堕ちたヒーロー・・・・・・・これはほとんど詐欺か・・・・・


1980年10月から1年間にわたり放送された「仮面ライダースーパー1」に主演した、高杉俊介さん(現在66歳)の借金トラブル問題


借金額は少なくとも5000万円とされ、一部の債権者からは返済を求める裁判も起こされています。しかし高杉さん本人が裁判に出廷しなかったため、債権者の怒りは爆発。高杉さんは自宅から引きずり出され、公園で土下座をする事態に。


5月30日に放送されたフジテレビの番組「とくダネ!」は、本人へのインタビューに成功しました。

本人はインタビューに対して「(借金額は)今は話したくない」、そして借金した理由を「生活費ではない」などと答えていましたが・・・・・・・。

被害女性は、高杉さんから「臓器の売り渡し契約を解約したい」などと泣き落とされて・・・・・

takasugi_76
takasugi_77
takasugi_74




番組によれば・・・・・・

・総額2400万円を貸している50代の女性は「2003年から10年間にわたり、100回ぐらい貸した」という。高杉さんはファンレターの住所から女性の電話番号を割り出して電話をかけてきた

・高杉さんは「あなたしかいない」「頼れるしかいない」「役者仲間に言うと噂が広がって仕事ができなくなる」「3万円なければ悔しくて死ぬ思い」「今も5万円を借りに闇金を回っている」「臓器の売り渡し契約を解約したい」などと女性に言い、泣き落としを使ってきたという





・長年高杉さんから借金は返済されず、ついに一部の債権者が訴訟を起こし、先月8日裁判が行われた。しかし高杉さん本人が裁判所に出廷せず

・怒ったかつてのファン(債権者)たちは、高杉さんの自宅へ。高杉さんを自宅から出し、近くの公園で彼を問い詰めた。彼は、かつてのファンたちへ土下座をした

takasugi_75


・高杉さんは、今月末から借金を少しずつ返済していくという誓約書を書いた




・とくダネ!は高杉さんにインタビュー

・高杉さんは借金トラブルについて「借金といえば借金ですよね人からお借りすれば、借りたことになりますから」と平然と話した

・また、借金相手について「ファンもいれば、一般の方もいる」

・借金額は「2000万だ、5000万円だ、1億だっていう話が出ているみたいですが、僕の口からは、個人間の問題ですから、今は話したくない」とのこと

・生活費のための借金か?と聞かれて「生活費ではありません、生活費を借りるというのはちょっと酷いでしょう。よからぬヤミ金に手を染めてしまったこともありまして、それがどんどん膨らんでしまった」と回答した



・土下座をした理由は「家族や息子たちに危害を与えないように、それだけは父親として守ってやりたいという気持ち。本当に申し訳ないという気持ちもあった」

・債権者に対しては「逃げたり隠れたりするわけでもない。真摯に本当に少しずつですけどお返ししていこうと思っています」と述べた

・仮面ライダースーパー1という作品については、「借金問題の前には、感謝しかなかったが、一度問題が報道されてしまうと、仮面ライダースーパー1のイメージが大きく悪い方にイメージされてしまって、今は自分が演じた仮面ライダースーパー1に謝りたい気持ち」とのこと



・なお、借金相手の1人の女性は、高杉さんが言った借金の名目を細かくメモしていた。それによると「仮面ライダーの衣装を取り戻すための金」「本の出版」「暴力団への返済」「父親の病院、葬儀代」などから始まったが、そのうち「引越し代」「パーマ代」「アパート更新代」などになり、本人が否定した「生活費」として使われていることがわかった

takasugi_72
takasugi_71


借金をしていたのはこの女性からだけではなく、複数のファンから集金していたようです。

(なおこの要約は筆者の記憶に基づくものであり、ほぼ合っていると思いますが、不正確な場合があります。引用する場合は必ずこの記事にリンクして情報源だとわかるようにお願いします)





高杉さんは愛知県一宮市出身の俳優。本名は岩田直樹。現在66歳。

歌手や俳優として「仮面ライダースーパー1」より前から活動していましが、本格的な活動はこの作品からです。

1990年代までは俳優として活動していましたが、2000年代に入るとほとんど見かけず・・・・・・




ネットでは、そんな彼が話題に。


「これ限りなく詐欺じゃないの?」

「仮面ライダーの歴史を汚すな」

「インタビュー見ても、ぜんぜん反省してる感じがない」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。










































果たして金は返済されるのか、詐欺で終わるのか・・・・・・