・報告日:
2014年4月30日
・報告事項:
元NHKアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する住吉美紀さん(41)が、29日に放送された「踊る踊る踊る!さんま御殿!!強烈やさぐれ女暴走 鬼嫁軍団&女子アナ祭」において、クレーマー発言をして話題になっています。

同番組では、「自分はなんてイヤな女なんだろうと思うこと」というテーマでトーク。

その中で話をふられた住吉美紀さんは、「私、プロフェッショナルな人に会うとすごく感激するんですよ。その道の、知っているべきことを知っている人に、感激してテンションが上がるんですけど」と前置き。そして「逆に、プロなのに、プロじゃない仕事をされた時に、ちょっとキレちゃうんです」と話し始めました。

住吉美紀さんは「それが、世の中のサービス業に対してなんですよ。例えば、大型電器店で、よくキレてるんですよ」と、家電量販店でキレていると発言。

その理由としては「(店員が)商品知識を持っていて欲しいんですよ。こっちも、ある程度調べて行っているんで」と、店員の知識の無さを指摘。店員に質問したときに「(店員が)メーカーのパンフレットをとってきたら、その時点で"は?ハア!?"みたいな。(自分はそのパンフレットを)もう見てるしって思うんですよ」などと、店員が自分の質問に対しパンフレットを見て回答することが許せないようでした。

そしてさらに「一回あったのが、"テレビを何十万円で買って、このテレビを買ったポイントでHDDレコーダーを買えばいい"というようなことを、店員さんと相談して買ったんですよ。でも、翌週そのポイント(12万ポイントくらいらしい)を持って買いに行ったら、相談した時と別の店員に"すみません。ポイントは2万ずつしか使えないんですよ"って言われて、"へっ!?先週の店員はポイントで買えるって言ったから、私ここで買ったんですよ!!ハア?"」とブチ切れたエピソードを披露。

我慢できなかった住吉美紀さんは「先週の店員、出して下さい。呼んできてください」と詰め寄り、いないと知ると「じゃあ、マネージャー呼んで下さい」と呼ばせ、最終的に12万ポイントを使えるようにさせたということです。

住吉美紀さん曰く、クレームを言っているときは、「自分でもわからないくらい、火を噴いてる」そうで、マネージャーを呼んでもらっている間は腕組みをして足で床を打ち鳴らし、あからさまにイライラした態度をとっていたということでした。店員さんが「座って下さい」と腰掛けを用意するも、住吉美紀さんは「座りません!座りません!!」とイライラした態度で応対したそうです。

その態度を実演した住吉美紀さんを、司会の明石家さんまさんは「チンピラみたいやな」と評していました。

住吉美紀さんは、店で待たされるのも嫌らしく、「(待っている時の)私の失った時間について、責任とれるんですか。謝って済むんですか。謝って済むなら警察いらないんですけど」と詰め寄るそうです。ただ、家に帰って冷静になると反省して「すごい落ち込む」のだそうです。

ネットでは、そんな住吉美紀さんの家電量販店でのエピソードについて「どんびき。性格悪いとかそれ以前」「こんな人がNHKのアナだったの?」「完全にクレーマーじゃん、あんな客来られたら迷惑だわぁ」などと批判の声があがっています。

一方で、「気持ちめっちゃわかるわ」という声や、「最高に面白い。人間味がある」という声もありますが、少数派となっています。
・情報源:
twitter.com

sumiyoshi1