大反発を食らっているようで・・・・・・


地方創生・規制改革の担当相である山本幸三大臣(68)が、「一番のがんは学芸員という人たち。一掃しないといけない」などと発言し物議を醸しています。

発言は地方創生のセミナーで行われ、文化財を活かしたインバウンド(外国からの旅行者に対する)観光の振興について述べた場面。

そこで「学芸員は自分たちがわかっていればいい、わからなければ(観光客は)来なくてもいいよというのが顕著」などと述べたとのこと。

観光立国を目指す日本としては、学芸員に意識を変えてもらいたいということで発言したようですが・・・・・・。

なお学芸員とは、各種の博物館(美術館、動物園、科学館等)に置かれる専門的な知識を持つ職員のことで、日本では国家資格となっています(博物館法)。その任務は、調査研究から管理保存、そして収集や展示と多岐にわたります。山本大臣は展示の部分をとって学芸員批判をしたと思われますが・・・・・・

yamamoto_12



読売新聞の報道によれば、山本大臣は地方創生のセミナーにおいて


「文化観光を進めなければならないが、一番のがんは学芸員という人たち。一掃しないといけない」

「文化財に指定されると、部屋で水や火が使えず、お花もお茶もできない。バカげたことが行われている」

「学芸員は自分たちがわかっていればいい、わからなければ(観光客は)来なくてもいいよというのが顕著」



http://news.livedoor.com/article/detail/12944237/
などと発言。また、朝日新聞の報道では、


「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」

外国の有名博物館が改装した際のことを引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして、大成功した」



http://news.livedoor.com/article/detail/12944128/
という発言もあったのとのこと。

また、この件に関する取材に対しては、

「(地方創生の)アイデアを出しても、学芸員は『文化財が大変なことになる』と全部反対する。観光立国を目指すのにマインドを変えてもらわないといけない、との趣旨だった」

と述べたとのこと。


山本幸三地方創生相は、福岡県出身。東大経済学部卒。大蔵省、ハーバード大研究員、宮沢喜一蔵相秘書、九州国際大講師などを経て、1990年、自民党公認で衆院選に出馬し落選。

1993年に新生党の結党メンバーとなり、衆院選で当選。以後、新進党、無所属を経て自民党へ。

昨年8月から現職。初入閣だった。現在68歳。衆院福岡10区。当選7回。

公式サイトでは、政策として「デフレと超円高からの脱却」「思い切った公共投資」「中小企業対策」「教育の充実」「年金医療介護の充実」「企業誘致」「食の安全確保」などをあげています。



学芸員は、日本では文科省所管の国家資格(博物館法)。美術、歴史、自然史・地学、科学、水族館・生物など多岐にわたる分野がある。

各種の博物館(美術館、動物園、科学館等)に置かれる専門的な知識を持つ職員で、任務は、調査研究から管理保存、収集や展示など。



ネットでは、そんな山本大臣の発言が物議を醸しており、


「学芸員っていうものを全く理解していない発言」

「学芸員が観光前面推ししたら、守らなきゃいけない文化財がボロボロに劣化する」

「学芸員は観光案内では無い。美術館博物館を何だと思っているのだろう」

「決して観光ガイドとは違うからな」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。
















































外国で、学芸員を全部クビにした事例ってどこなんだろう・・・・・・