妻は癌で闘病中だというのに、想像の上をいくスキャンダルだった・・・・・・親子揃って・・・・・


高校時代に所属していた陸上部のマネージャーだったという妻(現在、癌で闘病中)と3人の子供がありながら、不倫をしていたと認め、経済産業省の政務官を辞任した中川俊直さん(46歳、自民党、衆院議員、広島4区)が何をやらかしたのかが、明らかになってきました。

辞任のきっかけは4月20日に発売される週刊新潮の記事。19日に放送された日本テレビの番組「ミヤネ屋」はこの「新潮砲」の内容を「先出し」として報じましたが、これを見た視聴者からは「最低すぎる」「議員である以前に人としてサイテー」「絵音よりゲスいな。ゴミだな」との声が。

また自民党関係者は、報道が事実であれば国会議員の辞職も不可避との見方だそうです・・・・・


週刊新潮の予告



中川俊直さん
nakagawa_25


なお父親の中川秀直さんも女性スキャンダルで官房長官を辞任した経歴を持つ
nakagawa_26
画像は公式サイト、ブログより



番組によれば・・・・・・

・20日発売の週刊新潮が、中川前政務官の女性スキャンダルを報じる。フライデーで報じられた前川恵衆院議員とはまったく別の女性との不倫、重婚挙式報道である(なお、中川議員、前川議員ともにフライデーの記事は否定している)

・新潮で報じられる不倫相手とはハワイで挙式し、記念撮影までしてしまった。相手の女性は、中川さんに奥さんがいることは知っていたという

・しかし、二人は関係がこじれて別れ話になってしまった

・すると中川議員は女性の自宅に押しかけて(中川議員は別れたくなかったようだ)、居座り続けた

・女性は警察に通報。中川議員は警察に連行され、ストーカー登録もされてしまった

なお自民党の関係者は、「報道が事実であれば、国会議員としてももうダメだろう」と話しており、議員辞職は避けられない見通しだとのこと。


中川議員はFacebookで

家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません

今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります

などと述べていますが・・・・・・・


中川俊直さんは広島県出身。日大文理学部卒。テレビ東京(スポーツ局、報道局)、父親の秘書を経て、父親の引退後に同じ選挙区から出馬し当選(2012年衆院選)。当選2回。

妻は高校時代の陸上部マネージャー。現在は癌で闘病中だという。子供は3人。

nakagawa_25


父親の中川秀直さんは東京都出身。慶大法学部卒。日経記者を経て、義父の中川俊思さんの選挙区から衆院選に出馬し当選。科技庁長官、内閣官房長官、自民党の幹事長・政調会長など要職を歴任した大物。2016年に旭日大綬章を受章。

その一方で、2000年に愛人へ情報漏えい事件が国会でとりあげられるなどの騒動もあった。週刊誌によるただの不倫スキャンダルだけではなく、捜査秘密を愛人に漏らすといった派手な事件。当時、官房長官の職にあったのですが、騒動の責任をとって辞任しています。
nakagawa_26




ネットの声を聞いてみましょう。




























奥さん気の毒過ぎる・・・・・高校の同窓会行けないな・・・・・