2011年04月27日

波蘭です

「働かざるもの食うべからず」の家訓により、会社勤めを終えたら即!専業主婦に再転職。

IMG_4350何でだかねぇ・・続きが滞ってていて「ワルシャワ市民」になるべくのあれこれは完了していないけれど、とりあえず現地に突撃をし、観光ビザでのらりくらり、待機することにしました。

「手続きのためだ」とかなんとか日本とワルシャワを行き来できる美味しさもあるしね。

正直、ポーランド・・ワルシャワ・・についてはピンと来ず、暮らしてゆくための準備はなんにもしていません。語学本も2度眺めたきりで挨拶もできないし、数字も知らない。

「ポーランドってどんなところだろうね」ってみなさんに気遣ってもらっているのに、「さぁ〜、どーなんでしょうねぇ?」なんて返すヤル気のなさではありますが、

まあ、なんとかなるでしょう、とりあえず飛び込んでみるのダ

きっと慣れない環境に怖れをなし、しばらくは殻の中でグダグダと・・ヒマを持て余してはパソコンに向かってばかり、になるはず、

マイミク、ツイッター仲間のみなさんにもウザ〜く絡むけど許してね

そして!ヒマとなればブログでしょ〜♪ 「住む土地変われば変調」ということで続ける気マンマン!引き続き、役立つ情報はナシ、ひたすら食べてる、飲むダケの日々を覗いてくださいね。

リンクしてくださっているみなさま、お手数ですが↓こちらに変更をお願いします

http://blog.livedoor.jp/nimadekurumim/

ほんじゃ、行ってくるゼ!

nimadekurumin at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)perjalanan 旅 

カッコイイおじさんの話

先日、池袋駅のICカード専用KIOSKで出逢ったおじたんの話です。

IMG_4288「チェルシー」を買う私のカードが機械に近づいた瞬間

電車の時間に焦ったのか、「日刊ゲンダイ」を抱くおじたんの手が横から伸びて、ご自身のカードを載せてしまった。

ピッと機械は反応し、私のチェルシー代金123円也がおじたんの残高から、ハイ、落ちた・・し〜ん。

ビックリするおじたんと私、そして困惑する売店の女性。

次の瞬間、なんとおじたんは関西のイントネーションで「あらら悪いことをしたなぁ、これは買ってあげるから!」と言いきってくれるではありませんか。なんて潔い、カッコええ!

すると「そうはいかないっ!」と、即座に機械をリセットし、おじたんに現金123円を返す、我に返った売店の女性。

え〜っ、こんなに素敵なおじたんってなかなかいない、今日のところはご厚意に甘えたって良いじゃ〜ん・・・って想ったあたし、デス。

nimadekurumin at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)belanja 買物 

2011年04月26日

運び屋復活!

肉が届くからワルシャワに持ってきて」と、主人からメールが・・・さらに焼酎、ラーメン、乾きもの、「持参してくれ物品」はあれこれあって、主婦業兼「運び屋」への復帰も痛感です。

IMG_4337ジャカルタ、上海でも一時帰国の時にはどんだけ和の食材、魚介、肉類を運んだことか・・

運べばこその恩恵や「日本の味」に心を支えてもらう大切さも十分承知済みなんで、よっしゃ、今後も頑張るどっ


IMG_4346そして本日午前に届いたお肉。すぐにキッチリラップに包んで冷凍。明日の出発ギリギリに取り出して保冷バッグ→カバンへ、を忘れないようにしなくちゃ

でもね、私の頑丈なトランクは・・赴任の時に主人が持ち去ってしまい、残るは小さなキャリーバッグのみ。

洋服などの私物は最小限に押さえ、この80%が食べ物になっちゃいました。

しかも、一部にはパックしても、ダブルで袋に入れてもプンプン香る漬け込み肉。ぐ〜るぐる多重包装でなんとか・・なるかな。次回、漬け込み肉の発注はこらえてくれ〜<主人。

nimadekurumin at 23:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)sehari-hari 日常 

前夜酒

「出発前夜は禁酒、いや節酒!」を宣言をいたしておりましたが、ちょいとワケあり外出。

IMG_4342「小一時間だけ」と言ったくせに根がニョロニョロと・・ルフィチン、チョッパーちゃんに「大丈夫?」と心配をかけながら

結局はとことん飲んだよ、千石「まさひろ寿司」にて。なんて心が弱いのであろうか。


しか〜し、最後までドタバタした一日を終えて、ホッと力を緩め、ホットなうちに「同じ顔ぶれ」で前夜の思い出を語るのも良いものです。記憶から完全に消滅していた話も聞けたしね・・。

