子役の世界もブラックなのか・・・・・・


3月2日発売の週刊文春が、芸能界の労働スキャンダルを報じます。

報じられるのは、元NHK職員で「しあわせのパン」「繕い裁つ人」などの映画で監督を務めた三島有紀子さん(47)が、子役の稲垣来泉(くるみ)さん(6)に対して17時間、深夜を挟んで朝5時まで労働させた疑惑。稲垣さんは過酷な撮影に泣いてしまったという。


稲垣来泉さんは、NHK教育の「Let's天才てれびくん」にもてれび戦士として出演する子役。連続テレビ小説「とと姉ちゃん」では、主人公の小橋常子の妹の小橋鞠子の娘「水田たまき」の幼少期を演じています。姉も子役の稲垣芽生さん(9)。

天才子役といわれる6歳の女の子を、17時間に及ぶ撮影の中で、朝5時までダメ出ししたという三島有紀子監督。ネットではこの報道に批判の声が殺到しています。

また、この違法労働は、WOWOWで放送されるドラマ「東京すみっこごはん」の撮影で行われたという疑惑であり、このドラマがお蔵入りになるのではないかという心配の声もあります。

inagaki_7
画像は稲垣さん姉妹の公式ブログ http://ameblo.jp/meikuuu/ より

inagaki_8
画像は三島有紀子さんの公式ブログ http://yukikofilm.exblog.jp/ より



週刊文春の報道によれば、5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、


この日、稲垣は昼12時入り。撮影は朝5時まで17時間続けられた

監督の三島有紀子氏(47)は稲垣の演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出しを繰り返し、数十回にわたる撮り直しを強行。

プロデューサーの森井輝氏(43)も現場にいながら撮影を中断しなかった。

稲垣は同行していた母親に抱き付き、肩を震わせて泣き始めた



とのこと。
http://bunshun.jp/articles/-/1567

本当だとすれば、三島さんや森井輝プロデューサーが異常なのか、業界ではこれが当たり前なのか・・・・・


三島有紀子さんは大阪出身の映画監督。脚本を担当することもある。神戸女学院大卒。

1992年にNHKに入局。ドキュメンタリー分野で監督をてがける。退社後に映画監督に転身。

原田知世さん、大泉洋さん主演の「しあわせのパン」、中谷美紀さん主演の「繕い裁つ人」などで監督。2015年にWOWOWのドラマもてがけた。


森井輝さんは映画プロデューサー。旧日本映画学校(日本映画大学)卒。是枝裕和の「幻の光」で助監督。北野武監督の「キッズ・リターン」で進行助手。2011年の「味いちもんめ」スペシャルや2012年の「ダブルフェイス」でプロデューサー。

稲垣来泉さんは子役。「Let's天才てれびくん」のてれび戦士。連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主人公の小橋常子の妹の小橋鞠子の娘「水田たまき」の幼少期。カルピス、大東建託、花王、パナソニック、公文式など一流企業のCM出演も。


「東京すみっこごはん」は5月にWOWOWで放送される黒島結菜さん(19)主演のドラマ。原作は成田名璃子さんの同名の小説。

三島有紀子監督は同ドラマへのメッセージで

すみっこごはんに集まる人たちは、それぞれにいろんな事情を抱えていて、全員が〝尊厳〟を傷つけられて生きています。
だからでしょうか?
お互いの個人の尊厳を守ります。
きちんと相手を尊重して関わる、そんな関係をしっかりと描きたいと思いました。

などと話していますが・・・・・子役の尊厳は守られたか・・・・・?
http://www.wowow.co.jp/dramaw/sumikko/



ネットでは、そんな「東京すみっこごはん」撮影現場での違法労働疑惑が話題に。

三島監督への批判や、同ドラマのお蔵入りの心配の声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。



















監督、プロデューサーからの釈明はあるか・・・・・