかしくなるから、なのか(笑)?

お祝いの集まりだった前回はホールの席、今回はカウンター席に案内してもらい、

そのカウンター席はホールとドアで仕切ると個室っぽくもなります。

広さとしては「定員4人」といったところだけれど、通りに面した大きな窓の効果か、雰囲気は開放的かつ、ほどよくムーディー。

カウンター越しに厨房の活気を感じ、向かい合って料理やワインのお話が聞けるのも楽しいです。

メニューは紙ベースで見る定番、そして黒板にびっしり並んだ季節ものなどなどでなかなか選べな~い(笑)。ので、旬の食材が満載のオススメものを中心にしてみる、と、

初訪問のイメージと変わらず、いや、それ以上にどれもとってもステキな美味しさ。中でも「鮎のコンフィ」が印象的で、イタリアンで「鮎」を食べたのは初めてでした。

ワインも料理に合わせて選んでもらい、その相乗効果か、おそろしく進む、進む(笑)・・・2度めの訪問でもますます「惚れてまうやろ~っ」な、お店。

20170628_19182758520170628_20583624920170628_203107244




20170628_21305262620170628_21415713820170628_185053191


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年06月15日

熱射的濠茶時間

昨日、ミントちゃんとランチの後のお茶は飯田橋駅前の「Canal Cafe」に行ってみました。選んだのは、桜の季節を中心に大にぎわいの人気店だから・・・

20170614_144141938ではなく、ミントちゃんが乗らなくてはいけないメトロの時間ギリギリまで喋り倒せる駅前、

プラス、せっかくだからチェーンのコーヒーショップよりは良いかな?が理由です。

桜以外でも何かと人が多い様子に尻込みを続けていたゲートをくぐるのは初めてのこと。

ゲート先の階段は、レストラン棟への左、お濠沿いのセルフサービスカフェエリアへの右と分かれ、その右方向へ進むと、簡単なフード、ドリンクを買えるスタンドが現れるんですね~。

ドリンクを手にして進むお濠沿い・・・屋根があるスペースは平日にもかかわらず、そして結構な席数があるにもかかわらずの満席、

私たちは陽ざしガンガン、目の前はボートがプカプカ浮かぶチェア席に着席でした。

お濠の対岸から見たり、想像していた設え、風景とはちょっと違っていて、もちろんミントちゃんとお喋りできればどこでも良いんだけど、強烈な紫外線は怖すぎる(笑)。

ここは今日みたいな「駅前でこのエリアだからこそ」とか、「あまり細かいことが気にならない」夜や相手にうっとりしちゃてるカップル向きかなぁ・・・次回はレストラン棟を体験してみたいデス。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年06月14日

想いあって、まさに再見

10年以上前の上海生活で、最初はマンションの部屋が隣、家賃高騰で毎年の引っ越しを余儀なくされても一番離れた距離は「お向かいのマンション」でとどまり、

20170614_113618863上海生活の先輩としてお世話になったし、一緒に色々なところに行き、美味しいものを食べ歩き、

当時のブログでも日々ネタにさせてもらっていた「ミントちゃん」と久しぶりのランチ。

共に大好きでたくさんの時間を過ごした桃江路の四川料理店「品川」をを想いだして~の神楽坂「芝蘭」にて、でした。ランチタイムの「芝蘭」は初めてで、その賑わいにビックリ!

サイト掲載以外にもランチメニューがあり、「エビチリ」と「陳麻婆豆腐」のセットだな
んて、嬉しすぎる、そしてもちろん美味、さらに、ごはんはおかわり自由デス。

ミントちゃんと私のこの何年間は家族が増えたり、さらなる転勤、看病、仕事復帰があったり、それぞれにドタバタと再会のタイミングがとりづらく、メールでのやりとりが中心だったけれど、

落ちつけばこうしてまた会えるようになるし、やっぱりミントちゃんとの時間は愉快!!

互いに持ち続けてきた再会へのキモチと「時の流れ」にじ~ん、な、良き平日休みでした。そんな水入らずのひとときで、ほのかに残る首の痛みがホント、邪魔者~っ(涙)。


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年05月20日

すごいキモチです

「ダンナたぶん元気(?)で留守」につき羽が伸びっぱなしのここ数日。土曜日にかかわらず夕食につき合ってくれるという友達もいて、愉快な週末サイコー!です

DSC_1557愉快でサイコー!なんだけど、一緒に再訪したのは少し前に「久しぶりで、やっぱり好き!」と、思ったエスニック料理店。

「やっぱり好き!」だと思ったのは、連休明けすぐの平日。


静かな店内のゆったりスペースにて、ちょっと早いぐらいのサービスやほんわかしたもてなしの中、美味しく食べて、飲んで、ココロゆくまで寛ぎの時間を過ごすことができました。

が、今日は土曜日だからか状況、サービス、なにもかもが一変!注文も販売品を買うのもこちらが「申し訳ない」と思ってしまうほどの「負の圧」に満ちる店内にガッカリしてしまい・・・

どんな状況でも変わらぬ状況を提供してくれるお店って、やっぱりなかなかないっですね~。まぁそこが、すっかり忘れていたけれど「久しぶり」になってしまった理由だったのかと。

ので、ふたり共に大好きなバーへはしご。若かりしころに大学で毎日のように合い、帰宅してからさらに電話で話してもまだ話したりなかったことを想いだす、

ひたすら飲んで喋る、こちらは本当に愉快な時間になりました。その結果、自宅最寄駅までの終電を逃す(笑)。仕方なく途中までは電車、その後タクシーに乗っての帰宅。

すると、タクシーを降りる時に運転手さんが「ほんのキモチですが」と、なんと、おつりを90円も多く渡してくれてビックリ~!