昨夜の私、ギュウギュウに狭いタクシーの中で写真の「マトリョーシュカ・タッパー」を広げ、空間を更に狭めながら「可愛いでしょ♪」と言い続けたんだそうな・・

その日にお店で一目惚れをし、「いやいや、会社の規定ギリギリで運び出した家財道具、今後はひとつたりとも増やせないっしょ・・」と、諦めかけても諦めきれず、

「どうせ買いたくなってまた来るか?そんな時間はないな」と、購入したものデス・・・本当にコレ、可愛いでしょ、しょ、しょ?って・・・

意思が弱いばかりか、あれほどの引っ越し苦労も忘れることができる、バカ

nimadekurumin at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mabuk 酔 

2011年04月25日

ジュクハラギロッポンナイト

IMG_4330ワルシャワへの出発まであと2日、当日は午前中のフライトだから、明日の夜は飲みも控えめかなぁ・・ってことで、

今夜はトコトン飲みます!←怖っ!「チーム千石」のメンバーとの待合わせは原宿。居酒屋「大炊宴」スタートの〜、六本木のバー「Bask」へ移動の〜、

IMG_4331〆は「香妃園」で鶏煮込みそばっ!

発つ前にゆっくり語りたかった仲間、ちょっと励ましたかったかった友達、お礼を言いたかった方との大満足な夜でございました。


IMG_4332さんざん食べて飲んだ後に突撃した「香妃園」だけど、「鶏煮込みそば」だけでは勿体ない・・

紹興酒と一緒に(まだ飲むか!)「前菜の盛り合わせ(あわびがウマウマ)」、「Bask」で得た「ズルいカレーがある情報」に、そちらも注文。

IMG_4333なるほど、これはズルい(笑)。カレーうどんのような甘さがある超マイルドな味が後を引いて、スプーン、いやレンゲが止まりません。

しこたま飲んだ後の優しいカレー。これでターメリック、つまりウコンも摂取したことになるのか?とか、最後は弱気に終了(笑)。

nimadekurumin at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pesta 宴 

緑の新宿

通勤は金曜日で終了したのに・・月曜日、また来てるよ新宿(笑)。「国際免許」の手続きをするための都庁第二庁舎訪問が目的デス。

IMG_4329すぐ近くに毎日いたのに、一度も来ることがなかった都庁の裏側、新宿中央公園前の通り、モクモクと茂る緑が綺麗

働いていた会社が視界に入っても、セュリティーカードを返却しちゃった私は中に入ることができない。

なにもかもが遠くに離れてしまったようで、う〜ん、寂しいです・・・とか歩いているうち、東口から西口へ行けず、道に迷った。

3年近く働いてもマスターできなかった「新宿駅周辺」、複雑怪奇

nimadekurumin at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sehari-hari 日常 

2011年04月24日

家族ごはん

心に沁みた桜は鮮やかな新緑に、あちらこちらでハナミズキが綺麗に咲く季節の到来。

IMG_4295姪のピーチと甥らいちが来て、俄然にぎやかになった実家では昨晩、20年ほど前バージョンの「人生ゲーム」で大盛り上がりでした。

あたし約束手形乱発、的な・・・。


IMG_4281「食べてくれる人の数」と料理への意欲は比例ですよね。朝からミニハンバーグを焼いたり、軍艦寿司風なものも。

オバが台所で奮闘しているもうひとつのワケは昨日、夕食の手巻きずしのネタを買いすぎたから・・・夜を越えてもOKだったものは、朝食のおかずに変身させなくてはなりません。

IMG_4292「マグロ」の中落ちで作ったお魚ミニバーグ、カニカマの軍艦、ピーチとらいちに結構ウケたのが嬉しい。

昼の軽食のおにぎりには「いくら」を載せると・・「いくら」に目がないらいちは小躍りして喜んでくれ、作り甲斐を感じるバカおばも小躍り

IMG_4294おにぎりに添えたのは、母が子供の頃によく作ってくれたハムサンド。子供にも食べ易い小さなサイズにしてくれてました。

当時の母の心を想い、伝えられる存在がいるって、すごくありがたい。

nimadekurumin at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)makanan 食 

シュラスコ!

BlogPaint20日にセッティングをした、弟嫁キウィの従妹リリーの結婚お祝いデナー。

そのお礼としてカッチャン&リリー夫妻がシュラスコ料理のお店、青山の「バルバッコアグリル」に招待してくれました。


BlogPaint20日は仕事で出席できなかった弟すいかもなんとか揃うことができ、改めてお祝いのひととき

初めてのシュラスコ料理は話に聞き、テレビや雑誌で見た通り!巨大な串にささったお肉がおもしろ〜い!


