そもそも彼女を出演させる番組側の問題との声も・・・・・・


2月28日に放送されたフジテレビの番組「バイキング」で、保育園の待機児童問題がとりあげられ、実際に2年連続で保育園に落ちたというタレントのおかもとまりさん(27)が出演。

おかもとさんは2015年に作曲家で音楽プロデューサーのnao(菅原直洋)さんとデキちゃった結婚していて、同年第1子を出産しています。


番組ではおかもとさんが保育園に落ちた自分の事情を説明した上、子供を保育園に通わせる一番の理由を「子供同士のふれあいをさせること。友達をつくること」などと主張。

これには、ネットで「保育園に行かなくても同世代の子と触れ合うことなんてできる」「本当に困っている人の子供が待機させられる」「保育園は子供にお友達作らせに行く場所じゃないよ」などと批判の声が・・・・

okamoto_2
画像はhttps://matome.naver.jp/odai/2134979054039584001より



番組でのおかもとまりさんの主張は・・・・・・

2年連続で保育園に落ちて、相当ショックだった

・1年目は、申込書の職業欄に「芸能活動」だけを書いた。それが不定期の職業だとみなされて落ちたと考え、2年目は自分で起業して毎日している仕事も併記したが、それでも落ちたという

・起業した仕事はメディア系。こそこそやっているという。共働き

・子供を仕事場につれていくこともあるが、他社との打ち合わせなどでできないときは、「ばあば」や作曲家の夫に預けざるをえない


・区からの子守りの補助もあるが、まったく知らない人を家にあげるのは不安だ

・保育園に入れたい一番の理由は、仕事もあるが、子供同士のふれあいをさせたい、子供と同じ空間にいて、友達を作ったり遊ばせたりしたいことだと強調した

(なおこの要約は筆者の記憶に基づくものであり、ほぼ合っていると思いますが、不正確な場合があります。引用する場合は必ずこの記事にリンクして情報源だとわかるようにお願いします)


おかもとまりさんは静岡県出身。昭和女子短大卒。地方タレントとして活動した後に、2008年から太田プロへ。モノマネでブレイクした。もう中学生との交際を報じられた。

夫は、9歳年上の作曲家で音楽プロデューサーのnaoさん(本名:菅原直洋)で、2015年に結婚。デキ婚だった。



okamotomari_35


ネットでは、そんなおかもとまりさんの主張が話題になっているのですが、


「起業して?何で金待っている奴が保育園?そりゃ落ちるやろ!」

「保育園に行かなくても同世代の子と触れ合うことなんてできると思うんだけど」

「あなたみたいな職業の人の子供を保育園に入れたら、本当に困っている人の子供が待機させられるという事ですよ」

「幼児教育やリトミックやらに通えばいい。児童館に毎日連れて行けば良いと思う」

「子供同士遊ばせたいなら 子育てひろばとか支援センター行ったり、育児サークル入ったり立ち上げたりすればいいじゃん。保育園は子供にお友達作らせに行く場所じゃないよ?」


などという批判の声があがっています。一方で、おかもとさんを支持する声もありますが・・・・・ネットの声を聞いてみましょう。



























人選の問題か・・・・・