指摘を受け、記事の一部を削除、修正致しました。関係者にご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。


父の遺伝子を継いでいる・・・・・


経済産業省の中川俊直政務官(46歳、自民党、衆院議員、広島4区)が、政務官を辞任すると報道されています。

原因は、今年3月に写真週刊誌FRIDAYの報道や、今後、週刊新潮で報道されるという不倫報道とみられます。

ただしフライデーで不倫相手だと書かれた衆院議員の前川恵さんは、公式サイトで「事実ではありません」と否定しています。

また、週刊新潮で報道されるのは、まったく別の女性とのスキャンダルだとのことです。



今週発売の週刊新潮がスキャンダルを予告。




「重婚ウエディング」「警察にストーカー登録」とは何か・・・・・



実は、中川俊直さんの父親で、官房長官、自民党幹事長などを歴任した大物議員だった中川秀直さん(73)にも女性問題がありました。2000年のことでした。週刊誌によるただの不倫スキャンダルだけではなく、捜査秘密を愛人に漏らすといった派手な事件で国会でも取り上げられ、当時、官房長官の職にあったのですが、騒動の責任をとって辞任しています。


親子揃って、女性問題で政府の職を辞任へ・・・・


中川俊直さん
nakagawa_25

父親の中川秀直さん
nakagawa_26


画像は 公式サイト、公式ブログより


報道によれば、


政権幹部によると、中川氏から「一身上の都合」を理由に世耕弘成経産相に辞任の申し出があった

(政府は)後任に大串正樹衆院議員(51)=同、兵庫6区=を充てたと発表した



とのこと。
http://www.asahi.com/articles/ASK4L5WFBK4LULFA039.html

これは明らかに女性スキャンダルの影響・・・・・。週刊新潮で一体どんな爆弾が落とされるのか・・・・・
中川俊直さんは広島県出身。日大文理学部卒。テレビ東京(スポーツ局、報道局)、父親の秘書を経て、父親の引退後に同じ選挙区から出馬し当選(2012年衆院選)。当選2回。

妻は高校時代の陸上部マネージャー。子供は3人。

nakagawa_25



父親の中川秀直さんは東京都出身。慶大法学部卒。日経記者を経て、義父の中川俊思さんの選挙区から衆院選に出馬し当選。科技庁長官、内閣官房長官、自民党の幹事長・政調会長など要職を歴任。2016年に旭日大綬章を受章。

その一方で、2000年に愛人へ情報漏えい事件が国会でとりあげられるなどの騒動もあった。

nakagawa_26






ネットでは、そんなスキャンダルが話題になっており、


「オヤジも女性問題あったよなぁ? 血は争えんゆーコトかい」

「親から地盤を引き継いて、親と同じようなスキャンダル」

「政務官やってる間くらい、女遊びを我慢できないもんかね?」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。
































これ絶対ワイドショーで親子ネタでいじられるな・・・・・・