広島カープのファンから怒りの声が・・・・・・


4月19日に行われたプロ野球、広島ーDeNA(マツダスタジアム。0-4で広島は敗戦)で、一塁塁審だった山路哲生さん(38)二度の誤審があったとして物議を醸しています。


微妙な判定があったのは、6回と7回の広島の攻撃の時。特に、7回のときは2死一、二塁というチャンスでしたが、内野ゴロでの微妙な判定で打者がアウトに。2回目とあって、広島の緒方孝市監督が猛抗議。その結果、緒方監督は暴言を吐いたとして退場になってしまいました。

試合後、山路審判員は判定について「ジャッジしたとおり」などと述べましたが・・・・・。ネットでは怒りの声が収まっていないようです。

6回
yamaji_69
yamaji_68


7回
yamaji_67
画像は https://twitter.com/poem_0408/status/854687602300993536より

動画




日刊スポーツの報道によれば


試合後、一塁審判だった山路審判員が取材に応じた。退場理由には「緒方監督から抗議を超える暴言があったため」と説明。判定については「ジャッジした通りです」と答えた。

クルーチーフの真鍋審判員は「ジャッジしたということ。やりきったということです」ときっぱり言った

とのこと。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1810346.html

「やりきったということ」とは・・・・・?やりきっちゃったか・・・・・
山路哲生さんは広島県瀬戸内高、九州国際大、大和工商リース、ジム・エバンス審判学校を経て2004年からパ・リーグの審判に。これまで800試合近くに出場。オールスターゲームや開幕戦の球審も務めたことがある。

数年前、セ・リーグとパ・リーグの審判が統合されたが、関係者によるとパ・リーグ出身の審判のレベルは低いという指摘もある。山路審判員は以前も問題を指摘されていた


ネットでは、そんな彼に対する批判の声が殺到しています。ネットの声を聞いてみましょう。











































明日は球審だという・・・・・大丈夫かな・・・・・・?