追記。コメント欄に、大町自動車学校の鶴田様から本記事に対するご指摘がありましたので、冒頭で簡単にご紹介致します。

詳しくは、コメント欄を参照下さい。3番目のコメントです。

ご指摘を受けた部分は、本記事に直接的に書かれているわけではありませんが「税や維持費などが高く、自動車を取得し維持するのはカネがかかるという状況が若者の車離れを引き起こしている」という趣旨の記述の中で「警察OBが多く天下りしているような自動車学校は(大町様が、ではなく、一般に)高コスト体質ではないか。それが高額の教習料金の背景にあるのではないか。高コスト体質、高額な料金を是正しない自動車学校も若者の車離れに加担している。それを差し置いて痛車で車離れ対策という発想はいかがなものか」と批判的ともとらえられることを書いていました。

この点に対して大町自動車学校様からのご指摘の要旨は、「自動車学校は公権力ではなく、生き残りに必死な小さな一民間企業にすぎません。警察OBを受け入れてはいますが、管理者(後述)の業務を遂行できるのが実質警察OBだからです。利益が少ないなか、痛教習車は、生き残りのための企業努力です」というものでした。


ご指摘の通り、自動車学校は民間企業であり、企業努力に対する批判のような書き方になってしまった点について、お詫び致します。記事の該当箇所については取り消し線を引きました。


このような書き方になってしまった原因としては、自動車学校という立場において「車離れ対策」は、まさに教習料金を下げることであり、そのために業界として、警察OBの天下りをなくして高コスト体質を脱却する(事実上、警察OBに頼らないと自動車学校の運営ができないように定められている法律を改正する必要がある)、意味のない教習をなくしたり簡略化する(これも制度改正が必要だと思われる)、などではないか、という先入観があったためでした。これらは一自動車学校で解決できることではないことは承知でしたが、この先入観があったために、批判的なことを書くにいたりました。



また「痛車で交通事故を減らす狙いがある」と報道されたことについて、報道上は詳しく狙いがわからなかったため、本記事では「痛車だったらなぜ事故が減るのか?」と疑問を呈しました。そのことについても大町自動車学校様から「話題性で人目をひき、交通安全を訴えるパレードを行い、少しでも地域の交通安全について考えていただく機会としたい」とのコメントがありました。


鶴田様、ご指摘をいだきましてありがとうございました。
もしこの記事が大町自動車学校様にとって不利益だと判断されるならば、この記事は削除致します。


コメント紹介は以上となります。以下は元記事です。



アニメのキャラクターなどが車体に描かれた自動車、人呼んで「痛車」で教習を受けさせる自動車学校が現れました。


それは佐賀県の大町町にある「大町自動車学校」。痛車にする狙いは「若者に興味を持ってもらう」とのことで、若者の車離れ対策なんだとか・・・・・


しかしネットでは、この「車離れ対策」に「そこじゃない」という声が続出。

車離れの背景には、車やガソリンにかかる高い税金、メンテナンスなどのコスト、車庫代といった維持費が若者を圧迫している、という声が多数となっています。





教習所の料金は、普通自動車で30万円程度が相場。これも若者にとっては高額。なお、教習所には多くの警察OBが「天下り」して就職していると言われますが、教習所の高い料金を差し置いて「痛車」という発想は・・・・・・・

itasya_15

痛車の参考画像。http://matome.naver.jp/odai/2134702403877046401より



報道によれば、大町自動車学校は


若者の車離れ対策で、同校常務の鶴田英司さん(42)は「多くの若者に興味を持ってもらえれば」とPR効果を期待している。10月に導入する

鶴田さんは「子どもの数自体が減っているので、運転免許証を求める人も少なくなっている」と話す

教習用に使うラッピングは、音声合成ソフトを使った仮想世界のアイドル歌手「初音ミク」と県内のご当地アイドル「ピンキースカイ」の2人をアニメ化した2種類のデザイン



とのこと。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/275336


「交通事故を減らす狙い」もあるとのこと。痛車だったらなぜ事故が減るのか・・・・・・?




公安委員会が指定した自動車教習所においては、「管理者」と呼ばれる教習業務の監督をおく必要があると道路交通法で定められており、地方によっても違いがあるようですが、この管理者に警察OBが多く天下りしていると言われます。



ネットでは、そんな「痛車」教習所が話題に。


「車離れ云々を痛車でどうにかなると思ってるのは正直なんか勘違いしてるとしか思えない」

「ある意味公開処刑感する」

「問題の本質はそこじゃねぇだろ。対策にすらならない所かますます車離れが加速するぞ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。








































田舎の出来事ですので・・・・・・