あれ、「あおりハンドル」っていうのか・・・・珍走団みたいにもっとダサい名前つければいいのに・・・・・



ヤフー・ニュースで配信された自動車の危険な運転に関する記事に、「あおりハンドル」のことが記載されて話題になっています。

「あおりハンドル」とは、自動車で左折する際に、いったん右にハンドルを切って膨らんで、それから左折する行為を意味する(下図参照)。

記事によると、この「あおりハンドル」をやる理由を調査した結果、「かっこいいから」や「左折時のテクニック」と認識しているという人が多いとのこと。



しかしネットではそんな危険な運転方法が物議を醸しており「むしろダサいぞ」「本当に運転上手い人たちからは下手くその証って思われてるのにwww」「お前町中でラリーでもやってんのかよって思う」「大型じゃないのに馬鹿なの?」などという声があがっています。

aori_63
画像はhttps://matome.naver.jp/odai/2144877787069532401 より



記事によれば

あおりハンドルは一旦右にハンドルを切った後、左にハンドルを切るためウインカーと両立させにくい。そうなると左折時にウインカーを付けずに曲がるということになる。結果、斜め後方を走る自転車やバイクにとっては非常に危険な状況になってしまう。右に行ったと思ったクルマがウインカー無しで左折するのだから非常に怖い

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00010001-autoconen-bus_all
とのこと。


内輪差(一般に、前のタイヤより後ろのタイヤのほうがカーブの内側(歩道側)を通る。大型車ほどその差が大きい)を考慮しなければいけない大型車や、細い道はともかくとして、普通の道路で一般的な車がやると危険だということは誰でもわかりそうなものだが・・・・
ネットの声を聞いてみましょう。






















































やってる人は格好いいと思ってるかもしれないけど、やっぱダサい・・・・・