どうも。にんじ報告です。芸能事務所の力って・・・・・・?

2016年の4月にスタートするフジテレビの月曜9時(月9)のドラマ「ラヴソング」のヒロインが一部で報道されています。

福山雅治さん(48)が主演を務めるそのドラマの相手役とは、藤原さくらさん(20)。アミューズに所属するシンガー・ソングライターです。

アミューズといえば東証一部に上場する大手芸能事務所で、サザンオールスターズ、ポルノグラフィティ、Perfumeなど大物アーティストが所属。上野樹里さん、岡田義徳さん、賀来賢人さんらの俳優も豊富。

そして福山雅治さんもアミューズ。昨年福山さんが結婚した時には株価が心配されるなど同事務所でも主力中の主力。

そこに、ほぼ無名といってもいい藤原さくらさんが起用されるということは・・・・・?バーター・・・・・

fujiwara_24
画像は 下記動画 より

藤原さんはシンガー・ソングライターとして昨年3月にデビュー。一部では和製ノラ・ジョーンズとも。YouTubeに動画もあります






報道によれば

『ラヴソング』(フジテレビ系/毎週月曜夜9時~)のヒロインを、デビュー1年の新人アーティスト・藤原さくらが務めることがわかった

ヒロイン役のオーディションも長期間行われていました。20歳前後の歌が歌える女性ということで、大勢の有名女優がこの役に手を挙げたのですが、結果的に選出されたのは藤原でした。ヒロイン役の名前は藤原と同名の『さくら』。もはやアミューズのプロモーションドラマといわれてもおかしくない配役(芸能事務所関係者)

最終的にフジは“バーター出演”を決定してしまった

とのこと。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160217-00010009-bjournal-ent

バーターの意味は、「抱き合わせ」出演のこと。人気俳優である福山雅治さんを出演させる見返りとして、あわせて同じ事務所の無名の俳優も一緒に出演させるという行為。これで無名俳優は名が売れるということです。役に合ってるかどうかは別として、事務所の都合で決められるキャスト・・・・・それを見させられる視聴者・・・・

藤原さんとは。

藤原 さくら(ふじわら さくら、1995年12月30日 - )は、日本のシンガーソングライター。所属事務所はアミューズ。レーベルは、SPEEDSTAR RECORDS

2015年3月18日には、SPEEDSTAR RECORDSよりミニアルバム『[à la carte』でメジャーデビューを果たした

地元・福岡や東京でライブ活動をしながら楽曲を制作している (出典:Wikipedia)

「演技力があればそれでいい」という意見もあるかもしれませんが、フジは時間をかけてオーディションをやったそうで、オーディションを受けた女優もたくさんいたそうですので・・・・・

fujiwara_25



ネットでは、そんな藤原さんの月9ヒロイン起用が話題に。

「こりゃまたアミューズ捩じ込んだね…実力だとしてもまぁなんか」
「演技力がバツグンならええやん」
「アミューズ。さすがです。 バーター」

などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



相手役といっても年が離れているので・・・・・どんな相手役なんだろ・・・・