天才演歌歌手、こんなことになってたのか・・・・・・


10月8日に放送されたテレビ朝日の番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」に、歌手のさくらまやさん(19)が出演したのですが、番組の審査員に対する受け答えが「うざすぎる」「イライラする」として批判の声があがっています。


さくらまやさんといえば、かつて史上最年少10歳で演歌歌手としてデビュー。平成の美空ひばりともてはやされ、多くのメディアに出演した彼女ですが、現在は19歳

3年前から曲をリリースせず、歌手としての方向性を模索中なんだとか・・・・・。


そんな彼女、審査員である声楽家・菅井秀憲さんの質問や指摘に対して、上から目線ともとれるように「なるほど」と返答。


さらに審査の感想を聞かれると「私が想像していた感じでしたね。あ、こんな感じなんだろうなっていう意見でしたし」などと発言して・・・・・


sakura_5
画像は https://twitter.com/npipi24/status/917014999062556677より





番組によれば・・・・・・

・3年間も曲をリリースしていないさくらまやさん。歌手としての岐路に立ち、方向性を模索中。今回は「演歌歌手じゃない、他の曲も歌える私を知ってもらえるチャンス」と意気込んでいた

・ロックナンバーである「GLAMOROUS SKY(NANA starring MIKA NAKASHIMA)」を歌った


・歌の正確性を測るというロボットは、99.078点という高評価を出した


・しかし、審査員たちからは辛口の評価を受けてしまう

・審査員の声楽家・菅井秀憲さんは「ちょっとお聞きしたい。この曲で、あなたは何が言いたいんですかね?GLAMOROUS SKYってどういうことですか?」と質問。

・その質問に対して、さくらまやさんは「うーん。なるほど」と返事


・菅井さんはイライラした様子で「(GLAMOROUS SKYはどういうことなのかを)聞いてるの」と回答を求めた

・さくらまやさんは「私がこの曲を歌ってる時に想像しているのは、すごいたくさんのお客さんの前で、私が初めて歌ったときを思い出しています」などと、回答になっていない返事


・菅井さんはさらにイライラ様子で「ううん、内容を聞いてるの。だって、GLAMOROUS SKYの意味わかるじゃん」とさらに質問

・さくらまやさんは「はい。広い世界、あ、空」と返事。GLAMOROUSの意味は、直訳すれば「魅力的な」ということであり、決して「広い」という意味ではない

・菅井さんは「歌詞の内容ってわかってる?」と質問。さくらまやさんは「うーん。あんまりわかってないです」と返事。菅井さんは「だから人のマネしているようにしか聞こえない」と切り捨てた


・菅井さんは「下手じゃないかもしれないけど、僕には何も感じない」と評価した。さくらまやさんは再び「なるほど」と返事した


・審査員で音楽プロデューサーの田中隼人さんは「正直、この歌い方をするなら純粋に演歌を聞きたかった。作られた感じ。ただただ、演歌の人がポップス歌いましたって感じ」と酷評した

・さくらまやさんはここでも「なるほど」と返事していた


・審査員の点数は合計70点と、伸びなかった。

・さくらまやさんは感想を聞かれ、「いや、でも私が想像していた感じでしたね。あ、こんな感じなんだろうなっていう意見でしたし。やっぱり自分としてももうちょっと努力していかないとなって思います」と話していた



さくらまやさんは北海道出身。

2008年、10歳で史上最年少演歌歌手としてデビュー。ポルトガル出身の歌手・ミゲルとのユニットで「消臭力」のCMでも活躍。

テレビ朝日の「関ジャニの仕分け∞」のカラオケコーナーに出演し圧倒的な強さを誇った。

高等学校卒業程度認定試験に合格し、今年春に日本大学法学部に進学した。



ネットでは、そんな彼女に対して、


「受け答えイラってしたし、なるほどってwwwwwwプライド高いのかな」

「審査してもらう立場で、上から目線だし、なにより目上の人に対して失礼なのでは?」

「性格悪そうな部分が露呈してたな」


などという批判の声があがっています。一部、擁護の声もありましたが・・・・・・ネットの声を聞いてみましょう。

































カラオケは上手いんだけどな・・・・・