これは物議を醸しそう・・・・・


1月3日に放送されたTBSの番組「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」に、水泳・バルセロナオリンピック金メダリストである岩崎恭子さん(39)の姉、岩崎敬子さん(41)が出演。


岩崎敬子さんも、当時は国内では有名な水泳選手であり、五輪代表候補だったのとこと。しかし五輪代表争いで妹に敗れ、妹がオリンピックで金メダルを獲った後、敬子さんはわずか17歳で突然引退しています。

妹の恭子さんは、姉の引退が自分のせい(自分との争いに敗れ、夢が破れたため)ではないかと思ったり「こんなことなら金メダルを獲らないほうがよかった」とまで思ったそうですが・・・・・



番組では、この突然の引退の「本当の理由」について敬子さん本人にインタビュー。


番組内ではその理由について「妹の金メダル獲得による、環境の変化。岩崎恭子の姉としか見られなくなったから」などとまとめられいたのですが、よく観るとマスコミの加熱報道によることも大きくて・・・・・


ネットでは「環境の変化でまとめてるけど…マスコミのせいでしょ。無神経すぎる」「敬子さんを傷つけ、引退に追い込んだのは自分たちです!ってことを堂々と放送してるんだからな、お前らは」「マスコミが潰したの棚に上げて良い話みたいにしてて笑った」などという、番組への批判の声があがっています。

iwasaki_85
画像は https://twitter.com/singbe/status/948498488714604544より


番組によれば・・・・・・

・岩崎敬子さんは現在、静岡県沼津市にいて、地元の会社で会社員をしながら、静岡県の水泳連盟に所属して普及活動もしているとのこと。


・当時、五輪代表争いで敗れた妹に対しては「がんばれ、って普通に思います(思っていた)。姉妹だから、周りの人が思うより、がんばれって思っていた」とのこと

・妹の金メダルの瞬間に無表情だったのは、「(悔しかったからではなく)ポカーンとして、何も考えられなかったから。(妹が驚異的に成長していて)実感がわかなかった」とのこと。


・妹が金メダルを獲った後に、自身が引退した理由については「糸が切れた」とのことだが、「純粋に、妹が五輪で一番をとったということだけじゃなくて、その後の周りの環境の変化とかが、私自身に与えた影響が大きかった」という

・岩崎恭子さんが金メダルを獲った後、フィーバーが巻き起こり、地元に戻ったときには5万人が殺到。マスコミ各社の取材も加熱した。その影響は本人だけではなく、両親や姉にも及んだ

・当時のマスコミは敬子さんにも「(妹の金メダルは)お姉ちゃまの力が大きかったのでは?」などと質問攻めに。敬子さんは「恭子の力が一番だから」などと気丈に答えていた


・敬子さんは「個人ではなくて、妹(恭子)の姉(と言われて)。私にも名前があるんですけど、名前がなくなった」「その環境にさらされて、嫌になった」「色々と糸が切れて、すり減って、繋げられなかった」と当時を振り返っていた



・番組ではそのインタビューの様子を、妹の恭子さんに見せていた。恭子さんは涙を流していた

・VTRの最後では「25年経って向き合えたもうひとつの本心。心から互いを大切に思う、姉妹の絆だった」などと美談でまとめられていた




ネットでは、そんな番組が話題になっているのですが・・・・ネットの声を聞いてみましょう。











































今も加熱報道は変わらないな・・・・・