国指定のブラック企業・・・・・・


棚卸し代行大手のエイジス(ジャスダック上場、千葉市)が、違法な長時間残業があったとして厚生労働省から指導を受けています。

厚生労働省は今回初めて、企業名を公表。企業名の公表措置は昨年決定されており、エイジスが第一号となりました。

国が指定した初めてのブラック企業ということに・・・・・・。なお、これを受けてエイジスは、公式サイト上に代表取締役社長の齋藤昭生の名前で「長時間労働の削減に着手」などと施策を発表しています。


eijisu_59


画像はエイジスのホームページhttp://www.ajis-group.co.jp/news/index.htmlより


報道によれば


従業員のうち63人が、違法に月100時間を超える残業をさせられていた

厚生労働省は、この会社の4つの営業所でこの1年間に4回是正勧告を行ったということで、違法な長時間労働が繰り返されていると判断

厚生労働省は去年、長時間労働を防ぐ対策として、全国に展開する大手企業について、行政指導の段階で企業名を公表することを決めました


とのこと。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160519/k10010526861000.html

エイジスは棚卸し代行大手。売上は約180億円。業績は好調で、株価もここのところ上昇していたところでした。

業績好調の裏には、従業員の犠牲があったのか・・・・・・

なお、エイジスは、報道を受けて公式サイト上に「当社の取組について」などとする文書を発表。それによると、


関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけする事態となり、心よりお詫び申し上げます

当社はすでに、代表取締役社長をトップとするプロジェクトチームを発足させ、外部専門家による助言を
得ながら、長時間労働の削減に着手


とのこと。

なお同社はの企業理念のページには、


エイジスは、人材育成企業です。エイジスは、実地棚卸サービスなどの流通業周辺サービスを提供する事により、チェーンストアをサポートしていくことで社会貢献をしていますが、同時に「人」を育成していく役割も担っています


などと書かれています。違法な残業で人を育てていたか・・・・・・・


ネットでは、そんな同社が話題に。


「株主還元に力を入れたと思ったら裏で従業員が犠牲になっていた」

「近年の好業績はブラック労働の賜物だったようですね」

「初企業名公表の栄誉、おめでとうございます」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。

















































この社名はギリシャ神話の女神の防具の名前でもある・・・・・