かなり長期離脱になったけど、元気そう・・・・・・


12月11日に放送されたフジテレビの番組「めざましテレビ」に、司会の三宅正治アナ(55)が復帰しました。


三宅アナは11月16日の放送から、急性胆管炎により、しばらく番組を欠席すると報告されていました。

1ヶ月弱の期間を経て、復帰・・・・。長期欠席を報告した時は、「きっとスリムになって帰ってきます お楽しみにぃ!」とのことでしたが、それほど痩せず・・・・・


ネットではそんな彼の復帰に安堵の声があがっています。


復帰後の三宅アナ
miyake_1
画像はhttps://twitter.com/satitt6/status/939969045767397376より

欠席報告
miyake_5



番組によれば・・・・・・

・番組冒頭、三宅アナは「おはようございます。12月11日、月曜日のめざましテレビです。帰ってまいりましたー!!」と右手を大きく上げて復帰をアピールした

・三宅アナは、「まさかの、55歳の誕生日に体調を崩して即入院というね。あれから一月近くお休みをいただきましたけども、おかげさまで今日、復帰ということになりました。ちょっと、(あごのラインが)すっきりしました」などと説明


・しかし他の出演者らからは「あんまりわからないですよ」「全然変わってない」などとツッコミが相次いだ

・三宅アナによると2、3キロ痩せたとのこと。

・永島優美アナは「変わらなくてよかったです」と安心した様子だった。軽部アナ「血色もいいね」と話した

・三宅アナは「みなさん、ツイッターなどで応援のコメントたくさんいただきました。ありがとうございました。今日からまたがんばってお送りしてまいります。よろしくおねがいします」と意気込んだ




三宅正治アナは広島県出身。早大卒。1985年フジテレビ入社。アナウンス室専任部長。

スポーツ実況などで活躍した後、2012年に大塚範一さんの後任として「めざましテレビ」の司会になった(2代目)。

今年3月にも体調不良を理由に番組を欠席していた。


急性胆管炎は細菌によって引き起こされるのが多く、原因としては結石や腫瘍、寄生虫などがあるとされる。最近では出川哲朗さんが同じ病気で1週間入院した。




ネットでは、そんな彼の復帰に


「お元気そうで良かったぁ」

「めっちゃ心配してました。おかえりなさい」

「逆に肌つや良くなった感じ」


などという声があがっています。ネットの声を聞いてみましょう。








































大きな病気じゃなさそうで良かった・・・・・