IMG_4314ジューシーなソーセージ、豚、チキン、ラム。牛肉は色々な部位、味付けで登場、とことん食べ放題です。

テーブルを軽快に回り、サーブしてくれるお兄さん達が南米のイメージそのまま、陽気で愉快食も進むってもんダ


IMG_4297好みで使うソースは2種類、一方は和風なガーリック醤油、もう一方は弟嫁キウィもよく作ってくれる刻み玉ねぎ、トマトなどが入ったソース、「モウリョ」って言うのかな?

お肉だけではなく、サラダバーコーナーも圧巻。私の食欲でも全種類制覇するのはムリ。降参するほどのラインナップです。

IMG_4301野菜だけではなく、マリネ類も充実しているのがホント、素晴らしい。スープ、ライス類もこのコーナーに準備されてマス。

キウィが楽しみにしていたのはチーズのパン「ポンテケージョ」。お肉の存在を邪魔しない、軽くて風味がよいタイプ。


IMG_4312テーブルを回ってくれる串は、パスしたいお肉や部位を断ってもOK。そして全員のお腹がお腹が満たされ、これ以上ギブ!の場合は

プレートを裏返して緑から赤にします。すると、デザート的な存在なのかしらん、焼きパイナップルがやってくる。

IMG_4323ここでお馴染み、パイナップルを焼く必要があるのか、ないのかの議論が勃発。意見は半々ってところかな。

私、酢豚のパイナップルはソースとのコンビネーションが疑問で好きじゃないけど、単に焼くだけならば甘味が増してアリだと思う。今度家のフライパンで焼いてみよう

IMG_4320帰りは表参道をみんなでブラブラ散歩。緑と夜風が心地よかったです。

弟がキウィと結婚しなかったら会えなかったカッチャンとリリー。やっぱり人のつながりってステキだな、って想いながら・・・

「バルバッコアグリル」 東京都渋谷区神宮前4-3-2 03-3796-0571


nimadekurumin at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)pesta 宴 

2011年04月23日

お空の家

母の8回目の命日。昨晩から姪のピーチ、甥らいちを連れて、姉ルッコラも実家に里帰り。

IMG_4250仕事を辞めてぽっかり寂しくなった心、母を思い出すと悲しくなる心・・に浸る間もないほどエネルギッシュであれこれ手間をかけさせてくれるふたりの存在は大きいです。

バカおばとしては、なんでも願いは聞いてあげたい、助けになりたい!と思うものの・・

だんだんそれが難しい分野も登場・・・それは勉強です。

一緒に取り組んだ国語が難しくてショック!もともと国語が苦手、文章構造や心理を理解するのが特にダメで、

「どういう気持だったのでしょう、次の4つから選びなさい」な〜んて問題は必ず間違えてました。ピーチも同じ傾向で間違えてる(笑)。

で、「ピーチ、これだっ!って思っても、”普通&常識”だったらどうなのか、ってもう一度考え直しなよ、きっとそれが答えだよ」とアドバイスしました。

実際、このひと手間で国語の成績がぐ〜んとアップした経験があるので。どんだけ常識がないんだよ、って話です。

午後、大切なお友達のお母様が他界したとの知らせ。闘病中の話は聞いていたものの、驚き、そして残念です。

去年の夏のニコニコ嬉しそうで、楽しそうで、元気なお姿を思い浮かべると、やはり信じられない。

奇しくも母と同じ日に旅立たれました・・母の記憶がないピーチ、会ったことがないらいちに語る、「お空の家」で母と共に安らかに過ごせるようお祈りしています。








nimadekurumin at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)sehari-hari 日常 

食べ飲みがたり<小竹向原・サイマーケット>

IMG_4252久しぶりに小竹向原の自然派カフェ、食品、雑貨などのお店がある「サイマーケット」へ。

姪のピーチ、らいち、弟嫁キウィとちょうど良いお散歩圏内。らいちのために地下鉄に乗れるのも大切なポイントです。


IMG_4254今日の車掌さんは行き帰り、ふたりとも満面の笑顔で手を振り返してくれて、「よっしゃ!」とらいち、大満足。

ほのぼのできる店内でくつろぐ〜。いつの間にか独立した別棟が「喫煙スペース」になっていて、タバコラブなお客さんは以前の「外の席」よりぐ〜んと居心地が良くなったはず。

IMG_4261素朴なお菓子が美味しい(んだそうな)サイマーケット、キウィは桜のロールケーキを注文です。

まんなかの桜の餡をひとくちもらったら、「うまっ!」。ついでにケーキもひとくちもらって「うまうまっ!」

IMG_4256らいちは「いちごのアイスクリーム」をおかわりしてました(笑)。






「サイマーケット」 東京都板橋区小茂根1-9-5 03-5995-2700


nimadekurumin at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食べ飲みがたり