母親たちにショックが広がっているようですが・・・・・・


NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」の「うたのおにいさん」が交代することがわかりました。

新しいうたのおにいさんは、花田ゆういちろう(花田雄一郎)さん。国立音楽大卒、文学座附属研究所卒。

現在のうたのおにいさんは、横山だいすけさん。「だいすけお兄さん」として2008年から親しまれてきただけに、ネットではこの突然の交代にショックが広がっているようです。


文学座の公式サイトに「花田雄一郎」の名前が掲載されています。さすがにイケメンである。
hanada_77
画像は文学座の公式サイト http://www.bungakuza.com/newinstitute/student.htmlより


デイリースポーツの報道によれば


12代目のお兄さんとなる花田は国立音楽大学の卒業後、17年1月に文学座附属演劇研究所を卒業した。学生時代に、児童合唱団の指導を行うなど、子どもの歌に親しんでいた

趣味は散歩、観劇。好きな食べ物はカレー、ハンバーグ、クロワッサン。好きな色は青、水色。落ち着く場所はキッチン



とのこと。
http://news.livedoor.com/article/detail/12686753/

文学座附属演劇研究所は、本科1年、その後の研修科2年

花田雄一郎さんは上記の画像で「研修科2年」とされているので、3年間在籍したことになります。

年齢を推定すると、ストレートで大学に入学し卒業したとすればその時点で22歳。そこから3年経っているとうことになりそうで、25歳ぐらいか。


文学座附属演劇研究所は、劇団「文学座」の劇団員養成などをおこなう組織。黒柳徹子さん、松田優作さん、樹木希林さん、北村総一朗さん、田山涼成さん、原田大二郎さん、藤原啓治さん、桃井かおりさん、山下真司さん、内野聖陽さん、大塚明夫さん、寺島しのぶさん、長谷川博己さん、ジャングルポケットの斉藤慎二さんら多彩な人材を輩出。

文学座は1937年に設立された日本屈指の劇団で、現在の代表は江守徹さん。


なお、現在(11代目)のうたのお兄さんは、横山だいすけさん。本名「横山大介」。こちらも国立音大卒。劇団四季に在籍した経験をもち、高校生のころからうたのおにいさんを目指していたという一途な面を持ち、母親世代からの人気も高い。

hanada_76
https://matome.naver.jp/odai/2145631624804422101

うたのお兄さんは、1971年から「おかあさんといっしょ」に存在するポストで、初期には田中星児さん、水木一郎さんらが務め、9代目の杉田あきひろさんは覚醒剤事件を起こしたり、「だんご3兄弟」で空前の大ヒットを飛ばした8代目の速水けんたろうさんなど人材豊富。





ネットでは、そんなうたのおにいさん交代が話題になっているのですが、現在のだいすけお兄さんが好きだったという人も多く、ショックが広がっています。
































ゆういちろうお兄さんの出演は4月3日からです。