どうも。にんじ報告です。因果関係はわからないということですが・・・・・

「糖質制限ダイエット」の第一人者、ノンフィクションライターの桐山秀樹さんが亡くなったと報じられています。2月15日に放送された「羽鳥慎一モーニングショー」では、同日発売された週刊現代の記事を引用し報道されました。

62歳でした。死因は心不全と伝えられています。ご冥福をお祈りします。

亡くなった時は入院などはしておらず仕事もこなしている日々の中で、亡くなった当日も仕事が予定されていたことから、驚きの声もあがっています。

kiriyama_91
画像は http://matome.naver.jp/odai/2138009984317439701 より





番組によれば

・糖質制限ダイエットの第一人者、ノンフィクションライター桐山秀樹さんが亡くなっていたことがわかった。

・これは米やパン、麺類などの炭水化物を食べ過ぎないようにするというダイエット方法(1日60グラム、ごはん茶碗一杯分にする)だった。桐山さんは「難しいことじゃなく、今が単に摂り過ぎているだけ。14日で効果が出る」と話していた

・診断書によると死因は「心不全」。しかし、1人でホテルに滞在中に亡くなっており、詳しいことは謎である

・週刊現代では「やっぱり危ない 糖質制限ダイエット」との見出しがついて死去が報道された

・週刊現代では、このダイエット方法について評価が「真っ二つに分かれる」と書かれていて、複数の専門家の見解が示されているが、批判的な見方が多い

・桐山さんは糖尿病と診断されてからダイエットを開始し成功。それがきっかけで自身の成功例を綴った本を出版。糖質制限ダイエットが脚光を浴びた。



・桐山さんが亡くなる直前には、血糖値は正常な状態だったという。突然のことだったらしい。

・しかし昨年12月に桐山さんを乗せたタクシーの運転手は異変を感じたという。健康のために散歩をしていた桐山さんが、自宅まで1キロのところで「疲れた」と言ってタクシーに乗った。もちろん、いつもだったら歩いて帰るところである

・糖質制限ダイエットと、桐山さんの死去との因果関係はわからない。前述のようにダイエットの前には糖尿病であり、すでにその時点で心臓の疾患があったようだ

桐山さんは元々心臓が悪く、そのために医者に行ったところで糖尿病が見つかったという経緯があります。一度悪くなった状態はその後痩せたとしても回復しない場合もあるようです。



なおこのダイエット方法は、病気などで適用できない人もいるため、医師や専門家の指導のもとに実施するべきだとされています。




ネットでは、そんな桐山さんの死去が話題になっています。ネットの声を聞いてみましょう。



ご冥福をお祈りします。