価値観の違いが出る発言・・・・・・


5月14日に放送されたフジテレビの番組「ワイドナショー」に、タレントのデヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさん(77)が出演。

男性同士または女性同士が結婚する「同性婚」について番組でとりあげられたのですが、そこでデヴィ夫人が「(同性婚の制度を作ることには)絶対反対」「同性婚は自然の摂理に反する」「結婚は子孫を残すためにある」などと発言。

これらの発言に、視聴者からは「典型的老害」「自分の思想を押し付ける差別的発言」「子供作らない夫婦だっている」「くっそ嫌いになった」などと批判の声が殺到。炎上状態となっています。


devi


・この日の番組にはグラビアアイドル一ノ瀬文香さん(36)が出演。一ノ瀬さんはダンサーの杉森茜さん(30)との同性婚解消を発表したばかり。

douseikon_55



・番組では、同性婚に関する憲法上の問題や、事実上の同性婚に近い「パートナーシップ制度」を渋谷区などが採用していることが説明された

・その話の中で、デヴィ夫人は「私は、同性愛婚は絶対反対なんです。男性と男性、女性と女性が愛し合うのは認めますよ。それはしょうがない。でも、(同性同士の)結婚というのは自然に反すると思うんですよ。お花に雄しべと雌しべがあるように、動物にオスとメスがあるように、人間にも男と女があって、結婚というのは子孫を残すことですから、それに反しますよ。カトリック教徒の教えですけど」などと発言した

・堀潤さんは、ローマ法王が「カトリック教会は同性愛者に不快な思いをさせてきたことを謝罪すべきだ」と発言したということを紹介したが、デヴィ夫人は「でも(法王も)結婚は認めていない」と反論

・堀潤さんは、異性カップルでも行き場がなくて施設に預けられたり里親がなくて困っている事例がある。同性カップルでも、安定した家庭があれば里子を受け入れてもよいのではないかと、意見を述べていた

・長嶋一茂さんは「この問題、俺、まったくわからない」と述べた

・デヴィ夫人はさらに「インドネシアやニューヨークの男性同士のカップルを知っている。彼らは裕福で養子をたくさん迎えている。でも結婚というのはしなくてもいい。絶対反対。そんなことしたら自然の摂理、メチャクチャになる」と反論

・一ノ瀬さんが「結婚は、(必ずしも)子供をもうけるためじゃないですよね」と発言したが、デヴィ夫人は「いいえ、子孫を残すためです」と反論した


・その後の議論でも「私は絶対反対」と繰り返し発言していた

(なおこの要約は筆者の記憶に基づくものであり、ほぼ合っていると思いますが、不正確な場合があります。引用する場合は必ずこの記事にリンクして情報源だとわかるようにお願いします)




デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno)さんは日本生まれ、インドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領の第三夫人。

これまでも発言は物議を醸して行きた。


2012年7月10日、大津市中2いじめ自殺事件に関連して、加害者及びその関係者と思わしき人物らの実名や顔写真とともに女性の写真を公開した上で自身のブログで強く批判した。しかし後に人違いと判明

2014年1月、TBSのバラエティー番組の収録中に一般の女性出演者を平手打ちしたとしてトラブルとなった。この女性は事前に番組スタッフから番組を盛り上げるように言われたためデヴィを挑発したところ、デヴィに顔を3回平手打ちされたという

選挙期間中に、自身のメールマガジンで、登録者に向けて「『田母神 俊雄』と書いて、必ず投票所に行ってください」と投票を呼びかけたため、警視庁から公職選挙法違反の疑いで警告を受けた
(出典:Wikipedia)


ネットでは、そんな彼女の発言に批判の声が殺到。


「結婚は子孫を残す為ってそんなん人それぞれの自由やん、デヴィ夫人は自分の思想押し付けすぎ、それこそ差別的発言」

「典型的老害みたいな思考」

「子供作らない夫婦だっているでしょ」

「デヴィ夫人好きでも嫌いでもなかったけど今やってる同性婚の見てくっっそ嫌いになったわ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。














































議論の契機になるか・・・・・・?