どうも。にんじ報告です。ネット上ではテレビ東京のプロデューサー(岡田英吉さん)が批判されていますが、報道では実は制作会社のプロデューサーが主犯だったようで・・・・

テレビ東京の番組「開運!なんでも鑑定団」で、番組スタート時の1994年から司会をしている石坂浩二さん(74)が降板すると報道されています。

降板の理由としてあげられているのが、番組の制作会社のチーフプロデューサーとの酒の席での口論。石坂さんはここ2年、ほとんど放送で発言をカットされているとも伝えられており、番組の功労者への仕打ちにネットでは批判の声もあがっています。

isizaka_27
画像は 公式サイト より


報道によれば、石坂浩二さんは

司会降板を同局から通告されていた

ここ2年ほど、ネット上などで視聴者から「放送中、ほとんどしゃべっていない」との指摘が相次いでいた

スタッフは「収録での石坂さんの言葉数からすると違和感がある」と、意図的に編集している可能性を指摘

関係者は石坂浩二さんの降板について「視聴率不振と、20年以上たった番組の刷新が目的」と説明

とのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000087-spnannex-ent

これには続報があり、

降板劇の背景でささやかれるのが、制作責任者にあたる制作会社所属のチーフプロデューサーとの確執

番組関係者は「数年前、酒席でプロデューサーが同席者とトラブルになった際、止めに入った石坂さんと口論になり、そのときから2人の関係性が良くない」と証言

とのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000087-spnannex-ent

この話が本当であれば、チーフプロデューサーは2年間にわたり番組の中で石坂さんを干したうえで、降板させたことになります。

開運!なんでも鑑定団とは。

『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年4月19日から[注 1]日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組

制作局 テレビ東京、NEXUS

監督  野中和哉、島川直人、玉谷健、 城戸口将史、冨田剛広、森上知名 演出 根岸善一郎、田淵朝子、森住俊祐、 石野浩一、松本慎一

プロデューサー 岡田英吉(テレビ東京) 、竹野篤・杉山麗美(共にNEXUS)

(出典:Wikipedia)

報道によれば、石坂さんと口論になったチーフプロデューサーは、制作会社の所属。テレビ東京のプロデューサーである岡田英吉さんは除外されると思います。制作会社はNEXUSで、プロデューサーとして名前があがっているのは、竹野篤さん、杉山麗美さんの二人。書かれている序列からして竹野篤さんが濃厚でしょうか・・・・・・・


NEXUSとは

株式会社ネクサス(NEXUS INC.)は、テレビ番組の制作プロダクション。

設立年月日 : 1985年(昭和60年)8月1日、 所在地 : 東京都渋谷区代々木2丁目28番7号 代々木NTビル2F

主な制作番組: 朝だ!生です旅サラダ(ABC)、美の巨人たち、ドライブ A GO!GO!など (出典:Wikipedia)

石坂さんとは。

石坂 浩二(いしざか こうじ、1941年(昭和16年)6月20日 - )は、日本の俳優・タレント・司会者・画家・作家・翻訳家・作詞家・ナレーターである。2015年10月からプロダクション尾木に所属

カレー作りが得意で、独特のスパイス調合で何種類もの味を作り、自らカンヅメにして共演者に振舞っている。

出演する『なんでも鑑定団』に出品された戦艦長門の軍艦旗[17] を自身で1000万円で購入し 、呉の大和ミュージアムに寄贈したというエピソードも持つ (出典:Wikipedia)



ネットでは、そんな石坂さんの降板が話題に・・・・・

「石坂浩二さんがずっと黙ってるのはいつも不思議に思ってたけど局側の降板させるためのいじめだったのね」
「これって完全に公開イジメだよな」
「これもパワハラでしょう。 個人的に石坂浩二さんが好きです … 日本テレビ業界やっぱ恐ろしいなぁ」
「石坂浩二がいない鑑定団は終わっていいよ」
「石坂浩二さんいじめるとか本当にゆるさんからな。しかも長年に渡ってネチネチと。ゆるさん。絶対に」

などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



そういえば、しゃべってなかった・・・・・・あらためてよく見てみると・・・・・・