ビックリしすぎて思わず「え、いいですよぉ」とおつりを押し返してしてしまった(笑)。

タクシーでは微妙に廻り道をされたり、降りる直前でメーターが上がることはあっても、多くおつりをもらうなんて人生○十年で初めてです。

近距離だけに、今どきの「気軽に乗ってね」推進、または流行りの「顧客の感動体験プロジェクト」の一環とか、ナナメに思いつつも、消費者としては素直にビックリ、嬉しい~、

しかし直後に、「おつりの10円玉がなかったのかな?」と、ナナメ発想に戻ったナリ(笑)。

20170520_18280367720170520_19060037920170520_190608104


nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)

2017年05月06日

想い出はショパン、じゃないの・・・

高校の友達チェリーと小石川後楽園、飯田橋駅ビル、神楽坂を下からラカグまでと、たっぷり3時間歩いた後は、チャイニーズバー「飯楽」で主人と合流

522985_281071525316873_1634525724_n中華小皿を囲み、大型連休らしい寛ぎのひとときを過ごしました。

「2人分」が目安と思われる料理を3人であれこれ食べるヨロコビ。春巻や焼小籠包は人数に合わせ、個数を増やしてもらえます。

初めてお目にかかった「冷えている紹興酒」は、予想外の暑さに乾いた全身に染みこんでゆき・・・ああ、お酒もお箸も止まらないっ!

その「冷えている紹興酒」は、酔っぱらいにつき写真も明瞭な記憶がないばかりか、ネットでも検索できず、どんなんだったっけ?

これはまた飲みに行くしかないですね(笑)。

5年前のゴールデンウィークは、チェリーがワルシャワまで私達を訪ねてくれ、まさにこのメンバーで緑いっぱいショパンの生家までドライブした偶然。
盛り上がる思い出話のメインはショパン云々ではなく、駐車場の屋台で食べたの美味なるホットドッグ、でした(笑)。
などなど、主人と私の歴史の年数だけ、主人と私の友達との歴史があるわけで・・それが今日、またひとつ増えたヨロコビも。

20170506_18341612820170506_184256018DSC_0210


nimadekurumimm at 23:59|PermalinkComments(0)

50までにできなかったけれどの庭園

またまた高校の友達と楽しむゴールデンウィークのひととき。2月に一緒に行った「水戸・偕楽園」から~の黄門さまつながり「小石川後楽園」散策でした。

_20170507_092633実家からそう遠くなく、3年間通った高校や今の住処からはかなり近いのに、

近づくことがなかった園内の素晴らしさにはビックリ!

木々の間からドームや高いビルがのぞく街と自然が共存する眺め、

または「ここは山奥かっ」と、ツッコミたくなる木々が鬱蒼と茂るエリアや水をたたえる池に小山・・・

思わず見とれる円月橋では、海外からの方々がそのステキな風景を次々に写真に収めていました

残念ながら花のない時期でも、キラキラと輝く新緑があるだけで大満足、

さらにはこの時期に色づくもみじ?この木がそうかはわからないけれど、初夏に赤くなる「野村楓」という種類があるそうです、ひとつおりこうにもなれた(笑)。

この
「小石川後楽園を歩く」は去年張り切っていた「50までにやりたい50のこと」の候補。

実現しないままやったことが50、そして私も50歳に到達してしまい・・・

雨予報にひるまず、予定強行で正解。珍しく雨女の影響のない、むしろ5月の初めにしてはチョット暑いぐらいな、思い出に残る良き日です。

ということで早々に売り切れた売店のソフトクリームに、「こんなチャンスに勿体な~い」の、余計な感想、そして、

売店で取り扱う水戸のお菓子や納豆、梅系の食べものに、黄門さまとの縁の確認も。


DSC_1381DSC_138620170506_153256297




20170506_153405885DSC_1395DSC_1411




DSC_1402DSC_140920170506_152744820


nimadekurumimm at 23:00|PermalinkComments(0)

2017年05月03日

サイゴハコワレタ

ひきつづき「ダンナ元気でどこかへ留守」なので、夕食は子供の頃から一緒に音楽を学んだ仲間とともに。お店は、美味しいワイワイできるイタリアン「カリーナカリーナ」にしました。

20170503_194147044今となれば、みんなでの音楽のあれこれよりも思い出深いのはその帰り道に食べたあれこれという食いしん坊たち。

「カリーナサラダ」からメカジキの燻製カルパッチョ、絶対食べたいサルシッチャに窯焼きのピザはマルゲリータ、

今日はハツも含まれていたメイン、「お肉のロースト盛り合わせ」、でもまだまだ足りない(笑)、「ゴルゴンゾーラのペンネ」へと胃袋全開の時間はキブンも全開!

一緒に歳を重ねてきた友達だからこそ語り合えること、笑えること・・・ひたすらゴキゲンな夜でした。で、席を移したダイニングバーではお茶をこぼしてしまうなど、最後は私が壊れ気味(笑)。

でも、「ポルチーニ茸のアイス」の香り、風味が独特、スッキリと美味しかったことはちゃんと覚えてたので、自分としてはセーフとしたい、それでも、やっぱりアウトかな(汗)?

はさておき、「カリーナカリーナ」は神楽坂駅から近いし、他の2駅も利用可能。友達、仲間と気さくに集まれる、やっぱり便利なお店だなぁと。

20170503_18153477120170503_18091947320170503_214126606 

nimadekurumimm at 23:30|PermalinkComments(0)