雨で試合が中断され解説陣もやることがなくて、始球式を解説することに・・・・・・


4月8日のプロ野球、巨人-阪神の試合で、「神スイング」をすることでも知られるグラビアアイドル・タレントの稲村亜美さん(21)が始球式を行いました。

始球式では、女子としては異例の103キロのボールを投げ、しかもノーバンでストライク。これは、2016年4月に記録したのと同じ球速で、自身最速タイ記録。


この試合、結局、降雨によりノーゲームになったのですが、試合を放送したTBSの解説陣は雨天で試合再開か中止かの判断を待つ間、暇だったので稲村さんの投球を解説することに・・・・・


槙原寛己さん(元巨人の投手)、藪恵壹さん(元阪神などの投手)、鈴木尚広さん(元巨人、走塁のスペシャリスト)の3人が始球式の投球解説という異例の解説をしていました・・・・・


動画




この日の試合は・・・・・

・3回表に雨が強く降り出して、中断された

・その後、TBSでは試合のハイライトなどを放送して時間を繋いでいたが、それもそろそろネタ切れになってた。そこでVTRで稲村さんの始球式の様子が放送された。

・実況は「これは、稲村投手の・・・・といいますか、稲村さんの始球式なんですが、改めていいボールでしたね」と発言。

・解説の槙原寛己さん(元巨人の投手)は「本当にね。一度、バラエティ番組でご一緒したんですけどね。コントロールが良かったんですよ。たぶん、スピードも僕らはもう負けますね」と解説

・さらに実況は「この投球フォームはどうですか?」と解説を求めた。

・槙原さんは「非常に足もしっかり上げて、いいんですけど。普通できないのが、この腕の高さなんですよ」と発言。VTRではちょうど稲村さんが高い位置から投げる場面だった

inamura_11

・槙原さんは続けて「投げ下ろしてくるんですけど、非常に肘を上手く使って投げてくる。だから角度のある球を投げてくる。彼女の身長(173cm)もあるんですけど。女性としたら本当に、いいですよね、藪さん」と藪さんにふった

・藪恵壹さん(元阪神などの投手)は「いやーそうですね。私も目の前で見たことありますけど。これ8球団目ですか。12球団制覇するという。いやー名物になりますよね

・鈴木尚広さん(元巨人、走塁のスペシャリスト)は「(神スイングといわれる)スイングも見ましたけど、本当に非常にきれいなスイングしているんですよね」

・槙原さんは「神走塁させてね。鈴木さん教えてね。走らせてもいいんじゃないかな。たぶん走れるじゃないかな」

・女子野球界のトリプルスリーを目指せる才能だとか・・・・

(なおこの要約は筆者の記憶に基づくものであり、ほぼ合っていると思いますが、不正確な場合があります。引用する場合は必ずこの記事にリンクして情報源だとわかるようにお願いします)





報道によると、稲村さん自身はこの投球を80点と自己採点したとか・・・・・



稲村亜美さんは東京都出身。国士舘大学21世紀アジア学部。2015年のトヨタ自動車のCMで見せてバットスイングが「神スイング」と呼ばれた。その後は野球やスポーツ関係の番組に多数出演。

小中学校9年間、野球をやっていたそうで、中学時代はシニアリーグに籍を置いていたとか。当時のポジションはピッチャー及びファースト。


ネットでも、そんな彼女の始球式が話題になっています。







































まだまだ伸びそう・・・・・