6万6000円で4年半・・・・・大変だった・・・・・


中国放送の元アナウンサー、煙石博さん(70)の置き引き事件で、最高裁第は煙石さんに無罪の判決を言い渡しました。一審、二審は有罪だったので、逆転無罪です。


証拠は防犯カメラの映像だったのですが、被害者とされる女性と親、検察は「銀行の記帳台に置かれた封筒に、現金が入っており、それを煙石さんが抜き取った。防犯カメラの映像から、煙石さんだけが犯行可能。証言も信用できる」などと主張。

しかしそもそもこの封筒の中に元々現金が入っていたかどうかの証拠がない。映像がはっきりしない。置き引きするなら封筒ごと取ればよいものをなぜ中身だけを抜き取ったのか。封筒には煙石さんの指紋が残るはずだが、なかった。などの状況により、冤罪の可能性が高まっていました。


ネットでは、この無罪判決に「ほんとよかった」「広島で知らない人はいないと言ってもいいくらいの煙石さんが、そんなことをするわけないじゃん」「久々に声を聴きたい」などという声があがっています。


画像は下記動画より
enseki_44


冤罪を訴える煙石博さん。





報道によれば


窃盗罪に問われた中国放送(広島市)の元アナウンサー煙石博被告(70)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は10日、有罪とした一、二審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した

煙石さんは逮捕後、一貫して無罪を主張。裁判では犯人とする直接的な証拠がない中で、現金を盗んだかや、封筒に現金が入っていたかが争点となった。



とのこと。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031000947&g=soc

地裁は懲役1年、執行猶予3年を言い渡し、高裁は控訴を棄却していました。


煙石博さんは広島のローカル局、中国放送(RCC)の元アナウンサー。広島商科大学短期大学部卒。

同局の番組「なんでもジョッキー」の司会を18年間務め、広島では世代により知らない人はいないと言われるほど。2007年に退職後も、地元のイベント等に出演。

しかし2012年10月に事件に巻き込まれ、逮捕された。2013年に一審で懲役1年、執行猶予3年。2014年に高裁が控訴棄却。支援団体もあり、報道では冤罪の可能性が指摘されていた。



ネットでは、そんな煙石さんへの無罪判決が話題に。


「なんでもジョッキー聴いてた元リスナーとしてずっと気になっていました。煙石さんよかったです」

「広島で知らない人はいないと言ってもいいくらいの煙石さんが、そんなことをするわけないじゃん」

「全国的には全然知られてない事件だろうけど、広島では有名なアナウンサーだったから心配してた。ほんとよかった!」

「久々に声を聴きたいな」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。




































失った時間は取り戻せないが・・・・・・