実写化ではいつも起こる問題・・・・しかし期待の声も大きいようで・・・・・


奥浩哉さんの漫画「いぬやしき」の実写映画版の主演を、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さん(55)が演じることがわかりました。

主人公の犬屋敷壱郎(いぬやしき いちろう)役です。原作では犬屋敷の設定年齢は58歳。しかし実際は年齢より老けてみられるという設定。

木梨さんといえば、50代になったとはいえエネルギッシュに若々しく活躍しているイメージ。そんな彼が犬屋敷を演じることについて、ネットでは賛否両論の声があるようで・・・・
kinasi_14
画像は下記記事より



報道によれば、木梨さんは


オファーを受けた当初、タイトルを聞いただけでは作品の内容がわからなかったという木梨だが、「『パパ、“いぬやしき”やるの?やったほうがいいよ!』という原作ファンの僕の子どもたちからの後押しもあり、『やります!』と意気込んでやらせていただくことになりました」と出演を決意

「撮影の前に海外で全身をスキャニングしたり、CGのシーンでは頭、腕、身体全部に番号のシールを貼った状態で演じたりと、初めての体験ばかりでした」



とのこと。
http://news.livedoor.com/article/detail/12808873/

なお、獅子神皓役は佐藤健さん。意外にも悪役は初めてだとか。

kinasi_15


監督は佐藤信介さん。GANTZシリーズ、図書館戦争シリーズ、アイアムアヒーロー、デスノート Light up the NEW worldなど。

「いぬやしき」は2014年からイブニングに連載中の漫画。今年10月からはフジテレビでアニメ版が放送予定でもあります。





ネットでは、実写映画「いぬやしき」の主演、木梨憲武さんについて、


「予想外の配役に早くも期待大!!」

「いいとこ持ってきたなぁ」


「俳優さんがよかったなー。小日向さんとか温水さんとか」

「もっとよぼよぼのおじいちゃんがいいな…」

「ぜんぜん雰囲気違う」

「今の木梨で客来るのかね」


などという賛否両論の声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。




































どうしてもコントになりそう・・・・・